FC2ブログ

徳之島、琉球侵攻の際の話

2010年04月26日 00:03

382 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 06:06:48 ID:lMkSWrwp
スーパーサイヤ人化した薩摩隼人ですら足元に及ばなかったという噂の徳之島の逸話ってありませんか?




383 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 08:41:39 ID:Mu3Dz5ZV
琉球侵攻の際の話

1609年3月、島津勢は80隻3000人の軍勢で山川港を出発、奄美大島を征服し、喜界島から降伏の使者を
受け入れた後に徳之島を目指し、20日には東側の秋徳という港に上陸した。ここでは琉球王府の役人である
佐武良兼(さぶろうがね)と思呉良兼(うみじろうがね)の兄弟が兵を備えて待ち構えていた。
農民たちも、木の棒や包丁をくくりつけた竹で武装したいたという。
佐武良兼は、身の丈七尺二寸(220cm)の大男で三尋(約3m)の棒を持っていたという。
彼らは上陸してきた島津勢に襲いかかり、北郷久武の配下の6、7人、船頭6人を討ち取った。篠川勘津という
70歳の老人は、島津兵3人を討ち取って戦死という奮戦ぶり。苦戦する島津勢だったが、渋谷丹後守が鉄砲で
佐武良兼を討ち取ると形勢は逆転する。弟の思呉良兼も戦死し、戦に参加した農民も皆殺しにされた。
その数は数百人にのぼったとされる。
その後、徳之島は降伏し、沖永良部島も戦わずして降伏した。即座に降伏した沖永良部島の住民は樺山久高から
「馬鹿ども」と罵られたという。しかし、悪久さんから「降伏したり無抵抗な者を狼藉、殺害、人取りするな」と
命ぜられていたため、命だけは助かった。勇敢にも抵抗したために、かえって皆殺しにされた
徳之島のちょっと悪い話




384 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/25(日) 09:04:59 ID:uEDaUvXs
ちょっと・・・?

385 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/04/25(日) 09:07:13 ID:k8F2i2Pl
>>383
この島は何故こうも突出してんだろうな
394 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 01:01:18 ID:zoNi1YU1
>>383
70歳のじーさんが島津兵3人討ち取りって・・・
徳之島住人は今も昔も変わりないんだな・・・(((;゚Д゚))ガクガクブルブル


とあるついったで見かけた、戦闘民族「徳之島」武勇伝

・何年も大規模な反乱を起こし続ける→ビビった米軍が早々に日本に返還
・町長選挙→寝たきり老人のベッドを先頭に機動隊を突破(寝たきり老人も殺る気マンマン)
     →ハブ100匹ブチマケて突破
・参院選挙→小学生10人を先頭に機動隊突破(小学生も殺る気マンマン)
・島民相手の闘争→基本殴り合いで使っても武器は木刀程度(近所づきあいの兼ね合い)
 官憲相手の闘争→刃物以外なんでもあり、車で突っ込む程度に留める
・山に入る時は必ず鉈持参し二人連れ→一人がハブに噛まれたら毒が回る前にもう一人が相手の腕を落とすため


何をどーしたらこんな血の気の多い戦闘民族になるんですか orz





395 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 03:46:22 ID:dML2x86p
>>394
投票所襲撃で投票箱の奪い合いがあったとか選挙違反を双方の陣営に注意したら選挙管理事務所に火炎瓶投げこまれた
とかもあったなあ

396 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 04:10:55 ID:LxgBvBPa
>>394-395
現代に遺る、リアル戦国時代を体験できる島・徳之島

太秦映画村だとか伊勢戦国時代村だとか、そんなチャチなもんじゃあ 断じてねぇ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ(AA略

397 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 04:26:40 ID:DGHuhN22
>寝たきり老人のベッドを先頭に機動隊を突破(寝たきり老人も殺る気マンマン)

現代のベッキー様か・・・雷とか切ったことあるんかねぇ

398 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 06:22:03 ID:XstQNCi7
泉重千代さんとか本郷かまとさんとか
徳之島に生まれたら討ち死にでもしなければ
それくらい生きてても不思議じゃなくなる気がする

399 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 09:07:28 ID:DO8ZeuRN
寝たきり老人のベッドを先頭に機動隊を突破(寝たきり老人も殺る気マンマン)

ワロタw すげーな ぜひルーピーも殺っちゃってほしい

411 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/26(月) 19:35:47 ID:nEimXOou
>>394
書き忘れたけど、佐武良兼も持ってた棒で「島津の兵の1000や2000など、
この棒でSATSUGAIしてくれるわ!」と
気勢を上げたとか記録にあるようで
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    佐武良とか呉良って、三郎や次郎のことだろうか
    語尾に「かね」ってつくのが、南島の人名でよくでてくるけど、何なんだろう?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    「かね」=「金」で尊いものを表す美称だったかと

  3. 人間七七四年 | URL | -

    「○○がなし」と語源は同じ。
    この話のソースは七島衆の「琉球入ノ記」だね。創作混じりでほとんど信頼できない。
    肝付兼篤の記録だと秋徳で殺したのは20~30人。

  4. 琉球王家の末裔です。 | URL | -

    私は佐武良兼からから数えて確か13か14代目の子孫です。

    私自身は関西なのですが祖父が徳之島から出て来ました。以来祖父は一度も島に帰る事もなく亡くなり、父親も島には一度も行かずに亡くなりました。

  5. 琉球王家の末裔です。 | URL | -

    祖父は父親に先祖は島津藩の武士だったと言ってたようで私も父親から聞いてました。

    父親が死んでから詳しい事を知りたくなり父親も行った事がない徳之島へ行きました。

  6. 琉球王家の末裔です。 | URL | -

    私の祖父の親や兄弟は徳之島のある墓地にありここは一族墓地であり、名前は違えど家紋は全て同じ、丸に右3つ巴でした。だいたい100基ぐらいはお墓がありました。

    そこの墓地を管理している人と出会うきっかけがあり(その方はずっと小、中学の先生をしていました。) 家には奄美の歴史の本がズラッとありました。

  7. 琉球王家の末裔です。 | URL | -

    私の血縁と墓地の話をすると家系図を出してきました。500ページくらいある分厚い本です。

    それは身内同士で5年か10年に一回更新するみたいです。

    そういった系図は島津に敗れてからはほとんど取り上げられ燃やされたようですがなんとか守りぬいたようです。

    15世紀に沖縄の首里から琉球王家の役人六人が徳之島に派遣され統治した初代島主が首里之主でその息子が佐武良兼です。何人か兄弟はいてました。東のしゅ(ひぎゃのしゅ)だったかな。秋徳洲の戦いで竹槍を持って島津勢を10数人かを殺めて島津から撃ち殺された話は聞きました。弟のめぐらがねも殺されました。

    先祖は島津藩だと聞いてましたが琉球だったので正しい歴史を知れて良かったです。

    失礼致しました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4054-0f290b2f
この記事へのトラックバック