FC2ブログ

北条氏康、小田原に立ち寄ったとある高僧に

2010年06月11日 00:00

695 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 21:10:29 ID:eDy/G+WH
旅の途中、小田原に立ち寄ったある高僧が氏康に言った。
「河越での戦いといい独自の善政といい、あなたは文武に優れた名将だと
他国でも知れ渡っていますよ。本当に素晴らしいことです!!」

対する氏康は、
「それらは私の功績ではありません。私の手となり足となり働いてくれた
家臣たちの功績です。褒めるならその者たちを褒めてあげてください」

僧はそれを聞いて、氏康の謙虚さに感心するばかりであったとか。




697 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/09(水) 23:37:04 ID:vNJHUVxE
そして相変わらずつまらない優等生な受け答えをする北条さん
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    そう言える人の方が貴重な気がするよ。
    最近のガキ共は「褒められて当然・認められて当然」って奴が多いんだから!!

  2. 人間七七四年 | URL | -

    そうじゃないガキが今までいなかったのだろうか本質的には昔から変わらんよ
    戦前はまた違ったかもしれないが少なくとも
    今、最近のガキはとか言っている連中がガキであったころも似たようなものだったろうに

  3. 人間七七四年 | URL | -

    氏康が言うから「ああ、謙虚なんだなあ・・・すげーなあ」ってなる話で
    これが小田さんが「部下を褒めてください(キリッ」なんていったら「ごもっともですね(嘲笑)」になるんだしw
    だからおもしろくないとかそういうんじゃなくて、氏康の器のドデカイ話ってことで終わりでいいじゃないさ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    近頃の若いやつはとよく言うけれど♪
    自分のころよりだいぶマシ♪

  5. 人間七七四年 | URL | -

    ここ数十年の上がり下がりは色々あるだろうが、江戸以前と比べたら日本人は完全に美しさを失ったな。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    米1
    人間誰しも認められたい欲を持ってるんだから当然の帰結じゃないか?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    戦国時代は感情の抑制なんかしてきてない連中が大半なんだから
    謙虚になれるのはそれだけで凄いと思う

  8. 人間七七四年 | URL | -

    このスレ的には奇行が求められちゃうからなw
    達磨大師みたく、褒められたら突然ぶちぎれるとか

  9. 人間七七四年 | URL | -

    氏康さんらしいっす

  10. 人間七七四年 | URL | -

    「褒められて当然・認められて当然」
    これもあるけど、
    「俺が褒められないのは、○○の教育が悪い。俺は悪くない」
    最近はこっちだと思う

  11. 人間七七四年 | URL | -

    立花道雪:褒めるも叱るも必要ない。教育とは基本は見守る事だ。


    <<●>> д <<●>>  ギロッ!!!

  12. 人間七七四年 | URL | -

    婿殿:……。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    悪家久の舅「…………………」(わしも同じようなこといってるのにorz)

  14. 人間七七四年 | URL | -

    高僧が高増に見えた

  15. 人間七七四年 | URL | -

    13殿、ここを見ている人なら皆さん知っている
    から大丈夫ですよー。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    的外れな若者批判してるけど
    この逸話は、ちゃんと部下の働きを認めて褒めれる
    氏康は素晴らしいって言う逸話だろ
    読解能力の低さが深刻で、お前らのが心配だわ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4292-44dc344f
この記事へのトラックバック