FC2ブログ

遠江塚

2010年04月22日 00:01

291 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/21(水) 21:31:38 ID:1YyCd9U3
遠江の掛川領主で、徳川家康の異父弟である松平隠岐守定勝の嫡男に、松平定吉と言う人がいた。
幼い頃から武芸に励み、伯父である家康から「後々には関東の旗頭ともなるべし。」と
大変可愛がられていたと言う。

慶長8年(1603年)の事。家康上洛の行列が掛川までやって来た。
定勝はこの時19歳の定吉に、行列が遠江を抜けるまでのけ警護を命じた。
そして荒居の渡しに差し掛かり、ここより船を連ねての海路となる。

定吉も家康の船に同船したがこの時、空の彼方に一羽の鷺が飛んでいるのが見えた。
家康も共の者たちも何気なしにそれを眺めていたが、定吉は近くにあった弓を取ると
矢をつがえて遥かかなたの鷺を狙い、見事射抜いた!

これには船に乗った人々拍手喝采で彼を讃えた。
いい気分になった定吉がそのまま家康の御前に出る。
ところが家康、

「定吉、詰まらぬ殺生をするな。飛ぶ鳥も景色のうちではないか。
それに弓矢をとって、万一射損じたらどうするのか?そちは笑いものになるだけだ。
いくら腕に覚えがあると言っても、いたずらにそれを誇るものではないぞ。」

そう、叱った。

定吉は掛川城に戻ると、恥ずかしさのあまりその夜、切腹して果てた。
突然の出来事に城中は大騒ぎとなり、さらに定吉の後を追って、彼の家来
20数人も殉死した。

父の松平定勝は、定吉とその殉死者を、家康に内密で城外の下俣に葬った。
後、ここに五輪塔が建てられ、いつしか「遠江塚」と呼ばれるようになり、
定吉が武勇に優れた若武者だったことから、それにあやかり自分の子が強く育つようにと、
弓矢、刀、鎧を供えこの塚に願をかける人々が絶えなかった、とのことである。


若気のいたりと言うべきだろうか。「遠江塚」の故事である。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    なぜ命を粗末にするんだ!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    いいかげん人の使い方や叱り方が判る歳だろうに……家康がトチった話でもあるね。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    これだから三河者は以下略

  4. 人間七七四年 | URL | -

    これに家康のミスは無いだろ?まさに言い得ている発言だ!
    勝手に腹切った早まった行為なだけ!!
    まさに「これだから三河者は」を地で行く奴だ。
    だが、本当に惜しい人物でもある。

  5. 人間七七四年 | URL | l5pNJLvE

    ちょっと叱られた程度で切腹してたら、家康なんて何度作左に切腹させられていることか!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    慶長8年では、すでに弓が戦場で役に立つ時代は終わってるかもね。
    しかし、この程度のことで切腹するのかよ。
    二十数人が後を追ってるのも何と言うか凄まじい。

    ・・・ところで拍手という慣習が日本に入ったのは明治以後らしいが
    まあ絶賛されたということの言葉のあやだね。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    最上・伊達コンビなんて、義姫に切腹させられまくっちゃうなw>叱られただけで


    それはともかく、いくら三河者でもこれで腹切るとは、流石の大権現でも思わないだろ。
    後進にきちんと歩んでほしいと忠告したのに腹切られてたら、家康も泣いちゃうぜ。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    人を注意するときは相手に恥をかかせないよう他人がいないとこでやるべきだと思うなー。
    家康がこういったミスを侵すのって珍しい気がする。

    それにしても切腹までするか普通w

  9. 人間七七四年 | URL | -

    叱られたからというより満座の前で恥をかいたのが耐えられなかったんじゃなかろうか。
    その場は褒めておいて後で誰もいない時にこっそり叱れば腹は切らなかったんじゃない?
    きっと出来が良すぎて常に誉めそやされ全く挫折をしらない自信満々な若者だったんだろうね。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ※8
    ごめん。書いてる間に内容かぶった。

  11. 御神楽 | URL | -

     こんなの叱るのうちにも入らんぞ普通。
     これだから三河モンはw

  12. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    三河武士はマジで切腹するから困る

  13. 人間七七四年 | URL | b5.M5V.g

    これは家康のミスだろう。
    軽率な行動だったとはいえ、若武者が得意分野を披露したのに
    衆人環視の下で頭ごなしに否定すればどうなるかぐらい分かりそうなもんだ。
    これが別の事での失敗なら汚名挽回もあるけどな。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    いちおう一般的には汚名返上、名誉挽回な。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    13氏は一体何を持ってミスと言うのだろうか?
    「そんな程度」で死ぬ奴は、所詮荒波に打ち勝てない奴だよ。
    何か無理やり家康を悪者にしたい奴って多いよなw

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    その言いようじゃ人にものは伝えられねえよ



    まあなんというか三河者

  17. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず叱りどころを間違えたのも、そこから有能な命を減らしたのも…どっちもどっちか。

    そういえばコメント上にあった「汚名返上名誉挽回」はいつから「汚名挽回」と短縮されたのかな。少なくとも戦国絡みではなさそうだが。単純な短縮なら意味的に間違ってないが、本気で汚名を取り返す意味で歪んで伝わってるなら問題有り。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    これ遠江古蹟図会 3巻に別説が伝えられている。
    ttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2538219
    14、15コマ目
    この事件から200年後に刊行された書籍。
    今からは200年くらい前のもの。
    殉死者の数を見ると、若気の至りなどではないもっと追いつめられた理由があったに違いないと思いたい。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4035-6ec4c11d
この記事へのトラックバック