大阪陣の人狩りと蜂須賀至鎮

2010年07月14日 00:00

842 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/13(火) 01:28:56 ID:3jGFqAC9
大阪夏の陣で、大阪城の落城後大規模な略奪、人狩りが起こったこと、これは有名である。

が、幕府は人狩りに関しては

『戦場となった地域で人を略奪するのは捕虜ということで仕方がないが、
戦場区域以外で略奪した人間に関しては、無条件に開放せよ!』

と言う命令を出した。

この人狩りに感しては、大坂の陣に参戦したほとんどの大名が行っていたが、
特に一人の大名が問題になっていた。
阿波国主、蜂須賀至鎮である。

蜂須賀家は夏の陣においてなんと、男女あわせて170人もの人間を略奪していたのだ。

『戦場から略奪したというだけでは、いくらなんでも多すぎる。
規定外の人間は直ぐに開放せよ!』

こう迫る幕府に、至鎮は一冊の書類を提出した
「これをご覧ください。」

「…これは!?」

何とその書類には、略奪した男女全員分の「住所」が書かれていた。
ご丁寧なことにみな、戦場区域内であった。

「これこのとおり、我ら蜂須賀家が略奪した男女は、全て合法でござる!」

その書類に書かれた「住所」が本当であるかどうかはかなり疑わしい。
が、至鎮は幕府がこの件で何か言ってきた時のため、予めこのような物を作っておいたのだ。

いかに幕府であっても、大名から直々に『証拠』を提出された以上、それ以上
詮索するのは難しい

「お疑いも晴れましたようですので、それでは。」

さすが、『阿波の狸』の子も狸である。
蜂須賀至鎮、人狩りへの申し開きのお話。




843 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/13(火) 07:58:15 ID:zeY/GIW1
170人で「多い」ってのがむしろ意外だ

845 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/07/13(火) 16:20:27 ID:0txyhuNn
>>842
そんなに狩ってどうするんだか。
親類が身代金出してくれるのを狙ってるのか、阿波に連れ帰るのか?

846 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/13(火) 16:49:02 ID:2QwmZTuH
このころは買戻し目当てよりも自領での労働力としての人獲りでしょ
冬の陣図屏風のほうだっけかな
三つ葉葵を付けた武士が幼女を連れた女性を引っ張っていくところが描かれてなかった?

847 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/07/13(火) 17:04:42 ID:0txyhuNn
>>846
都市部に住んでいた人に農業でもやらせるのか?
職能の人ならわかるけど。

848 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/13(火) 17:40:41 ID:WPdT+KzV
基本的には農業要員だろうけど、城下町作りほかの土木作業員とか、
労働力の使い道はたくさんある。
大名間で個別に取り決められた「人返し令」などは、
基本的に他領から人が流れてくるのはwelcom、
自分とこの農民などがよそへ逃げていくのはNGだから存在した。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    江戸初期までは奴隷合法だから、普通に奴隷身分にするためじゃ?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    目的が労働力だろうと身代金だろうと、何にしても戦国の世は怖すぎるよ。
    名君名高い至鎮さんもやっぱり戦国武将か。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    戦の中のルールって奇妙だよなあ

  4. 人間七七四年 | URL | -

    略奪や人狩りは明治の西南の役でも
    近代化してる官軍の兵が普通に行ってるし
    まして戦国時代なら至極当然の行為なんだろうな

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4402-bc2922bd
この記事へのトラックバック