FC2ブログ

三好長慶の逡巡

2010年05月18日 00:00

801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 00:27:31 ID:TibQdhBv
天文十八年六月、摂津国。
江口城を攻囲する軍の本陣で、三好範長(長慶)は攻撃命令を出し渋っていた。
別に敗北を懸念していたわけではない。一度攻撃命令を発すれば、直ぐにも勝利を収めるものと確信している。
実際、江口城を囲むまでの一連の合戦で、近江六角氏からの援将新庄直忠(直頼の父)を討ち取るなど、
篭城軍の戦力には大きな損害を与えていた。

むしろ、情勢は城攻めを長引かせれば長引かせるほど、三好勢に不利である。
城方――細川晴元派は更なる増援を六角定頼に求め、これに応じて一万とも二万ともいう六角勢が、
定頼の嫡男義賢に率いられて観音寺を進発したともいう。
季節柄、淀川の増水に遮られてこの大軍も容易には到着することはないだろうが、何にしても時間は大敵なのだ。

(攻めれば勝てる。攻めねば負ける。それは間違いない……とはいえ、なぁ……)

それでも、範長は江口城を落とそうという気が起こらない。
否、攻めようという気すら起こらない。
なんとなれば、

(父の仇とはいえ宗三入道は近しい一族……命を奪うようなことは、道義にもとることではないのか)

――と、いうことなのである。

この前年、主君晴元に三好宗三入道政長の排除を求めて容れられず、
これを不満として阿波勢挙げての反乱に及び、こうして宗三入道を追い詰めてみたとは言うものの。
どうにも、いざとなると殺害という決断には躊躇が出てしまう範長なのだ。

「お兄ちゃんどいて、そいつ殺せない!」

などと三人の弟(除く記録のない冬長)らは叫ぶものの、身内を平気で殺すならそれこそ宗三入道と同じこと。
そんな短絡的な――だが実際的な決断が、正しいとはどうにも範長には思えなかったらしい。
だらだら長引かせていれば降服してくれないかな、とか、
いっそ六角軍が近くに来たら理由をつけて包囲を解けるかな、とか、雑念が沸いていたのかもしれない。

というか、とりあえず冬康に「鈴虫育てよーぜ兄者」とか言われる筋合いないと思うんだ、うん。

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 00:28:55 ID:TibQdhBv
……結局この「総大将の不決断」から生まれた膠着は、脳筋一存が痺れを切らせて手勢だけで突入する、
という異常事態をもって最終的に打破されることになる。
一存の正面攻撃に安宅隊が慌てて続き、さすがに弟たちを見捨てる選択肢はない範長が総攻撃を断じたのだ。
果たして江口城はたった一日の攻防戦で陥落し、宗三入道は討ち死にしたとも、敗走中に川で溺死したともいう。

この三好宗三入道の討ち死にが中央政界に及ぼした影響は極めて大きなもので、
有力かつ忠実な家臣を救援できず、みすみす失った細川晴元の政権は求心力を急速に失い、
近江での亡命が常態化してこの後ほどなく三好長慶の政権に取って代わられてしまうことになる。

しかし、この『一族殺し』は勝者である三好政権にも巨大な悪影響を与えたことは見逃せない。
概して三好長慶の兄弟たちは精神的にナイーブな人物が多く(除く脳味噌筋肉な一存さん。どうにも暗い話がない)、
この江口の戦いと天文二十二年の阿波国守護細川持隆(三好兄弟の恩人だった)殺害を経て、
三好兄弟の活動は極めて守勢に立つ類の元へと変質していくことになる。

事実、後年に三好三人衆や松永久秀近辺からは細川晴元や足利義輝殺害の案が度々出されながら、
長慶時代の三好宗家がそのプランに食指を動かすことは決してなかった。
長慶本人はたびたびこの二人の敵手から命を狙われながら、直接的な報復はなされることがなかったのだ。
その結果、三好政権は度々晴元、義輝に従う旧勢力の反攻を受け、基盤を固めきれずに終わることになる。

乱世の姦雄、と称される一人の踏ん切りの悪すぎるお話。




803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 07:01:44 ID:jOWnqalp
長慶さんはホントに苦労人ですなぁ・・・
なんか(´・ω・)カワイソス

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 08:02:10 ID:zX75R5zG
野口冬長がカウントされなかったかわいそうな話ですね分かります

805 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 11:03:52 ID:azuleDp5
>>801-802
超絶歌人だったりするし、ほんま繊細なところがあったんだろうな。
地元じゃ兄弟してかなりのコトをしでかして中央へ出ていった(守護殺し)し
勢力の広げ方も一代の傑物、奸雄には違いないんだけど

もし長~~生きして織豊政権の下で隠居したら南部信直や秋田実季ちゃんとお友達になれたかもしれない


806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/17(月) 14:27:10 ID:DGdsolJy
長慶の性格から、悪い話とは少し違う意味合いだと思うけどなw
恩人の細川持隆も三好義賢を殺そうとして結果返り討ちだからなぁ
平和になって阿波の政治ほったらかしで京に上って
阿波は義賢に任せっきりだったとも言われてるし
仇打ちが目的なのに何故か下剋上の権化と呼ばれ悪人扱いされる三好一族だが
それを言うなら、奸雄と言うならKIZAWAさんは何だって言うんだよw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    KIZAWAさんは下野あたりの3兄弟の友達です

  2. 人間七七四年 | URL | -

    KIZAWAさんは、謀将とか奸雄とか通り越してる、外道だと思います。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    KIZAWAさんはガチで周囲から憎まれて死んだ救いのない最期からいって絶対悪か何か

  4. 人間七七四年 | URL | -

    木沢さんか、きたない大関さんの爪のアカでものんでれば。。。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    KIZAWAさんは外道だけど、晴元に比べたらまだマシな人格だと思うんだ

  6. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    そうか?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    どう考えてもKIZAWAさんの方が悪党

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4155-9e595a84
この記事へのトラックバック