FC2ブログ

奥州四釜(しかま)氏、諸行無常

2010年05月23日 00:03

181 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 02:06:26 ID:MAf2C9uS
諸行無常

奥州仕置きで主家を失った家臣達は今でいうところの
会社の倒産したサラリーマンに似ている。
大崎・葛西一揆を始め和賀・稗貫の旧臣で
他家での恩恵を受けられたのは
仙台伊達家に仕えた「千葉氏」「及川氏」「氏家氏」など一握りの旧臣だけである。
ただ、石巻大崎氏家臣四釜隆秀系の「四釜(しかま)」氏などのように
他家へ奉公し、現在も山形~宮城に分布する
「志鎌」「色麻」「鹿間」各姓に子孫反映の心意気を感じる。




182 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 12:40:47 ID:kHM1D51c
色魔はいないかさすがに

183 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/22(土) 12:56:00 ID:gSOmRZ+5
宮城県北の佐藤・千葉・菅原・小野寺姓の多さは異常。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | SFo5/nok

    これだけあって、飾磨が無いのが、姫路出身としてはちょっと不満w

  2. 人間七七四年 | URL | -

    色麻町(四釜氏の本拠地)の河童神社には色魔伝説(姫のトイレの床下に河童がいた)がきちんと残っています。

  3. 93王子 | URL | -

    その子孫って訳か・・・。

  4. 彩姫 | URL | xJ7EnR5E

    私の苗字四釜で本籍地は山形…私の直系のご先祖だねたぶん!

  5. 四釜 健治 | URL | -

    確かに、戦国時代は大崎軍の一翼・・・更にその以前は斯波一族と共に・・・

    戦国時代は、色々な意味で楽しい時代ですね・・・今から観れば・・・当時生きていた人達は、それはそれは大変だったと思いますよ!どうやって生きていくか?どちらに加勢するか?一つ間違えれば自分だけではなく関係する一族の存亡に関わる時代でしたからね・・・

    「四釜一族」も、戦国時代は「大崎軍」の一翼として、現在の宮城県加美町、河童神社にほど近い公民館のあたりに城を構えていたようです・・・城と言うよりは舘と言った方が良いかもしれません。

    時代は次第に天下統一に近づき、天下人は織田信長公から豊臣秀吉公へと変わり、その影響は奥羽地方にも出て来た頃・・・伊達政宗公は独自に統一を考えており、婚姻関係をはじめありとあらゆる方法で戦略を展開していた様で、助けを求められれば表向きには「救援」「平和維持」として出陣!その為近隣との関係は複雑だったようだ・・・小田原参陣が遅れたのもそのような背景が影響したわけで、伊達軍としては最大の敗北となった「中新田の戦い」は、天候にも影響されたようだが、大軍ならではの大将同士の意見の食い違いから、大崎軍に大敗したもので、軍奉行・小山田筑前頼定を打ち取ったのが四釜であると「伊達秘鑑」に記されており鳴瀬川に花川が合流するあたりに「墓標」が建っている。

    しかし、時代の流れは止まらず・・・遅れながらも参陣した伊達政宗公は許され、南へ行く進路を絶たれたままの「大崎」「葛西」などは、その後「奥州仕置」の結果、色々な説は有るものの、散々となっていった・・・大崎軍の一翼だった「四釜一族」は、元々「大崎家」と兄弟であった「最上家」へ助けを求めたのが2/3、残りの1/3は伊達家に仕官し、幕末まで言わば肩身の狭い思いで武士を続けたようで、開国を迫るアメリカ・ペリー艦隊が表われた頃・・・北海道(当時は蝦夷地)にも、ロシア艦隊が時々現れるようになり、その警備のために幕府から奥州各藩に警備命令が出され、中でも一番大きな伊達藩は、今の北海道の南半分から北方四島までを担当させられ・・・その出張所として白老に「仙台陣屋」を構え、四釜家も当初から関係した様で、白老の仙台陣屋資料館に四釜の名が残る・・・しかし、これまた後に幕末と言われる時代・・・戊辰戦争から函館戦争を経て終戦・・・これもまた、伊達藩としては自慢できない歴史となり、詳しい資料は少ない・・・

    最上家を頼った四釜一族は、その後の最上家の内紛に伴い、武士から商売を始めた方々と、更に他家へ仕官した方々に分かれ・・伊達家に仕官した私達一族は、禄は少ないながらも最後まで武士を通したが、伊達藩独特の町屋敷の他に「在郷屋敷」を与えられ、当初から「半農半武」の生活だったようで・・・どちらが良かったかは、今となっては分からないが、菩提寺が仙台北山に有る「覚範寺」で、最上義光(よしあき)公の妹で、伊達政宗公の母親「義姫」のお墓が有るのも、ご縁を感じる。

    私は、更に仙台から白石に分家となった末裔でして、菩提寺は同じ臨済宗の瑞祥寺です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4193-225f4a1f
この記事へのトラックバック