FC2ブログ

I can fry その後

2010年03月13日 00:03

196 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/11(木) 23:40:20 ID:DayNg+E2
ここんとこ真田の話が多いついでに怪異シリーズ 「 I can fry その後 」

信州真田家で葬儀があったが、野辺送りの際、にわかに辺りが暗くなって雷光が走り、棺が宙に浮いた。
なおも上昇する棺に、栃原武助という侍があわてて飛びついて止めたが、棺の上に立つ男がいた。
「何者じゃ!?」
「武助か、わしじゃ、嘉兵衛じゃ!」
「おお、嘉兵衛か!われら両人がおれば、もはや怖いものは無いわ!」

そう、真田が誇るアイキャンフライ侍・赤沢嘉兵衛(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1280.html
が葬儀に参列しており、いち早く怪異に対応、棺の上にアイキャンフライして押さえ込んでいたのだ。

嘉兵衛が懸命に棺を踏みつけ、武助が必死に棺を引っ張っていると、やがて元のように晴天となり、
怪異は収まった。
逃げ散っていた葬儀の参列者もやがて戻って来て、野辺送りの再開を申し出たが、
「他人にも見られていただろうから、このまま埋葬すれば、「遺体を取られた」と噂されよう。
いったん戻って、あえて遺体を人々に見せ、改めて埋葬しよう。」
と言う嘉兵衛と武助の言葉に従った。

真田家中の岩崎家には、この時に嘉兵衛が妖怪「火車」を突いたとされる手槍が伝わっていたという。




204 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/12(金) 04:54:19 ID:GDORJT1i
>>196
fry(自)①いため[揚げ]られる ②≪略式≫猛烈に暑い;ひどく日焼けする ③≪俗≫電気椅子で処刑される
揚げ足とる気は無いんだけど③にびっくりしたのでつい

手槍はある(あった?)のに話の方には火車をぶっ刺すくだりは無いんだね、残念
戦国って火車に遭遇した話が割と多い気がするけど猫飼うのが流行ったとかあったんかな
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    火車と武田系列の家は相性悪いなw

  2. 人間七七四年 | URL | 3/VKSDZ2

    今さらだけど、"I can fry"だと天ぷら作るお!になってしまうぞ。飛ぶのはflyだ…。

  3. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    天ぷらワロタwww熊谷だと違うけどね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    fryとfly
    かきとかき
    はしとはし
    おこめとおめこ

    日本人は一緒ということで

  5. 人間六七四年 | URL | -

    >日本人は一緒ということで

    まてさいごはちがう

  6. 人間七七四年 | URL | 90LdKUd6

    火車って罪深い人の死体を持ち去るんだよね
    そんなものに襲われそうなほど悪く思われてた真田家の人って誰だろう

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3816-2ddd0ead
この記事へのトラックバック