FC2ブログ

小田氏治、謀臣・天羽源鉄斎の遺言をブッチして…

2010年03月15日 00:03

276 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:27:24 ID:KrG/XTc4
久しぶりにまとめ管理人氏…じゃねぇ、天庵様いってみるか

http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3198.htmlの三の通り、小田氏治は謀臣・天羽源鉄斎の
遺言をブッチして佐竹軍との野戦に臨んだ。当然、重臣の江戸山城守が必死に止めた。

「なりませんぞ、お屋形様!」
「なぜだ?佐竹の戦法なんぞ、さんざん戦って見切ったわ。恐れるに足りん!」
「敵は多勢、味方は無勢。それを平地で討とうなどと、源鉄斎殿の遺言を思い出して下さい!」
「耳にタコだわい。篭城戦ばかりでは負けも無いが、勝ちも無い。それに、今回はあの三楽斎の息子が
佐竹軍にいるとか。今こそ運を天に任せ一戦し、先の恨みを晴らす時ぞ!」
「で…ですが、わざわざ負けと決まったような戦を……」
「くどい、それでも武士か!?勝敗は時の運、敗れるとも恥辱に非ず。不満なら、お前は一人で
篭城しておれ。わしは出るぞ!!」氏治は一千の兵を率い、出陣した。

同じく佐竹軍一千の大将は、梶原政景・太田資武兄弟であった。
「兄者、我らが陣形はいかが致そう。」「まず我ら兄弟が二百を率い、敵をおびき出す。」
「それは、“我ら”を“主力”と思わせる、という事か?」
「その通り。我らを小勢と侮らせ、“残り”は伏せて置く。」「ふっ、我ら二百は苦戦せねばなるまいの。」

政景の思惑通り、小田軍六百ほどが二百の兵に殺到して来た。政景は寡兵を縦横無尽に操り
応戦したが、やがて限界が訪れようとした。「それっ!梶原討たすな!」
待機していた佐竹軍八百が駆けつけ、さらに混戦となったが、
「今こそ総掛かりの時!根切りにせよ!!」
氏治の号令のもと、小田全軍が総攻撃を開始した。日頃の恨みを晴らすべく小田衆は奮戦し、梶原を
追い詰めるかに見えたその時、

「  三  楽  参  上  。  」
佐竹の“残り”の“主力”二千が現れ、形勢は一気に逆転した。

「…え?なに?どういうことなの……」
「どういう事も何もありません。佐竹軍が一千だけなハズないでしょ。とっとと逃げて下さい。」
氏治は重臣の江戸山城と大藤小太郎が討ち死にという多大な犠牲を払い、やっと居城に逃げ込んだ。




277 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:36:32 ID:oeIWhWdE
さすが小田さんだなw

278 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:52:32 ID:6ma/p74f
気持ちのいいぐらいの負けっぷり、さすがです

279 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:56:20 ID:3LuqiqZk
惜しいな・・
天庵様が軍師であれば、献策をすべて逆に実行するだけで常勝なのに

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 20:58:15 ID:4GhVcNrq
つーか止めた江戸山城が殿務めたんだろうけど死んでるじゃねーか!

281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:04:26 ID:lRBMqJUJ
>.276
これの二の時も先鋒を命じた家臣に切々と諌められるのを振り切って出撃したんだよな。

そして先鋒の将が予測した通り、苦戦&これも予測通りの別働隊の小田城攻め。
結局先鋒の将が退き口で力尽きるまで奮戦してる間に逃げ延びたんだよなw

そんなのがあっても同じ事する小田さんさすがですw

283 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:37:17 ID:0Wd8rZV0
小田は何度も同じ失敗を繰り返しているが、
何度も復活している、ということは、
敵も同じ失敗を何度も繰り返しているということだな。

284 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 21:45:21 ID:gIaXg5e+
>>283
ほらアレだ。ゴジラやエイリアンは何度ぶっ殺しても復活してくるじゃん。

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:39:09 ID:RwUJivSN
「あの小田氏治が最後の一人とは思えない…」

286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 22:47:57 ID:X/wsM+Aj
小田氏治を一匹見たら(ry

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:09:32 ID:b0y9jcNS
小田さんはGなのかよwww

288 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:31:38 ID:vBlF9reM
「小田氏治は滅びんよ! 何度でも(ry

289 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:54:44 ID:6ma/p74f
佐竹から見ればそりゃ潰しても潰しても部屋の影から出くるGのようなもんよ

290 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/14(日) 23:59:38 ID:L0JH+5dC
毎回毎回ホイホイに引っかかってるハズなのに死なないのはどういうわけだ…

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/15(月) 00:12:22 ID:BIdQ1baA
Gは死ぬときに卵をばらまくらしい
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    小田G治か・・・

  2. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    こいつぁ酷ぇや。一大名がG扱いwww
    >佐竹見切った
    もうこいつの言う事信じちゃ駄目だなホント!!

  3. 人間七七四年 | URL | -

    小田さんは何でいつもこう歪みないんだ?
    やることなすことオチがつくとかそうはないぞ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    …辛いのはこんな大将について死ぬ兵だよな。

    太平洋戦争でも悲惨だが、現代の組織もかわらんか

  5. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    そして尻拭いをするのはいつも菅谷さんと

  6. 人間七七四年 | URL | eqP7eH0Y

    戦(負け戦限定)の天才だな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    第二次と一緒にしては語れんなぁ
    向こうは名将もいたし
    現代の組織は現代の価値観で作られてるから昔は関係無いね。現代の組織が駄目ならそれは現代が悪い。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    マインドってのは存外引きずってくもんだよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3828-58595290
この記事へのトラックバック