敵も認めた漢の褒美

2010年04月10日 00:03

246 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:20:46 ID:LqX89tP0
敵も認めた漢の褒美


前田利常の家臣平野弥次右衛門の従者に五右衛門という人物がいた。

大坂の陣の際、真田丸を攻めていた五右衛門は、主人である弥次右衛門の
楯になり、十八発もの銃弾を全身に浴びてしまう。だが五右衛門は

「なんのこれしき、かすり傷でござるわ!」と笑い捨てた。

五右衛門の剛気を称賛した真田丸の兵達は、
「名を聞かせ給え」と五右衛門に声をかけた。

「う……」だが五右衛門は困惑した。なぜならば、まだ名乗る姓を
許されていなかったからだ。これを見た主人の平野弥次右衛門はすかさず
「我が姓をつかわす!」と叫んだ。

これに五右衛門は胸を張り、大声で真田丸に答えた。

「われは平野弥次右衛門が下人、五右衛門である!
これまで御供したる褒美として、たった今、姓を賜って
平野五右衛門となり申した!」

すると真田丸から、平野五右衛門を称える祝福の拍手が
湧き上がったのであった。


殺伐とした戦場の中の、ちょっと良い話である。




248 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/04/09(金) 21:37:09 ID:sEkh2D7v
>>246

( ;∀;) イイハナシダナー
仕える主は違っても主人に尽し、それを認められて名を上げた五右衛門に
豊臣方の牢人たちも思うところがあったんだな

249 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/04/09(金) 21:52:59 ID:k+x927XU
>>246
良い話だなぁ…殺し合ってる敵が「すげえよ、アイツ!」って褒めるってな。
やっぱり平野五右衛門は、その後死んだのか?生きてて欲しい人物だ…

250 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 21:55:47 ID:UqIGOPxt
18発も撃たれて元気に返事する人間がいたらもう拍手するしかないだろ…

251 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:08:13 ID:rs11C9Mf
平家物語とかでも那須与一が扇に矢を当てた時に平家側から歓声が飛び交ったって話あるけど
戦国の世でもまだそういう戦いの中の矜持みたいなのは残ってたんだな

252 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:35:50 ID:snK3vSao
上はともかく、下の雑兵や奉公人達は、憎しみで敵味方になってるわけじゃないものな

253 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/09(金) 22:55:29 ID:QIQ51sBJ
>>246
こういう話大好きw

255 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/10(土) 01:32:09 ID:b/zDPPS7
こういう、お互いの武者働きを称え合うのが戦国の醍醐味・・・
だと個人的には思ってる
その後、特に名を残さなかったとしても、生きてて欲しいなぁ
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    うわー、かっこいいな!
    まさに男のなかの男だ!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    これは拍手ポチっとせざるおえない

  3. 人間七七四年 | URL | -

    我らも拍手!

  4. どこかの鬼 | URL | -

    額に当たらなければどうということはない

  5. 人間七七四年 | URL | -

    なにこの尋常ではないかっこよさ

  6. 人間七七四年 | URL | -

    そこで姓を与える主人の機転もまた良いな
    いい主人にいい部下だ

  7. 人間七七四年 | URL | 6Q0aW8YQ

    これはかっこいい
    その後の生死が気になるが、死んだと書かれてないってことは、たぶん大阪の陣は生き延びたのかなあ

  8. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    涙腺決壊

  9. 人間七七四年 | URL | b5.M5V.g

    宗教的なものなので内容は異なるが第二次大戦中も、
    クリスマスを理由に西部戦線のドイツ兵とイギリス兵が司令部に無断で勝手に休戦、
    ツリーを飾り、クリスマスキャロルを歌い、食料やタバコを分け与え合い、
    しまいにはボールがパンクするまでサッカーやって楽しんだなんて話があるね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    良い話だねー。これは拍手せざるを得ない。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    全員かっこいいとしか言いようが無い

  12. 人間七七四年 | URL | -

    拍手数やべぇw
    俺も拍手したけど不正を疑ってしまうw
    どっかで紹介されてんのかね?

