FC2ブログ

織田有楽の槍

2010年05月14日 00:02

702 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/05/13(木) 11:30:34 ID:KNduEBrv
「こたびの高名、いまにはじめぬ事なれども比類なき働きであった」
という家康の言葉に、有楽はかしこまって
「ありがたき上意にて候、老人に似合わざる任侠、さぞおかしく思召けんと存じ候へども、老後の思い出に
少々敵中へ打ちまじり候」


そこへ同席の井伊直政と本多忠勝が皮肉な笑いをうかべて囁いた

「ときに有楽殿が子孫長孝殿、敵将戸田武蔵守が兜を左の方より右の方へ突き抜れたるに、その際少しも損せず、高名といい、槍を申せ、まことに比類なき事にて候」

これは当然家康の耳にも入り、ただちに件の槍が運ばれた。

有楽から御側衆にわたされ、家康の手に移った瞬間。

鞘を外して持ちそこね、指に血がほとばしった。



家康は一向にかまわず鑑賞をつづけ

「じつに見事なる道具なり、大業しけるも理りなり、千子村正か」

と、何事もなかったかのように問うた。

もちろん有楽は家康の傷に気づいていて
「いかにも村正にて候、今日只今よりこの槍は指せまじ」
と憚るも、家康は「少しも苦しゅうないぞ」とむしろ上機嫌で村正の名槍に目を凝らした。

続く

704 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/05/13(木) 11:35:55 ID:KNduEBrv
702のつづき

家康が退出したのち、直政と忠勝が座興に乗じてこんな話をしはじめた。

「徳川次郎三郎清康公、天文四年十二月織田信秀を討ち取らるべきとて守山へ出張るの折、
御家人安倍大蔵大輔が息子弥七郎なる者、卒怱の間違いにて清康公を討奉る、
御嫡子徳川次郎三郎広忠公、これも御譜代の御家人岩松八弥なる者、
酒狂にて広忠公を突奉りしか、突損じて御股を突て逃げ行く所を、植松新六郎追いかけて八弥を討留めたり、

右両人の刀も村正なり」

と。

「さればこの村正、御三代不吉の作刀なり、われらが所持仕るべき筈にあらず」
と言って、有楽は槍をへし折ったという。


有楽の複雑な心境が伺える話。

705 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/05/13(木) 11:48:46 ID:KNduEBrv
>>702
>>704
の補足。

関ヶ原での話です、
規制が入って書いたり消したり書いたり消したりしてたら書き忘れてしまった…申し訳ないっ><




703 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 11:33:29 ID:tSZ9c/c7
幕末維新の志士はこぞって村正を佩刀したんだよね

706 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/13(木) 11:51:35 ID:25VSY0sm
有楽さんは色々周囲に気を遣う立場だからなあ……。
やっぱり織部と「この茶碗パネェ!」とかゲラゲラ笑ってる時が、
一番リラックスできたんじゃなかろうか。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    本多忠勝「よしこの蜻蛉切も短くするぞ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    伊達政宗「じゃあ俺はこの刀を」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    単純に徳川に村正愛好家が多かったってだけなんじゃ・・・

  4. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    昌幸「儂は無理じゃな、流石に舌は短くできんわ」

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ヒント:当時のポピュラーブランドで単にいっぱい流通してた

  6. 人間七七四年 | URL | -

    鬼義重「刀を短くするなんて・・・」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    有楽さん珍しく武将らしい槍働き!茶器以外も扱えたんだww

  8. 人間七七四年 | URL | -

    池宮彰一郎の小説か何かで三河から海渡ればすぐ伊勢だし安くていい刀だから三河武士は村正を使ってた人が多いとか書いてあったな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    村正はむらまさと書かれると別の意味で
    胸が熱くなる
    最近のシリーズだと最強武器じゃなくなってるが

  10. 人間七七四年 | URL | -

    つーか直政と忠勝が普段そんなキャラでもないのに有楽にパワーハラスメントして
    溜飲を下げたっていうのがこれの悪い話ポイントだね。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    >>10
    二人ともバリバリの武功派で頑固者だし
    外様で腰抜けの風評ある奴に対しては
    わりとこんな事普段から言ってそうなイメージがあるな。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >>10 三河だし・・・

  13. 人間七七四年 | URL | -

    忠勝「槍を短くするなんてよくないと思います」

  14. 人間七七四年 | URL | -

    有楽斎さんの貴重な武功話なんだからそんなにいじめてやなくても…
    ちょっと後味の悪い話

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4133-30335bac
この記事へのトラックバック