FC2ブログ

雷おじいちゃん「そんな卑怯な振る舞いはできぬ」

2010年06月06日 00:00

562 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/05(土) 20:55:16 ID:AaHQbu9p

スレ汚しのお詫びに一つ雷おじいちゃんのお話

立花山城の城主として博多並びに筑前の要として周辺の敵対勢力に睨みを利かせていた時の事
当時博多は商いのために人が行き交う先進の国際都市
そのためか見世物小屋なんかもあり盛況であったという
その見世物小屋にお忍びで訪れたのが秋月種実
そう道雪にとっては毛利と組み、筑前を中心に反大友として蠢動する敵勢力の首魁である

お忍びで訪れているため当然種実は少人数が随行するばかり
これを聞きつけた立花家家臣の一人が道雪に種実を襲撃を注進する
しかし、道雪は「そんな卑怯な振る舞いはできぬ」と拒絶するのだが、これでは信用できないのか、黙って
立ち去らすのもなんだと思ったのか分からないが種実に

「なんか部下に襲ったらって言われたけど、気が進まないから止めました。
 でも、その部下が勝手に襲っちゃうかもしれないから警護をつけるからヨロシクね」
と一隊を派遣し警護をして無事に種実をその領地まで送り届けるのである

雷じいちゃんの正々堂々としたいい話
だけどこの時の秋月種実にしてみれば正直、護衛にいつ襲われるかって言う恐怖もあったんだろうな…

ちなみに元ネタは名将言行録の上うろ覚えで乱文雑文、失礼しました




565 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/05(土) 21:32:11 ID:Te7tWz/3
堺と同じで、博多はアジールだったから、領主間の争いは持ち込めない。
もし無視して秋月を殺してたら、博多での立花家の立場はかなり微妙なものとなっただろうな。
そこら辺も計算の上での行動だろうね。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    未だに商工の町人が強い町やその地域は、共通して祭りが派手だねえ。博多しかり岸和田しかり

  2. 人間七七四年 | URL | -

    あんたの行動は知れているという道雪からの無言の圧力のようにも思えるw
    怖いって実際w

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4260-61f6e71d
この記事へのトラックバック