FC2ブログ

居眠りした小姓の松平長四郎と徳川秀忠

2010年06月02日 00:00

424 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 16:12:20 ID:c5e7FaN5
慶長九年(1604)のある夜の事だそうだ。

その日徳川秀忠は大奥に渡った。この時小姓の松平長四郎、当時9歳が太刀持ちとして途中まで従い、
大奥の手前の薄暗い廊下の隅で控えた。が、そこでついつい居眠りを始めてしまった。

さて、しばらくして秀忠が戻ってくると、長四郎が居眠りしているのを見つけた。しかし秀忠

「慣れない勤めで疲れが出たのであろう。起こすのもかわいそうだ。」

と、黙って太刀置きの太刀を取り、そのまま戻ろうとした。ところが丁度この時、長四郎が目を覚ました

「何者!?」

目がさめたばかりの長四郎は、自分が居眠りしている間に曲者が秀忠の太刀を奪ったと考えた。
長四郎、秀忠の背中にしがみつき

「やるまいぞ!やるまいぞ!」

と叫び、太刀を取り返そうとした。

「馬鹿者、わしだ。」

そう言われ長四郎はようやく、自分がしがみついているのが秀忠だと気がついた。

「御無礼仕りました!」
すぐに秀忠から離れ畏まった。居眠りした上に主人を曲者と間違いしがみついた。幼い長四郎であっても、
これは重い罰を受ける、切腹もありうる。そう、覚悟した。
しかし

「長四郎?」

「ははっ」

「その心がけ、忘れるでないぞ。」

秀忠はそれだけをいい、長四郎の無礼を一切咎めなかった。
そしてこれから間もなく、松平長四郎は秀忠の嫡子、竹千代の小姓に抜擢された。

この松平長四郎、長じて伊豆守信綱と名乗る。そう、後の知恵伊豆とはこの人である。

徳川秀忠、知恵伊豆を見出す。と言うお話。




425 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 16:16:46 ID:joYYf+pO
むしろ斬らないとダメだろこれ

426 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 16:18:48 ID:5mfxDUmU
秀忠のいい話だとは思うが、見出すってのとは違うと思う。

427 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 16:25:59 ID:oQE/xcB5
長四郎「やるまいぞ!やるまいぞ!」
秀忠「ゆるさせられい!ゆるさせられい!てわしは次郎冠者かい」

428 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 17:10:16 ID:BV0sUGKQ
長四郎「俺の名前は引導代わりだ!迷わず地獄に落ちるがいい!」

429 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 18:03:05 ID:H8T/qTk4
>>427
わろww

430 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 18:22:55 ID:5oN1f8+3
>>428
長七郎w
そういや長七郎江戸日記って知恵伊豆でてくるんだよな

431 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 20:26:37 ID:6zCLT3Jf
知恵伊豆さんはこのスレでは実はかなり人気がある気がする
ネタじゃなく正統派系の
武の立花婿殿、文の知恵伊豆みたいな

433 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 21:18:10 ID:+c49EMy3
信綱って知恵伊豆というわりに考えの浅さを説教される話多いな
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3554.html
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3614.html
ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4236.html

434 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 21:20:22 ID:e99agKuM
才気ばしった知恵なんだろ

435 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 21:27:24 ID:CRuQ/l61
失敗から多くを学んだんだろう
つうか、愛されてなきゃ説教されないんだぜ…
説教って結構疲れるしな

436 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 21:46:16 ID:l+zhO2Mi
>>430
長七郎は駿河大納言の忘れ形見だったっけかね
伝説だと、それこそ黄門様さまみたいな感じで旅してるんじゃないかい

437 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 22:02:56 ID:NYf/qjT6
知恵伊豆さんは若い頃の官兵衛さんで土井さんは隆景さん って感じかな~


438 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 22:28:40 ID:oQE/xcB5
しかし明暦の大火の後の手際が良すぎたせいで
なぜか陰謀論では保科正之とともに放火魔扱いされる知恵伊豆であった
(本妙寺が、本当の火元は隣の老中阿部忠秋の屋敷だ、といいだしたせいだけど)

439 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 23:11:35 ID:c5e7FaN5
>>438
小説だとその他駿河大納言忠長の改易、切腹も、荒木又右衛門の鍵屋の辻の決闘も、
もちろん島原の乱も(そして島原の乱の板倉重昌の討死も)、全部知恵伊豆の陰謀にされたりするなw

どれだけ恐ろしい男なんだ知恵伊豆。

440 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 23:14:00 ID:oQE/xcB5
>>439
ついでに由井正雪の乱の首謀者も知恵伊豆としている小説もあるな
(自分が知っている限り2冊)

