FC2ブログ

井伊直孝の発言

2010年03月17日 00:00

767 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/16(火) 21:02:54 ID:y8aDdtgd
徳川秀忠は京都二条城で、いかにして福島正則を改易するか協議していた。
この時、正則は江戸にいた。正則は大大名であるので事は慎重に運ばなければ
ならなかった。

秀忠の側近達が言うには、江戸で改易を伝えれば将軍不在の関東で騒ぎが
起こらないとも限らない。関東に使いをおくり京都に正則を呼び寄せて伝えるべき
である。そうすれば江戸や国元の正則の家臣達はおとなしくする事だろう、という。
側近達はいずれも同じ意見であった。

これに異議を唱えたのが末座にいた若年の井伊直孝である。
「それは良策とは思えませぬ。確かに将軍の命とあらば必ず正則は京都まで来るでしょう。
しかし、そのような改易の前例を作ってしまえば、大名達は緊急の呼び出しのたびに
今度は自分の番かと疑念を抱き、喜んで命に従おうとはしないでしょう。
それではまことに不都合です。ですから改易は江戸で伝えるのが良いと思われます。
私は若年ながらこのような職についておりますゆえ、私に使者をお任せ頂きたい」

直孝の発言で議論は紛糾した。
ある者は「若僧が余計な事を申すな!もはや結論は出ておる!」と直孝を叱責したが
直孝は「私の策が最良でございます」と言い張った。あまりに結論が出ないのでとうとう
秀忠は気分を害し、奥に入ってしまった。

その夜、秀忠は直孝を呼び出し、
「私はそちの意見をもっともだと思うておった。されど、重臣達が反対している手前、
強く発言できなかったのだ。しかし、そちの申すとおり改易は江戸で伝える事にいたす」
と言った。そして直孝ではない者を江戸に派遣したという。




785 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 11:14:00 ID:LmCIL69P
>>767
徳川家然り、前田家然り、上杉家然り
こういう話聞いてると二代目が初代ほど勇猛果敢でなくとも賢君だったからこそ
家は長続きしたんだってつくづく思うよ

786 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/17(水) 11:23:30 ID:dFR9AKQC
>>785
NGMS<ホント、その通りですよね。
三歳<まったくもって、その通りだな。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    最後、何故そこで直孝でないwww
    と思ったけど、若者の意見を取る代わりに他の人に行かせる事で年長者の
    顔を立てたって事かな?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3838-67ffcf4f
この記事へのトラックバック