FC2ブログ

石田三成呼吸をするように

2010年06月25日 00:01

542 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/23(水) 23:30:20 ID:rUNvThIF
かつては下野東部に覇を唱え、宇都宮家や佐竹家相手に武威を張った那須七騎。
そんな彼らもさっさと豊臣秀吉に拝謁を済ませた大関、大田原両家を除き、
小田原征伐までもたもた旗幟を鮮明にしなかったため戦後大きく所領を減らされ、
概ね元の五分の一から十分の一、二千石から一千石未満までに所領を減知されてしまった。
小田原開城までシカトしてた主家たる那須家に至っては改易処分である。

そんなこんなで経済的にへろへろになった那須七騎だったが、それでもお勤めは待ったなし。
天正十九年には浅野長政に属して大坂詰めの任務が言い渡された。
一万石、二万石の領主であった昔はともかく、数千石の少録の身では遠隔の地での常勤は経済的に厳しい。
見かねた浅野長政は那須七騎(マイナス1)を呼び出し、
「君ら、二人除いて小身になっちゃったし。無理に詰めないでも、連番で出仕したらいいよ」
と言い渡した。大身のままの大関と大田原も順繰りに帰っていいことになってるのは謎だ。

さて、那須七騎(マイナス1)は大いに喜び、早速帰国の順番を相談する。
結果、伊王野資信と芦野盛泰がまず最初に帰国することとなり、早速大坂を出立した。



で、浅野と仲の悪い告げ口魔に見つかった。

「那須の輩は不届き千万で御座います。誰からの指示もないまま、勝手に帰国し申した」

その告げ口に激怒したラスボスは即座に早馬を立てて伊王野と芦野を呼び戻した。
既に下野に入国していた両名は慌てて大坂に馳せ戻り秀吉に詫び、
関八州を委ねられていた徳川家康の取り成しもあってなんとかかんとか事無きを得た。
この一件によって那須七騎の豊臣政権への不満と、告げ口魔への憎悪が募ったとのは言うまでもない。

ではその告げ口魔、誰かといえば恐らくは想像がおつきであろう。
石田治部少輔三成その人である。

これから九年後の慶長五年、関が原の合戦では那須衆はひとつの例外もなく徳川方に参じ、
上杉景勝との合戦に軍功があったそうな。
那須町誌には那須衆の一糸乱れぬ徳川方加勢の姿勢のその理由を、この時の怨恨大なるが故としている。

以上、石田三成呼吸をするように敵を作るというお話。




543 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/23(水) 23:46:56 ID:1ZqDeE6x
大関<全部計算どおり

544 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 00:12:00 ID:jE0dtj9u
弱小の那須衆が、近接する徳川家に敵対したら
一瞬で踏み潰されちゃうからなぁ

545 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 00:35:07 ID:jwdV7r1M
那須本家もう復活してなかったっけ?

まぁどっちにしろ全部徳川に付いたんだけども。

546 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 00:41:05 ID:/PguvnW1
まあちょっと穿った見方をすると、那須衆が処分されるのはその申次である浅野長政と
東国の安定に責任を持つ徳川家康に取って政治的なマイナス要因になるので、
それらと対立している石田三成としては当然の指摘ではあっただろうね。

547 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 00:50:52 ID:P3w4570S
巻き込まれた現場の人間にとってはたまったもんじゃないな
三成にしても嫌われて構わない相手を選んでやってはいたんだろうが
人間どこで人の繋がりがあるかわからないもんだしな

548 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 00:54:43 ID:dJdOwqih
これ一番悪いのは浅野だよなぁ…
一言太閤に言っておきさえすれば何の問題も無かったのに

550 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 00:58:56 ID:Q1vV3FHv
大関高増「汚いな石田さすがきたない」
大田原晴清「たしかに告げ口するのは勝手だがそれなりの言い方があるでしょう?」
福原資孝「俺はこれで治部きらいになったなあもりにもひきょう過ぎるでしょう?」

551 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 01:07:47 ID:Hsh3LmOs
那須七騎マイナス壱の件だけど三成は職分を果たしただけじゃねぇの?

