FC2ブログ

丹羽長重家臣、南部無右衛門と、永原松雲

2010年04月21日 00:00

278 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/20(火) 15:01:35 ID:EzQWDSQR
丹羽長重の家臣に、南部無右衛門と、永原松雲という男がいた。

無右衛門は武辺者として知られたが、傍若無人の振る舞いがひどく、妻帯せずに養子をもらい、招かれもせぬ宴席に
養子まで連れてやって来ては膳を平らげ、しまいには重臣が長重を招いた席にも現れ、勝手に飲み食いした。
たまりかねた重臣が主君に苦言したが、長重は、
「無右衛門の行状はあきれ果てたものだが、ヤツの武勇はそれあってのもので、今さら改めさせても、
角を矯めて牛を殺すようなものだ。捨て置け。」と言うので、みな無右衛門に白い目を向けながら黙っていた。

一方、松雲は軍学や有職故実、和歌等に通じ、「あれこそ器量人よ。」と家中から賞賛を浴びる身だった。
面白くない無右衛門が、毒を吐く。
「ふん、口先の軍学など実戦の役に立つまい。いざ戦になれば手に覚えた、わしの早業に比べるべくもないわ。」
これを聞いた松雲も、
「無右衛門の如き葉武者は、しょせん槍一本の働きのみ。味方を勝利に導くような大功は、有り得ぬ。」と、罵った。


慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの機運が高まると、丹羽家中には人質を出すよう触れが出された。
養子しか家族のいない無右衛門は、これを断ったが、
「こんなお触れは、あの松雲めが軍学者ヅラして、わしへのイヤガラセに入れ知恵したものだな!よし、殺す。」
逆恨みして松雲の屋敷に駆けつけると、松雲への面会を申し込んだ。

日ごろ仲の悪い無右衛門の来訪に、イヤな予感がした松雲は居留守を使ったが、無右衛門は下男の断りを無視して
屋内に入り、松雲を発見すると脇差を抜いて松雲を押し倒した。
下になりながらも松雲は柔術で無右衛門のヒジを押え、腕を絡み取ると、脇差を奪い取って部屋の隅へ放り捨てた。
しかし、腕を取られながらも暴れることをやめない無右衛門は、
「ガ―――――ッ!!」松雲の鼻っ柱に噛み付き、松雲の家の者五、六人が取りついて、やっと押さえこんだ。
とんでもない騒ぎを起こした無右衛門だが、『戦の前に人数は減らせない』として、不問に付された。


その後、浅井畷で丹羽と前田の間で戦が起こり、丹羽家家老・江口三郎右衛門が敵を深追いし過ぎ、苦境に陥った。
一隊を任されていた松雲は、「もはや手遅れであり、救援は無益だ。」として、これを傍観し、自分の隊を温存した。
ところがその時。無右衛門が前田軍の真っ只中を駆け抜け、見事に江口隊を救出し、形勢を逆転してのけた。

無右衛門は「長重様の言葉に違わぬ奴」と賞賛を受け、松雲は「アレは、あてにならん」と評判を落としたそうな。




279 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/20(火) 18:25:27 ID:AVlkW93K
なんとも言えん読後感だ

280 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/20(火) 19:24:48 ID:zbAYi7sb
よし、殺すw
ひでえな、この即断即決

281 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/20(火) 19:32:59 ID:WptP0hA0
戦場以外では確かに用のない人だ

282 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/20(火) 19:52:51 ID:QEhhR7ZX
結婚もせずに養子をもらったということは
アッー!な関係なんだろうな

283 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/04/20(火) 20:00:56 ID:+zEQWnEj
オレ、いい話のほうだと勘違いしていて、最後に窮地を救って仲良くなるんだなって思ってたけど
オチまで読んでから悪い話のほうだと気がついた

285 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/21(水) 04:16:47 ID:HiGIbu2R
もっと時代が下れば兎も角、この頃は衆道相手を養子にするってのは無いんじゃないの
俺が無学なだけかもしれんけど

286 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/21(水) 07:28:23 ID:I6WbWXO8
こいつを養子にすれば後継者問題は解決するわ家中が安定するわでいい事づくしだお!
でも昔衆道関係を持っていたから養子にできない…くやしい…
って事はないだろう多分

287 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/21(水) 07:43:02 ID:MUagPOOE
どっちにしろ大概のしきたりとか無視しそうじゃね?

288 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/21(水) 08:20:42 ID:ITnr01ii
>>278
曲渕さんみたいな人だな >>無右衛門



関連
加藤清のあたご山攻めにて、南部無右衛門
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-5153.html
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | GVJKsPKg

    >>283
    俺も、途中まで二人が和解するいい話だと勝手におもってました。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    堀さんの所なら殿が両方の役職を実践して和解させるんでしょうかw

  3. 人間七七四年 | URL | TY.N/4k.

    無右衛門を水滸伝の李逵みたいな男だと思って読めば、少しは読後の後味の悪さも薄れる・・・かな?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    やっぱりガムシャラって大切だなw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    面白い、面白いんだけど
    このモヤッとした読後感はなんだろう?

    >李逵
    確かにw
    組打で無右衛門から脇差し奪えたんだから、松雲さんも青瓢箪って訳では無いと思うんだが

  6. 人間七七四年 | URL | -

    んー、李逵なら見くびっていた相手から組み伏せられた時点でちょっと見直す馬鹿可愛さが多少無いか? 多少だが。多分。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    後味が何とも言えない(悪い意味で)
    これって結局結果論でしょ?松雲は別に悪い事はしていない。部隊長として当然の判断をしたと思う。無右衛門はただ運が良かっただけ。死んでいても可笑しくなかった。

    無右衛門はアレか?普段手のつけられない不良が猫に餌やると「良い人かも?」と思ってしまう心理と同じじゃない?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    戦果そのものというより、自分の身命をかえりみずに味方を救おうとした、その精神が賞賛の対象なんじゃないかな。
    そういう天晴れな精神だからこそ、大功を挙げられたのだ、という理屈。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    「よし◎す!」で某立志伝動画の高虎を思い出したのは俺だけでいい

  10. 人間七七四年 | URL | -

    でも、無右衛門を褒めてる連中も自分では助けに行かなかったんだから、松雲を責められないよね
    自分らの立場を下げない為に松雲をスケープゴートにしただけじゃん

  11. 人間七七四年 | URL | -

    別に結果がどうとか気にしないけどな

    無右衛門が養子を連れて飲み食いしてたのは
    自宅で旨いもの食べさせてやれねーからだと勝手に思ったな
    不器用な男のせめてもの・・みたいな

  12. 人間七七四年 | URL | -

    李なんぞどうでもいいわ。
    運が良かったのは確かだが、戦ではその運がものをいうときもある。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    不良の例えは間逆だ。
    その不良はねじくれてるだけで根っこは良性。
    こいつは多分根っからのksだろ。

    目に余る重大な欠陥のある人間もそうそう放り出すわけにも行かなかった丹羽のギリギリな話。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    松雲カワイソス

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4033-c6c251b5
この記事へのトラックバック