FC2ブログ

知恵伊豆のターンだ!

2010年05月24日 00:01

208 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/23(日) 01:18:41 ID:gJPj5ugN
元和九年(1623)4月のこと。
老中酒井忠勝は、途方にくれていた。

この13日に将軍世子徳川家光は日光東照宮への参拝を予定していたのだが、その家光からの番割(参拝における
行列の計画表)の提出が、遅れに遅れていたのだ。参拝とは言え将軍世子の行列である。当然規模も大きく
その移動には多くの準備が必要である。が、その計画表が上がってこないことにはどうにも出来ない。

焦る忠勝の元に、ギリギリになって番割は提出された。しかしホッとしたのもつかの間、忠勝はそれを見て驚いた。
それはごく細かいことまでありとあらゆることが指定された長大なもので、何と一巻の巻物になっていたのだ。

「そりゃあ時間がかかるわけだ」

と半ば呆れ半ば感心したが、忠勝に取ってはそう感心するだけでは事は済まない。この家光から出された計画表を
きちんと実行しなければ、自分の不手際になるのである。しかし…

「これを滞りなく実行するには、現場に最低でも数部をコピーして渡し、周知徹底させねばならない。
だが右筆たちに写させても。この長大な文章では、期限までに間に合わない!」

当時、写筆は一人が丸々書くのが常識だった。なのでどう考えても、期日までに必要な数の写しを用意するのは無理である。
そういうわけで途方にくれていたのだ。
と、

そこに通りかかったのが知恵伊豆、松平信綱である!

「たすけてー!知恵伊豆えもん~!!」

知恵伊豆なら何とかしてくれる!酒井忠勝は信綱に泣きついた。

「しょうがないなあ忠勝くんは。ボクが何とかしてみるよ!」

信綱は番割の巻物を借り受けると、江戸城中の右筆数十人を呼び集めた!
そして彼らの前で

「ここからは知恵伊豆のターンだ!先ずこの番割の巻物、これを半紙一枚ごとの長さでカットする!」

「ええ!?切り刻む!?」

「そうだ!後で順番を間違えないよう印をつけた上でな!そして右筆一人当たり2,3枚を割り当てる!
お前たちはその自分に任されたものだけを写せ!そして書き上がったものを後で張り合わせる!」

「分業体制!!」

「それぞれの筆跡の違いを気にすることはないぞ?実務に使うテキストだ。そんなことはどうでもいい。
さあお前たち、一斉に書き上げろ!」

「ははーっ!」

こうして信綱はたちまち、数部の写しを作り上げた。
酒井忠勝は大喜びでこれを受け取り、家光の日光参拝は無事、滞り無く行われた。

当時の常識を持ち前の合理主義で軽々と飛び越え見事に目的を果たした、
知恵伊豆の名の面目躍如たるお話。




209 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/23(日) 01:25:15 ID:dzH6RIJS
>>208
>「分業体制!!」
ワロタwww
こういう気の利いた(?)文章好きだわ乙

210 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/23(日) 01:26:33 ID:dz5Tt2V+
>>208
「知恵伊豆」と聞いて志村伊豆守光安がそわそわしております。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    春日局健在の頃の話だよな…あのオバハンこの手の順番とか煩そうだもんな

  2. 名無しさん | URL | -

    アダム・スミスの生まれる、100年前の出来事である。

    まさにコロンブスの卵やね~

  3. 御神楽 | URL | -

    現代にも通じる話だね。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    校歌に入ってる知恵伊豆と
    我等が関東奉行伊奈忠次は
    俺の誇りだ!@伊奈町民

  5. 人間七七四年 | URL | -

    …うちの旦那様も官名は「伊豆守」なんだけどな…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >>※5
    オタクの旦那さんの知恵はもっぱら親族の不始末のフォローと蓄財に向いてますので…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    官名のイメージってあるよね。

    武蔵守は武勇に長けてる。
    伊豆守は智謀に長けてる。

    それぞれの家中で「ウチの家で武勇第一の人間にはこの官職を!」って規定とか、慣例みたいなのはあったのかなぁ?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    信綱がまだ二十代の頃の話だね。若くして既に知恵者と知られていたんだ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >※8
    …うちの旦那様だって、ちゃんと仕事してるのに…家名をちゃんと残したんだよ、
    旦那様は…
    なんで影が薄いのかしら…

  10. 人間七七四年 | URL | GYFHHins

    >※9
    御父上と、弟君と、奥様のせいではないでしょうか…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4199-ee9d1a65
この記事へのトラックバック