441 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/01(火) 23:23:40 ID:Zc1KHUrd
現代の作家はそんなに知恵伊豆が嫌いなのかw
当時の人には好かれていたのかな?
442 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 00:44:42 ID:7kzTi/0P
        ::::::::::::::::∧口∧   そうやってなんでも
        ::::::::: ( ::;;;;;;;;:)      知恵伊豆のせいにしてりゃいいさ…
          _..  /⌒:::;;;;;ヽ
-― ―'ー'-''―-''/ / ::;;;;;;;;:| |―'''ー'-''――'`'
 ,,  '''' .  ''''' と./ゝ_;_;_ノヽつ   、、, ''"
    ,,, ''  ,,,    ::;;;;;;;;;::: ,,  '''''  ,,,,

443 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 01:01:34 ID:d+3w5l+H
まるで三成だ

444 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 01:08:34 ID:iQ3v9O9R
知恵伊豆は明暦の大火の後、焼け落ちた江戸城の城門をほったらかしにして
江戸市街地の復旧を優先させるとか、民衆受けするポイントを心得てるよね

445 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 01:18:19 ID:ZVomUtX/
>>441
家光が死んだときに殉死しなかった〈家光の遺命で〉からって色々いわれたみたいよ。

伊豆まめは豆腐にしてはよけれども
役に立たぬはきらずなりけり
仕置だてせずとも御代はまつだいら
ここにいずとも死出の供せよ
とか
〈弱臣院殿前拾遺豆州太守殉死斟酌大居士(じゃくしいんでんさきのしゅういずしゅうのたいしゅじゅんししんしゃくだいこじ)〉
とかね

446 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 01:40:30 ID:6Bk3EFwR
>>445
それに信綱は「幼君残して殉死するような人間が忠臣とかアホか!」って言ってたな。
そういう合理的でスマートな意識の持ち主だった。

447 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 01:54:46 ID:VTJVT3D7
ほぼ同格の堀田正盛は殉死したよね

448 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 05:55:21 ID:pcIOTlHR
志木沢郁の『立花宗茂』では、宗茂が三成と知恵伊豆に同じキャラクタを感じ取っていたな

453 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/06/02(水) 13:48:31 ID:lumBKGsT
>>447
堀田正盛は家光とウホウホな関係だったからね。

455 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/02(水) 19:15:33 ID:JXj2uosF
>>446
合理主義者は、同時代人から色々と言われて後世に悪名を残して、現代になってから再評価されるむきがあるのかな
とんちの効く人は、同時代でも人気者にナリそうだが
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >441
    フィクション的に扱いやすいだけじゃないの柳生一族と同じように。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >441
    フィクション的に扱いやすいだけじゃないの柳生一族のように。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    秀忠・宗矩「他人事とは思えない」

  4. 人間七七四年 | URL | -

    有名人はつらいね、ということさ。
    創作的なこんな話すら作ってもらえない、
    数多の同僚達がカワイソス

  5. 人間七七四年 | URL | -

    隆慶一郎のことですねわかります>>知恵伊豆嫌いの作家

    というか知恵伊豆って、
    「江戸時代に生まれた石田三成」って感じなんだよなー。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    知恵と言っても昨日上がってた「知恵伊豆の名案?」の話で土居さんに叱られたみたいに
    家光の無理難題をどうにかするって話が多すぎるんだよなあ

    その辺が人によって「上司に媚びる悪官僚」と見られちゃうのかも

  7. 人間七七四年 | URL | -

    確かに戦乱の時代に生まれてたら危ういタイプって気もする

  8. 人間七七四年 | URL | -

    兵法扱ったら趙括や馬謖になっちゃう可能性は大いにあるなw
    ただ、知恵伊豆さんは治世に活躍した人だし土井さんみたいに適切にアドバイスや説教してくれる人がいたのが良かったんだろう
    こういう人らがいなかったら治世でもガチの佞臣になって歴史書に悪名を持って語られただろうな

  9. 人間七七四年 | URL | -

    事実からフィクションに
    さらにそこから物語を呼び
    しまいには神機力都知事になってるしなあ
    知恵伊豆さん

  10. 人間七七四年 | URL | -

    隆慶一郎が知恵伊豆悪者にしたのって「死ぬことと見つけたり」だけじゃね?
    それでも頭はいいし幕府のこと考えてるし。佐賀藩をいたぶってストレス解消するキャラってだけで

  11. 人間七七四年 | URL | -

    土井や酒井や阿部と違って、いじりやすいキャラなんだと思う。


    一人、ノリが高い。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    長七郎江戸日記また見たいのう

  13. 人間七七四年 | URL | -

    427
    吹いたww

  14. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    隆慶センセは秀忠ラブと宗矩ラブが激しすぎて智恵伊豆はちょっと普通に見えちゃうなw あと酒井忠清もロクな描かれ方してなかった(吉原御免状シリーズ)けど、カムイ伝あたりからよくある話の構図でもあり

  15. 人間七七四年 | URL | -

    >>427の秀忠が西田秀忠でしか再生されないwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4239-4febc2e6
この記事へのトラックバック