FC2ブログ

栗山備後利安、臨終の時に

2010年03月28日 00:08

72 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 21:38:56 ID:U/MISp0j
後藤や母里どころか菅や益田まであるのに、筆頭家老の項目がないので、
栗山利安の話を二つほど出してみる

15の時に黒田官兵衛孝高に仕官して以来、生涯挙げた首級は57にものぼり(これは母里太兵衛に次ぐ)、
有岡城に囚われた主君を救いだしたり(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2994.html)、
母里らと共に主君の奥方を護衛したり(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3851.html)、
家中で一番我の強い母里太兵衛に兄貴と慕われ(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2.html)、
長政と母里の大人げない喧嘩を仲裁するのはいつも彼の役目で
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-725.html
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1508.html)、
とても機転の効く人だったので(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2602.html)、
長男の大吉(大膳)誕生の折には長政がわざわざ祝儀に栗山家に出向くほど彼を重用し、
如水公からはあの合士兜を形見に与えられるような(http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3388.html)、
とてもあの栗山大膳の父親で済ませられない、黒田家存続に一役も二役もかっているスーパーご家老です

そんな栗山備後利安も76の時息子に家督を譲って卜庵と称します
そして、長政死後の8年のちに亡くなるのですが、
その臨終の時の話、意識不明だった利安が突然声を上げます

馬よ!鉄砲よ!彼方に敵が出た。味方の人数を揃えてあの山に鉄砲を放て!

栗山利安は戦国を生き抜いた一人の武将として81年の生涯を閉じました




73 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 21:43:33 ID:9acQ2KNU
こういう死に方はかっこいいね。
長政より長生きしてたのは知らなかったから驚いたけど

76 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 22:22:51 ID:U/MISp0j
>>73
というか、黒田家は三代藩主(長政の孫)が80まで生きたのを除けばだいたい50代で亡くなってる
大坂の陣で討ち死にした又兵衛と京都で病死した長政の享年が1歳しか違わんし

78 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 22:29:07 ID:9acQ2KNU
>>76
そうなんか。いや、自分の浅学が恥ずかしい…
長政とかすっげー長生きなイメージがあったんだよな

79 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/03/27(土) 22:38:09 ID:U/MISp0j
>>78
長政はデビュー(?)が早いからね
関ヶ原の時まだ33歳だからね
ttp://homepage1.nifty.com/SEISYO/seki-to.htm
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なんか、秋山好古の「馬を引け!」って臨終の言葉とかぶるなぁ。
    畳の上で死んだ猛将が、臨終の際戦場に思いを馳せていたってのは古今問わずのテンプレに成っているのかねぇ。

  2. KY | URL | -

    高熱時に悪い夢を見てうなされるのと同じじゃないか?
    なんにせよカッコイイが

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3914-153619a3
この記事へのトラックバック