FC2ブログ

板垣饗応

2010年04月24日 00:01

324 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 19:18:03 ID:SsOIqj5d
天文15年(1546)、武田軍が関東管領上杉憲政の軍を粉砕した笛吹(碓氷)峠の戦い。
この合戦の後、武田晴信は上杉勢の押さえとして板垣信方を置いた。

さて信方はこの陣営において、先の合戦で高名した者にも働きの無かった者にも、皆に
饗応をする、と触れた。
しかしそれには区別があり、先ず饗応の会場を上中下の三つに分け、優れた高名を成したものには三の膳を、
中程の高名には二の膳、働きの無いものには本膳のみ、
さらに二の膳、三の膳には赤椀を用い、それに種々の魚鳥の料理が盛られていたが、
本膳だけの方は黒椀で、それに配膳されているのも精進料理であった。

しかし働きの無かった者とは言えこの差別は流石にいかがなものかと、信方の家臣たちも懸念し
これを密かに信方に告げた。
これを聞くと信方、意外な顔をして

「違う違う、お主達は勘違いをしている。
先の戦では慈悲深い連中が、後生大事だと言うことで敵の首をとらなかった。
こう言った者たちはきっと、平生より受戒を守って食事なども生臭をさけ、精進食を食っているに違いない。
その者たちに肉食をさせ、わざわざ破戒の業をさせるのはこの信方の本意ではない。
だからそのように分けたのだ。」

つまりまあ、皮肉である。
しかしそう言って板垣は、家臣たちの諌めを聞くこと無くそのままの形で饗応を開き、そのため
手柄の無かった者たちは大いに面目を失った、とのことである。

板垣饗応、黒赤を分かつ。と言うお話。




325 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 19:26:48 ID:emsEp18t
なんか凄みを感じるな板垣の爺はw

327 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 20:00:43 ID:g7GQHIIX
>>324
八幡太郎の「豪の席、臆の席」を思わせる話だがより嫌味ったらしいなw

329 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/23(金) 20:35:47 ID:lXUcfwmf
>>324
「呉子」(ttp://www.h3.dion.ne.jp/~china/book17.html の第六篇)を元にした話しかと思ったらw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士でこれをやると何か色々面倒くさい事になりそうな…w

  2. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士ならたぶん何人か腹を切ってるな……

  3. 人間七七四年 | URL | -

    中止させようとする家康を、アンチ正信一同が腹切る詐欺で押し切って予定どおり開催
    こうですね、わかります

  4. 人間七七四年 | URL | aNn4.8kc

    時代は下って明治。
    福沢諭吉は自宅に招いた門下生らに出す菓子を、
    成績の良い者には多く、そうでない者には少なく出すのが常だった。
    「入門年次も年齢も関係ない。これが「平等」とうものじゃ」
    「競争」の訳語を発明した人ならでわ。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    正しいといえば正しいけど、
    こういうことするとピンチのとき命がけで助けてくれる人がいなくなるよね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4042-0aebb829
この記事へのトラックバック