FC2ブログ

真田信之「なあ、忠重。死出の山は」

2010年04月23日 00:05

497 名前:死出の約束[sage] 投稿日:2010/04/22(木) 20:00:36 ID:fIqUgitW
松代城二の丸の庭に築山があったという。
真田信之の家臣・鈴木忠重は、主君の手を引いてその築山に登った事がある。

「若い頃ならこの築山を飛び超えられた。なあ、忠重。死出の山はこれくらいの高さかな?」
「死出の山がいかほどの高さであろうと、私があなたのお手をお引き致します。」

信之が死ぬと忠重も後を追った。忠重の墓は今でも主君の墓に寄り添っている。




498 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/22(木) 20:27:40 ID:phcz9+DU
>>497
やべぇ、泣きそうになった

499 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/22(木) 21:10:30 ID:YuoLhhZB
やる夫真田のラストシーン、この逸話でいいかも。

500 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 00:31:08 ID:dmRl91ny
>>497
主君の隣に墓を建てるって立花道雪と薦野増時もだな。

501 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 00:39:29 ID:4RX+an5R
>497
池波正太郎の短編でもあったな、その場面

502 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 02:11:13 ID:QnZWhO2z
>>497
夜中に泣いちまったじゃないか…

503 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 09:04:14 ID:9FU01I5V
「手を引くって言ってたのに俺の方が先に死んじゃったじゃないかw」
「いやあお恥ずかしい」
なんてやってたりしてね。

504 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/04/23(金) 09:24:22 ID:q2Y3LaOy
こういう美しい殉死があったから一時期殉死が流行ったんだろうな

505 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 11:14:28 ID:GGJehT+y
お兄ちゃんて親しい人を送りつづけててさぞ寂しかったんだろうなと思うんだよな
本人の責任もあるがw
自分を見送ってくれる忠臣がいてくれてよかったなぁ…

506 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 15:36:46 ID:tSugUeFV
それで寿命が縮んだのか・・
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    。・゚・(ノД`)・゚・。イイハナシダー

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. 人間七七四年 | URL | -

    川村真二の信幸の小説にこれをアレンジした?シーンがあるよ。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    さすが自分のために快く命を落としてくれる部下が二百騎もいるお兄ちゃん
    ちなみに鈴木忠重って真田太平記でいうと柳生家で修行してた人?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    鈴木主水もそうだけど、右近もかっこいいよなぁ。
    忠誠ってのはこうやって示すんだって感じ。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ※4
    そう。出奔して修行した人。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    お兄ちゃんの長く苦しい人生を見てきた家臣ならその死に殉じたいと思うよな。

  8. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    短い文章なのに、いいなあ

  9. 人間七七四年 | URL | -

    80いくつで殉死した人ですね
    お兄ちゃんに殉死するためにがんばって長生きしたんだろうか

  10. 人間七七四年 | URL | -

    何回読んでも泣ける
    君臣の絆はいいね

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >>6
    やっぱりそうなんだ
    じゃあ忠重が小さかった頃、信之が彼を白うさぎって呼んで
    京都で取り寄せた玩具をあげたりして可愛がったりしたのかな?
    矢沢といい鈴木といい、親子二代で忠義を尽くす家臣に恵まれて
    お兄ちゃんは本当に幸せ者だったんだね
    家族にはちょっと足を引っ張られることがあったみたいだけどね

  12. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    ああ、連休は真田太平記を読み返そうかなぁ……

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4040-808982b4
この記事へのトラックバック