FC2ブログ

あるとき、徳川義直少年はお弁当を作らせていました。

2010年06月10日 00:02

686 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 20:09:50 ID:kHSGsWv+
あるとき、徳川義直少年はお弁当を作らせていました。
これから鷹狩りに出かけるのでランチにしようというのですね。
おっと、お父さんの家康さんがやって来たみたいですよ。

家康「坊や、何をしているんだい?」
義直「はい。お弁当を作らせました」
家康「おお、そうかそうか。お弁当かあ。



Back come on!!
野宿上等の武士が弁当なんか作ってんじゃねー!!」

おやおや、義直くん怒られてしまいました。
この後、義直くんは疲れて休んでいると家来の人がやって来ました。

家来「お疲れでしょう。この焼き飯でも召し上がって下さい」
義直「あっ!?そういうのはダメだって父上が言ってたぞ!」
家来「はっはっは。大殿さまは『腐らない口糧にせよ』と仰りたかったのですよ」
義直「・・・・・・」

そういうオチだったんですね。
きっとこうして徳川家のめんどくささは受け継がれていったのでしょうめでたしめでたし。




689 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 20:19:26 ID:RmJYMvP5
>>686
まぁ、当時の『弁当』だから、今のケータリング頼むようなものだったんだろうな。
倹約家で、戦場では可能な限り身軽にするよう心掛けてた家康には、絶対に許せない所だね。

691 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 20:43:03 ID:Xs3bpVMc
>>686
立花宗茂「???腐る前にお弁当全部食べればいいじゃん。もちろん戦陣でも。」

692 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 20:48:45 ID:AS9oK0jJ
吉川広家「今、弁当食べてる最中」

693 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 20:50:23 ID:+r6mneRs
上杉謙信「酒と塩さえあれば、それで十分」

694 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 20:57:02 ID:uvh/uZtW
宇喜多さん家のあの人「皆さんお茶ドゾー」
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    宗茂公の真似をしたら、普通命がいくつあっても足りませぬ。

  2. 人間七七四年 | URL | Pnsj6K02

    最後のお茶で全滅するじゃまいかw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    焼き味噌なら即座にでも…。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    >691~694
    何かこのメンバー全員に不安を覚えざるを得ないよwww

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4287-166a8db8
この記事へのトラックバック