FC2ブログ

左甚五郎その2:薬師堂建立

2010年06月20日 00:02

470 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/19(土) 17:57:57 ID:fASr5E8P
現在の埼玉県越谷市。歴史はあるがすっかり荒廃した薬師堂があった。
ある時、日光東照宮の修理に向かう大工がこの薬師堂の近くを通りかかった際、夕
立に降られてしまった。

大工は薬師堂で雨宿りをしたのだが、荒廃していた堂は隙間風が吹き込み、雨漏り
も酷い。
この有様を見た彼は、

「もう夕方だし、今夜はこのままこのお堂に泊めていただこう。その代わり、一泊
の礼として私に出来る限りの修理をさせていただこう。きっと薬師如来にも喜んで
いただけるに違いない」

翌朝、大工が日光に向けて旅立った後、村人達は薬師堂を見て仰天した。

「あ、新しくなってる……!!」
「いつのまに立て直したんだ!?」

そう、大工は一晩にして「修理」どころか新しいお堂を「建立」してしまったので
ある。

その大工の名を左甚五郎と言う。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    全盛期の左甚五郎伝説

    一眠りしただけでお堂を建立した

  2. 名無しさん@お腹いっぱい。 | URL | -

    いや、最初から雨宿り小屋をつくれよw

  3. 人生七七四年 | URL | -

    なんとゆうことでしょう。
    廃屋だった寺が匠の腕にかかると一晩で生まれ変わりましたw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    左甚五郎が一晩で(ry

  5. 人間七七四年 | URL | -

    まさにダイナミック建立

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4323-0ebcfde0
この記事へのトラックバック