FC2ブログ

浅井長政の関ヶ原合戦

2010年05月01日 00:06

677 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/30(金) 19:52:35 ID:NecJ7J0f
浅井長政の関ヶ原合戦

ある時、浅井長政は五百の精兵を選り抜き、関ヶ原は野上の宿へ討ち入って火をかけた。
報告を受けた斎藤龍興は一万の兵をこぞり、踏み潰さんと打って出る。
長政は圧倒的な劣勢である。
垂井の手前に流れる小川を堀とし、柵を築いて持久の構えをとった。
が、これは見せかけで、長政は菩提の間道に小勢を走らせ、斎藤勢の背後へと走らせていた。
そしてある夜、長政自ら陣頭に立って夜襲をかけ、頃を見て別働隊を思い切り騒がせた。
「さては寝返りが出たか!」
斎藤勢は混乱し、龍興は岐阜まで撤退せざるを得なくなった。

さて、勝ちに乗る長政は大垣までも焼討する。
捨て置けない斎藤勢は態勢を立て直し、再度出撃。
浅井勢は槍を合わせず、あっさりと退いた。
龍興は垂井まで進み、そこで疲労した軍勢に一息入れさせようとした。
が、斎藤勢が休息を取り始めると、家々から轟々と火が吹き始めた。
実は長政、垂井を引き払う際、数十の足軽を伏せさせていた。彼らが手当たり次第に放火しだしたのである。
斎藤勢は右往左往、そこへ長政が斬り込み、またも龍興は逃げるはめになった。

「おのれ!小勢にいいようにされてなるか!」
龍興は怒り心頭。
浅井勢が立て篭もった南宮山へ向かい、包囲を固める。
大軍でもって攻め上ったが、敵からは矢の一筋も飛んでこない。
「はは、戦意を失ったか」
意気上がる斎藤勢が敵陣に足を踏み入れた瞬間。
一丸となった浅井全軍、真一文字に突撃してきた。
斎藤兵は山を転げ落とされ、完全に壊乱して逃げ惑う。
長政らはその隙に包囲を抜け出し、戦場を離脱していった。

これ以後、龍興は長政を甚だ恐れ、再び出陣することはなかったという。




678 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/04/30(金) 21:01:10 ID:trW42hTO
>>677
それだけだと、ちょっと戦がうまい話だからなぁ~
長政パパが僻んだり龍興さんが馬を背負って逃げたりとかなかったのかね~!

つか、山科けいすけの浅井長政が戦バカの恐妻家だっけ?
もう忘れたな・・・

683 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 09:48:57 ID:RpdKWkwH
>>677
義龍でないとてんで駄目か

684 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 10:20:15 ID:2vKFhKNV
印象では義龍死亡→ほど無く滅亡だけど、実際は結構保ってるよね龍興

685 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 14:42:59 ID:+w0MYoW4
保ってるとはいえどんどん調略で切り崩されてたから・・・。

686 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 14:54:50 ID:+4ltOrut
Wiki見たら13で家督相続して19で稲葉山城を失ってたんだね、龍興さん
暗君のイメージあったんだけど、こんな若かったんだ・・・

687 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 15:12:06 ID:xoxyMMuc
>>686
その後越前朝倉家と運命を共にするまで反信長が活動を延々続けた勇将だったりもする

688 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 16:14:48 ID:XGK5aQWL
総大将、総責任者としての才能は無くても、一部隊の隊長としての才能はあったてことかな。
痛い目にあって成長しただけかもしれないが。

689 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 16:32:16 ID:J0SCmgzC
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-219.html

今までの龍興の逸話見ても少なくとも暗君じゃあないな、
苦労した事で人間性が磨かれたのかなって感じは確かにする
↑の九右ェ門伝説が本当だったなら良いんだがなぁ、一寸報われて欲しいわ

690 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 16:42:37 ID:wNft5O00
信長も何度も痛い目にあって成長してるし、失敗が人を強くするんだな
ただ、失敗しすぎて国まで失うともう挽回できないけど

691 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 18:00:50 ID:9MD+ndr6
>>690
ゴンベ「いや、やり方によるよ?」

692 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 18:19:59 ID:wwEfqlKK
>691
 ち ね ば い い の に 

693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 19:09:57 ID:JJt5EVHp
小田さんは・・・

694 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/01(土) 22:29:03 ID:zwov4o+D
小田さんは再起動するたびにメモリの内容が消えますから

698 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/02(日) 00:31:04 ID:NxHSUFbG
>>692
長宗我部さんの叫び
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これでちょっと戦が美味いってすげえ辛口評価だな 直前まで孔明の話でもしてたのかw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    普通に上手いと思うが

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ちょっといい話にかけてるんだと思うんだが、辛いな(笑)

  4. 人間七七四年 | URL | -

    氏治様の逸話を読んでから、もう一度みてみると・・・・

  5. 人間七七四年 | URL | -

    絵に描いたようなフルボッコでワロタ
    しかし氏治さんといい龍興さんといい、いい配下がいるのに人の話ぜんぜん聞かなかったんだろうなw

    話は変わるが、この戦の詳細分かる人いるだろうか?
    軽くググっても出てこないや

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ネタ元は常山紀談っす。
    誇張や龍興sageはあるだろうけど、両者の関係からして、こういう競り合いは幾度もあったんでしょう。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ※6
    サンクス
    興味湧いたから今度調べてみる

  8. 人間七七四年 | URL | -

    常山紀談だったら、本屋に普通に売ってたよ。

  9. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    小田天庵様は体力の弱い兜甲児……新しい解釈でござるな!? >30分模造記憶

  10. 人間七七四年 | URL | -

    信長が痛い目にあったことは本能寺以外ないと思うが

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ※10
    尾張統一の過程では実の弟に謀反を起こされ手に掛ける事になったり、美濃攻略でも何度か負け戦を経験しているよ。
    その後も金ヶ崎ではろくに戦いすらしないまま逃げ出してるし、坂本の戦いでは森可成を失い続く志賀の陣では朝倉義景に土下座する羽目に陥っている。
    そもそも、織田包囲網を作られた事がかなりの痛恨事だった筈だ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4079-176bd383
この記事へのトラックバック