FC2ブログ

信じない男

2010年06月22日 00:00

森忠政   
518 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 21:19:12 ID:exf9XOVU
信じない男


慶長8年(1603年)津山藩主、森忠政は新たに藩政の要となる城を鶴山の地に建てることを決めた。(後の津山城)
当時、鶴山には鶴山城がありそれを中心に神社・仏閣や集落などが既に形成されていたのだが忠政は
そんな辺鄙な城下町ではなく
新たに大規模な城郭都市を形成することを計画していたので神社・仏閣は移転させ、集落の住民も山下に移住させた。

そんな移転された神社の一つが『鶴山八幡宮』である。
この神社は名前通り鶴山に建っていたから鶴山八幡宮だったのだが近くにある覗山という場所に移されてしまった。

それから5年後の慶長13年(1608年)、忠政は鶴山八幡宮大祭の前日に、宴を催した。そしてその夜、忠政が
眠ったあとの事。
「鶴山八幡宮の神」を名乗る翁が忠政の枕元に立ってこう言った。


翁「そなたの信仰の厚さは分かった。しかしながら今、この社が立っている場所は以前の地より他群である。
  すみやかに前いた郡の西北の地に遷宮せよ。必ず国家の鎮護となるであろう。」


翌日、この夢を見た忠政は内容をしっかりと覚えていたが「最近は臓物の具合が悪いのでおかしな夢を見た」と、
とても現実的な結論を出しスルーした。
そしてその日の夜も同じ夢を見せられたが、これもまた体調のせいにして無視をした。しかしながらまた
次の日の夜にも神が現れ同じ夢を見せてきた。
これで3夜連続で同じ夢を見せられたことになる・・・ようやく忠政もこの夢の内容が気になってきたので
鶴山八幡宮の神主と家臣の伴惟利に郡内で良い移転先を探すように命じた。

神主は神に良き移転先について八幡宮の神に伺いをたてると「城の乾(西北)、十六夜山がいい」
との神託が下ったので伴はそれを結果として報告した。
驚いたのは忠政である。夢の内容などもちろん誰にも口外していないが、まさにお告げ通りの結果が出たのだ。

忠政は、即刻家臣に命じて十六夜山に社殿を造営して、久米郡の覗山より返遷し、神器を奉納した。
こうして現在の位置に鶴山八幡宮は移ったのである。



520 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 22:41:16 ID:0hqnizAe
>>518
忠政の枕元に立ってたのは八幡宮の神主とかいうオチはないのか

521 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/21(月) 22:53:07 ID:s76c9VdC
>>520
八幡宮の神主はどんなすご腕忍者だよw

522 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/22(火) 10:42:35 ID:kWT/FMYl
>>520
それ切られるから
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これが兄なら・・・

  2. 人間七七四年 | URL | -

    有無を言わさない辺りに森家クォリティを感じた。

    普段非常識なくせに変なときだけ冷静だなw

  3. 人間七七四年 | URL | -

    森一族相手なら夢枕に自ら立ったのは正解。
    下手に使いなんかだすと、話がややこしくなるだけw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    神社の神から御使いついた
    鬼武蔵ったら聞かずに裂いた

  5. 人間七七四年 | URL | -

    森家の人間なら、神様仏様だろうと殺れそうな気がしてならないw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    忠政退治するのは桃のみw
    兄貴は一応鉄砲で退治出来たけどあれは本当に普通の鉛玉なんだろうか?銀の弾丸かもしれないなあ。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    無茶苦茶地元w
    ちなみに鶴山八幡宮を見下ろすように築かれてるお宮は旧国宝の総社宮
    建立はモトナリモーリだよ

  8. 人間七七四年 | URL | -

    「何度も枕元に立たれてウザかったので神社壊した」みたいなオチがつくのかとヒヤヒヤしたw

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※5
    鬼いちゃん小牧長久手のとき二神ほど殺っちゃってたような

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4338-8751c6d5
この記事へのトラックバック