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >>12
    不正は無理ですよ。それが可能なら他のもっとファンの居る武将の拍手はもっと多いはず…
    ググっても2008年のブログに一件有るだけで、マイナーな逸話に間違いないですよ。
    純粋に、素晴らしい逸話を閲覧した人達が拍手して行ったんでしょうね。

  14. 名無し隊員さん | URL | -

    これで

    帰国後、噂を聞いた殿様が
    「よくやった!褒美に前田の姓をやる」
    とか言ったらどっち取るんだろ。

  15. 人間七七四年 | URL | -


    感動した!心から!!
    この拍手数は致し方なし!!

    オレも拍手すっぞぉ!そりゃぁぁあぁあぁぁ!!

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※12
    まぁ無粋なのは分かってる
    もし不正があったとしても管理人が対応するだろうしそれほど本気じゃないよ

  17. 人間七七四年 | URL | -

    敵だけでなく我らも認める漢たち、ということですな>拍手数

  18. 人間七七四年 | URL | -

    関ヶ原の時も似たような話があったね。
    姓を得るってほんと名誉なことだったんだろうな。

  19. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    米沢藩の水原さんと安田さんが拍手しています。

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >拍手数
    主君にもらった姓が400年たっても自分の名誉を輝かせてくれてるんだし、きっと彼の世でも主君に感謝しているのではないかな。
    単に二人とも驚いてるかもしれないがw

  21. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    映画エアフォースワンのラストを思い出した。
    でもこっちの方がずっといいわw

  22. 人間七七四年 | URL | -

    最近知ったけど、生きて帰ったようですね、この主従。

  23. 肥門 | URL | -

    あの時代、賞賛する手段としての「拍手」は存在しないよね。
    江戸中期~なんじゃないの?
    つまり創作。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    600もの拍手凄いな…
    米23は拍手してないんだろうか?
    創作って言うより、「その時、皆で褒め称えたんですよ。」
    ってのを、現代人にわかり易く表現しただけでしょ?

  25. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    600拍手!本当に凄い事ですよ!管理人も脱帽ですw

  26. 人間七七四年 | URL | -

    このスレ600人も見てるんだなw

  27. 人間七七四年 | URL | -

    コメントが付いていたから久しぶりに読んだけど、やっぱり鳥肌立った。
    これすごいいい話だよ。

  28. 人間七七四年 | URL | -

    拍手(かしわ手)は邪馬台国の時代からあったんじゃないの?

  29. 人間七七四年 | URL | -

    剣道やってるんだけど,外国人選手たちが他の選手を誉める時,
    籠手をしていると拍手の音が出ないんで,代わりに
    胴をコブシでゴンゴンと叩いたり,竹刀をカチャカチャならしたりする.
    たぶん,そんな感じで囃したてたんだと思う.

  30. 人間七七四年 | URL | -

    平家物語の扇の的のところでも、拍手ではないけどエビラや船端叩いて賞賛するわけで。

  31. 人間七七四年 | URL | KCqgHw7E

    拍手数といまだにコメントが付くのがすごいな
    でもそうなるのも当然なすごくいい話

  32. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    だいたい常山紀談の記述とあってるね。

    江戸中期の作だが、こういうところから厨心をくすぐるような
    逸話を拾ってきてわかりやすく紹介してくれるのは有り難いww

  33. 人間七七四年 | URL | -

    今日見たが勇者中の勇者、北斗の拳に出てきそう

  34. 人間七七四年 | URL | -

    名乗りをあげた後血を吹き出して絶命。両軍が物を打ち鳴らして勇姿を称えたそうな。

  35. 人間七七四年 | URL | -

    とうとう1000の拍手ですね…感慨深いです

  36. まとめ管理人 | URL | -

    ※35
    おおお!本当に感慨深いです。教えていただきありがとうございます!

  37. 人間七七四年 | URL | -

    真田丸に篭った猛者たちと時代は違えど心は一つ
    いい話を愛する千人の物好き共に乾杯!

  38. 人間七七四年 | URL | -

    1000突破おめでとう御座います!!
    これは何回読んでも良い話です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/3980-185af65b
この記事へのトラックバック