普通秀吉かその取次やってる部下に挨拶して帰るもんだと思うが。

552 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/06/24(木) 01:14:44 ID:EzP3FuHk
>>550
改易されろw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    ああ、なんて治部らしい
    杓子定規だからなあ。「俺間違ってないよね。正しいことやってるよね」と思ったら、他人の気持ち考えずにやっちゃうから
    でもそこが好き

  2. 人間七七四年 | URL | -

    なんでも治部が悪い、なんだな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    とりあえず主君出し抜いた上に領地復活の要望も出そうとすらしないし、豊臣政権下で加増貰ってるけど空気読んで東軍についてまた更に加増貰った大関は悪い子

  4. 人間七七四年 | URL | -

    まあ、浅野と石田の対立で石田は那須のを浅野派とみたからというのもあるんじゃないか
    浅野は浅野で宇都宮讒言したのは石田寄りだからと言うのもあるし

  5. 人間七七四年 | URL | -

    伊王野<那須七騎殿達も大変でござるなwwwwwww

  6. 人間七七四年 | URL | -

    いつの間にか大関の悪い話になっててワロタw

  7. 人間七七四年 | URL | -

    そんな治部が大好きですww

  8. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    日頃の行いが悪いと何でも胡散臭く見えてしまうという例ですね。
    いや、大関さんの話ね。

  9. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

    浅野と仲悪いと聞いて、東北DQN王かと思ったw

  10. 人間七七四年 | URL | -

    治部のこういう融通のきかなさとか、よくわかる……
    そこも魅力ではあるんだろうが、敵意を向けられた人間からしてみりゃたまったもんじゃないよな
    先祖が治部を嫌いだった(らしい)理由もよくわかる

  11. 人間七七四年 | URL | -

    東北のDQN王は浅野への絶縁状に報告してくれない分配してくれない返してくれない等書き連ねてるが、こういうの見るとあながちDQNの言いかがりでもなく浅野の仕事は何かと適当だったのかなと思うな。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉政権下では信長時代の池田みたいな存在にちょっとなってたのかな、浅野は。まあ、秀吉はそんな遠慮はしてないが

  13. 人間七七四年 | URL | -

    私、友人に三成に似ていると言われました
    …喜んでいいのでしょうか

  14. 人間七七四年 | URL | -

    というより、浅野がなんでもかんでもやらされ過ぎて手が回らなかったんじゃないの?

    ↑※
    その人が三成をどう思ってるかに寄るのでは。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    あーやっぱり三成嫌いだわ…

  16. 人間七七四年 | URL | -

    これは浅野の悪い話。
    取次を通さずに話できないんだから、浅野がすぐに秀吉の許可をもらわないと。
    治部が浅野に注意することはできないし、知っていて秀吉に黙ってるのも不忠。
    この場合、治部は正しい。
    …正しいんだが、那須衆が処罰されるのはさすがにかわいそうだなあ…。
    言い出しときながら、取次のくせに報告を怠った浅野が処罰を受けるのなら問題
    ないと思うが。
    長文申し訳ない。

  17. 人間七七四年 | URL | Aszvn8R.

    正しくても一々言い方やり方に問題があるんだよ治部は

  18. 人間七七四年 | URL | -

    浅野悪くないんじゃね?
    浅野に属しての任務なら浅野が上役なんだから、、秀吉はまず浅野に「あいつらはどうした?」と確認すべきだと思うが。
    仮に三成が「不届き云々」と言ったら、職分であっても状況確認不徹底な気がするが。


    三成が本当にそんな言い方したかは置いとくにしても、秀吉が責任者を頭越しにして現場振り回した秀吉の悪い話な気がするな。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    浅野長政は宇都宮に婚姻話拒否されてファビョって石田三成管轄の宇都宮領地の石高を
    勝手に嘘ついて秀吉に報告して改易させてみたり、
    なんかいやなやつなんだよな…

    今の常識で考えれば法を守れよ!治部のほうが正しい!
    というところだけど当時はそれでどれぐらい後々恨まれるかが行動の基準になってるところが多分にあるし
    ドンマイ三成としか言いようがない

  20. 人間七七四年 | URL | -

    秀吉に報告っつっても浅野は伊達とのやり取りを見てもこの程度のこと自分で決められる権限はあったと思うけどな。石田以外の人間から秀吉の耳に入ったなら、事後で秀吉に説明しても「あっそ」で終わった話のように思える。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4349-ac73daee
この記事へのトラックバック