FC2ブログ

赤壁城

2010年04月03日 00:01

852 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/02(金) 07:14:51 ID:ZruSZdxH
強風とかの悪天候に関する話し無い?

853 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/02(金) 09:14:23 ID:Y/jHQw1O
>>852
鍋島サンダー




854 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/02(金) 12:12:02 ID:we2iwgU3
>>852
いい話スレに出てた苗木城の話


赤壁城

美濃の苗木城が完成したときは、白壁の非常に美しい城であった。
時の城主もこれが自慢であったが、その完成の夜、にわかに嵐が起こった。

さて、夜が明けてみると城の白壁はすべて剥げ落ち、土台の赤土がむき出しとなっていた。
壁には爪でひっかいたような跡があったと言う。

城主はこれに大変驚いたが、多くの左官を集め再び白壁を塗りなおした。
ところがこれが完成すると、その夜又も嵐がおき、夜が明けるとやはり白壁は
無残に掻き剥がされていた。
以降白壁を何度補修しても、そのたびに嵐がおき、赤土の壁にと戻された。

一体何が起こっているのか?城主は何度目かの白壁を補修した夜、天守に籠り夜を徹して
白壁を見張った。

夜になり、風が強くなり嵐となった。するとその嵐と共に一匹の龍が現れ、苗木城の白壁を掻き落とし、
それを終えると嵐とともに木曽川の方へと帰っていった。

「これは白の色を嫌う、木曽川に棲む龍の仕業であったのか。」

それ以後城主は白壁を諦め苗木城の壁は地の赤土のままとし、世の人から「赤壁城」と呼ばれた、とのことである。

苗木に伝わる、赤壁城の伝説。




857 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/02(金) 15:36:39 ID:uFv5wDlP
苗木城にちょっと興味を持ったのでウィキペディアを覗いたら
>>854とほぼ同じ伝説が載っていて、更にオチまでついてた。

>実際には、苗木藩が経済的に弱体で漆喰を塗る経費が捻出できなかった、というのが真相である。

まあ、真実とはそんなモンでしょうねw

858 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/02(金) 18:16:28 ID:T5K8ckH1
身も蓋もないけど、やっぱりそんなもんだよね。w

859 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/02(金) 18:41:59 ID:j98h8f7M
>>857
なんというオチ
しかし藩の面子を守るための伝説だとしても
考えた人はなかなか夢があると思う
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    ょかった…ONMSSのゴーストとかじゃなくて、よかっった

  2. 名無し隊員さん | URL | -

    あの藩にあの城は不相応だよね。
    維持費が大変だったと思う。

  3. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    確かにあの石高であのお城の維持費はキツイと思う。
    見ると彼方此方に石垣がビッシリ積まれてるし。
    それに、歴代城主のお役目も重なったからでしょうね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

     ま、誰とは言わないけど、武蔵守が腹いせに漆喰削っていたんでしょ。
    まんま書くと差し障りがあるから、龍神の仕業にしておいて。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    これのタイトル゛あかかべじょう゛と読むの?゛せきへきじょう゛と読むの?

  6. 人間七七四年 | URL | -

     一度苗木城に言った時は、「あかかべじょう」となっていた記憶が…
    っても、日中運行を中止していた北恵那鉄道が現役だった時代のお話だが。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3947-1eb2d4c4
この記事へのトラックバック