FC2ブログ

戸次(立花)道雪「私は貝になりたい」

2010年05月09日 00:05

769 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 11:24:35 ID:L385cJE4
私は貝になりたい

ある日、戸次(立花)道雪が家臣たちを呼び寄せた。
「おーい、お前たちも来て見ろ、珍しいものが届いたぞ!」
臼杵の浜から、海産物が大量に届いたのだ。鎧ヶ嶽の山城で暮らす戸次家の人々は、海の幸の到来を喜んだ。

道雪はさまざまな海産物のうち、ハマグリが盛られた台に目を止めた。
「おお、『耳白』があるな。」「?『みみしろ』、でございますか?」問いかける家臣に、道雪は答えた。

「そうだ。ハマグリの中でも形が整い、真珠のように白いものを『耳白』と言う。同じハマグリでもな、この『耳白』は
女子の遊びの貝合わせに用いるので、殻まで売り物になり、容れ物の桶でさえ結構な値がするものよ。
『耳白』でなくては役に立たず、他の殻はゴミとして捨てられ割られ、土に帰るのみ。

人も同じで、『耳白』を探すように見ていれば、才覚の一端が伺える者が必ずいるし、そうして取り上げられた者は
『耳白』が高値で扱われるごとく、良き働きをするものだ。

ただし、人は貝にあらず。『耳白』のように殻、すなわち上辺を磨くのではなく、心を磨くことが肝要だ。
一度武に志した者は、常に「こうであろう」と心を配り磨いてこそ、メシの種となるものよ。
今まで手柄の機会に恵まれずとも、事に慣れた者の武辺話など良く聞き、実践すれば、「利口者」と呼ばれても
非難されることはあるまい。それもまた、正当な立身の道である。」




770 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 11:28:07 ID:Sp2NLOgJ
>>769
>女子の遊びの貝合わせ
実際は神経衰弱的な遊びだということを理解していても
反応してしまう

773 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 12:37:24 ID:oFR1Ig8q
>>769
嫁入り道具だと漆や金箔でゴテゴテに塗りたくられた上に
絵を描かれたようだし、白くなくとも形が良ければおkだったかもw

嫁といえばプロポーズが「名前を教えろ」だったんだよな大昔は
名前つか真名?

774 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 13:25:35 ID:HWAbs+JD
女には名前は一つしかないんじゃね?
名を名乗る事=支配下に入る事なんだろうね

775 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 13:56:43 ID:O07T2+xb
この前の合コンで、誰も名前を教えてくれなかったのはそのせいか

776 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/08(土) 15:17:46 ID:QGo6TV9h
>>775
それはお前が…いやなんでもない
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    貝になった道雪さんを一瞬想像してしまった
    …斬鉄剣でも斬れそうにないな

  2. 人間七七四年 | URL | -

    この当時は貝合わせではなく、
    「貝覆い」と言ってるはず

  3. 人間七七四年 | URL | EBUSheBA

    *1 ただ何故、斬鉄剣…。
     『わしの名剣(もしくは槍)で試させろぉ!!』と、頭の中で、何人かの歴とした一国一城の主が、見事叫んで、結果、はもったぞvv
     て言うか、先頭が、武田家のお館様と言うのが、、、自分の将来が心配や(古)。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    日本語で頼む

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >3
    ホント日本語で頼む。それと、冗談でも余りソッチ方面に持って行くの
    止めてくれんかね?キモイんで!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    3です。
    言われて驚きました。
    確かに、日本語じゃない。不快にさせたのなら、謝ります、御免なさい。
    。。。。しかし、『そっち方面』と仰る事の見当は付きますが、その点は誤解です。貝になった立花道雪も、さぞかし、無敵だろう、と、言いたかったので。
    誉め言葉の積りでした。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    道雪が普段からどういう風に人間を観察しているかよくわかる話だな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4114-99bbc98f
この記事へのトラックバック