FC2ブログ

が、ご存知のように為信は

2010年05月28日 00:00

47 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/27(木) 20:18:30 ID:vcACwl9J
元亀二年、津軽為信が南部家に反旗を翻し、石川高信を自害せしめた。

これを喜んだのが、安東愛季である。
南部家とは、北奥羽の覇権をめぐって父祖代々争ってきた間柄。
為信の蜂起はもっけの幸いだった。
愛季は近隣の豪族に為信救援を依頼したり、鉄砲を送ったりと支援を続けた。

が、ご存知のように為信はそんな甘い男ではなかった。
天正六年、愛季の娘が嫁ぐ浪岡氏を奇襲、これを滅ぼして勢力を拡大させる。
愛季はこの裏切り行為に激怒し、即座に為信討伐を決意。
翌年には、比内諸将を連合させ、津軽へ攻め込ませた。

が、ご存知のように為信はそんな甘い男ではない。
愛季自らも北へ向かおうとしたその時、羽前は庄内の大宝寺義氏が攻め込んできたのだ。
そう、あらかじめ為信が手を結んでいたのである。
愛季は防戦に赴かざるを得ず、比内諸将は為信に打ち破られてしまった。
そして二度と、津軽侵攻軍を起こすことはなかった。

ブチ切れた愛季は、山形などと連絡して大宝寺包囲網を築き上げるが、それはまた別の話である。




48 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/28(金) 09:33:01 ID:AqOHyaic
為信のいい話に見える

49 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/28(金) 11:19:36 ID:b5aVda7J
いい話に見える人と悪い話に見える人で津軽よりか南部よりか分かるリトマス試験話

52 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/05/28(金) 20:11:45 ID:BdKI19Y8
>>49
郷土の英雄・愛季たん派
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | /02qLiNA

    為信の戦略眼は宇喜多直家に通じるものを感じるわ

  2. 人間七七四年 | URL | -

    奥羽諸家における外交の距離的なスケールはハンパないなw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    各小領地数万石・数千石の盗り合いだと、謀略戦が逆に生々しく感じるな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    奥羽の戦国は他とは微妙に色合いが違っていいよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4218-5e406dbb
この記事へのトラックバック