FC2ブログ

残された妻・嶋子は秀吉のもとに差し出され・・・

2010年05月06日 00:00

556 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 12:06:54 ID:lT0bMlyM
以下蛇足

>>553-554の際、大関高増の外孫の倉ヶ崎城主・塩谷惟久も参陣せず、秀吉の怒りを買った。
これに対し惟久は、居城と妻を置いていずこかへ逃げ出し、残された妻・嶋子は秀吉のもとに差し出され・・・喰われた。
気丈にも嶋子は、秀吉の枕元で切々とお家再興を訴え続けた。



・・・実家の再興を。

実は嶋子は小弓公方・足利義明の孫であり、その弟は食うや食わずの生活を送っていたのだ。秀吉は嶋子の願いを容れ、
古河公方の血を引く足利氏姫を嶋子の弟・国朝と結婚させ、惟久が逃亡して空いたその旧領・喜連川郷を与えた。
こうして一ノ谷の戦い・屋島合戦にも名を連ねる名門・塩谷氏は滅び、鎌倉公方家が再興された。


『 日本一小さな大大名 』 喜連川藩が、これである。




557 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 12:14:23 ID:0Oun9P+g
>>556
実に心温まる話だなw

558 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 13:39:18 ID:l69SEt3P
>>556
股かn…あ、いや、胸が熱くなるな

559 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/05(水) 15:04:12 ID:IHGN8mgp
今もって栃木県民にはアンチ徳川、秀吉好きの人が多いが
喜連川公方の再興もその理由のひとつとなっているようだ。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    成立にはこんな経緯が…。
    なんつうか胸がゲンナリするよーな、それでいて
    嶋子ナイスガッツとも言えるような、判断に困る話だなw

  2. 人間七七四年 | URL | -

    塩谷惟久はその後どうしたんだろう?調べても全く出て来ない。

  3. 人間七七四年 | URL | HfMzn2gY

    最後まで奥さんからの吉報(どんなんだか知らないが)待っていた、とかじゃないよな。
    で、居所は奥さんも知っていて、じゃ、時代劇か。

  4. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    もともと恋愛結婚じゃなかっただろうし、
    逃げた亭主なんてどうでもよかったんではw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    一応、最初は旦那が戻ってくると思って塩谷家再興を願ってる、ただ戻ってこないから方向転換したという感じな話が

  6. 人間七七四年 | URL | -

    塩谷惟久は分家であって塩谷家本流は別に残ってるし懇願しなくても大丈夫なのよ

  7. 人間七七四年 | URL | -

    あ・家は無事なんだ。んじゃ~コイツはどっかで野たれ死んだって事でwww

  8. 人間七七四年 | URL | VDROrl9c

    これたしか氏姫側から見ると迷惑な話だったんじゃなかったかなあ。
    氏姫は「古河公方の血を引く」じゃなくて
    「古河公方家の当主」だったはずだし、小弓公方家と古河公方家って
    氏姫の祖父の代からの敵だったはず。
    最後まで氏姫は喜連川には入らなかったし。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    栃木で親秀吉ってそういない気もするんだけどなぁ
    559は何処を指して言ってるんだろ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4101-d74d9d7c
この記事へのトラックバック