FC2ブログ

『吉川氏法度』より、旦那さんが浮気をしたら

2010年07月17日 00:00

901 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 22:44:46 ID:ZcDtTMh9
戦国時代といえば男の時代!女なんて取っかえ引っかえだぜヒャッハー!
…と、世間的にそんなイメージも未だに多い気がします。

ではあの時代、例えば旦那さんが浮気をしたらどんな事に成るのでしょう?
吉川広家が定めた『吉川氏法度』より、それを見てみましょう


『年久しく夫に仕えてきた妻が、夫に浮気させられた挙句、あること無いことを言い立て
離別させられる。そんな事が起こった場合、次のようにする。

妻は自分が持参した財産に関しては当然のこと、その家の財産の内、いかなる物であっても、
思うがままに持ち出して、退出することが出来る。

また、妻が子供の出来ない内に死去した場合、その妻の財産は、尽く親元に返さなければ
ならない。』


すなわち、浮気をして妻を捨てるようなことをすれば全財産を持って行かれても
文句は言えないのです。
迂闊なことをすれば恐ろしく高く付くのがこの時代だったわけですね。

さらに、良くこの時代の女性は、子を生むことが出来ないと価値がなかった、なんてことを
言われますが、夫の方も妻に子を産んでもらわないと、妻を実質的に家に入れることは
出来なかった、すなわち夫こそ、子を産ませる能力がなけれな価値が無かった、とも言えるのです。

そんな、この時代の女性の権利についてのお話。




902 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 23:09:10 ID:C+w5h41G
日本の女性についてはフロイスが
『日本の女はやけに処女を捨てたがる。(略)男さえも捨てる。夫や親に内緒で旅にでる』
って残してたような。
普通に女性の権利も強かったんか

904 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 23:23:29 ID:Ld9FDuxs
>>901
宗茂は価値の無い男だったのか・・・

905 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 23:29:20 ID:Pw1gRtUY
>>902
やたらと現代日本のネット風にニュアンスが変わってるなw
正確にはこうだ。

「日本の女性は処女の純潔を少しも重んじない。それを欠いても名誉も失わなければ、結婚もできる。
 日本ではしばしば妻が夫を離別する。
 日本では娘たちは両親に断りもしないで一日でも数日でも、一人で好きなところへ出かける。
 日本の女性は夫に知らせず、好きなところに行く自由を持っている。」

906 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/15(木) 23:29:36 ID:ZcDtTMh9
>>904
今でも婿養子で子供が出来ないと、その家的にも婿養子的にも困った状況になっちゃうよね。
毛利家の場合婿養子が離婚要求したら、認める代わりに領地没収だったらしいよ。

908 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 00:16:18 ID:luSBzc3+
>>901
現代以上に義務と演技が要求されてたのか
こわっ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    地域差あると思うよ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    >日本の女性は夫に知らせず、好きなところに行く自由を持っている。
    細川家でお玉ちゃんがこんなことしたら…。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    これ、ほとんど御成敗式目と同じじゃねぇか?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    確かに当時の女性の地位・行動力と言う点では貴重な話かもしれない。
    でもこれって吉川さんの所ではって話でしょ?
    これ一つを持って、全てが全て同じな訳じゃないと思うけど?
    この話を見て、妻に追いかけられる市松さんを思い出したw

  5.   | URL | -

    ※2を見て、太閤5で玉ちゃんが町で買い物しているところにでくわす、
    ってシーンを思い出したわw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    関係ないけど現代のデキ婚の概念って、いつからあるのかねえ?

  7. 人間七七四年 | URL | -

    妻が婚家に持ち込んだ財産は妻&妻実家のもの、てのは古くからの伝統だね。貴族が元祖だと思うが。
    夫婦に子ができることで、初めて財産が子のもとに統合される。
    西欧の貴族も似た感じだったような。

  8. 人間六七四年 | URL | -

    フェミナチどもにこの歴史的事実を突きつけてやりたい。

    確かに吉川さんちの話であって全部が全部ではないが、
    「様々な歴史に於いて、女は男に虐げられていた(キリッ)」
    とか言いふらしているフェミナチどもにお前等の主張は間違っているとこれを突きつけて言いたい。
    フロイスの書簡が正しいとすれば(まあ宗教がらみじゃないから正しいだろう)どこも吉川さんと似たり寄ったりだと思うけど。少なくとも男尊女卑が有史以来ずっと続いているなら自由に出歩くなんてできなかったと思う。
    (戦国時代と関係ないが、邪馬台国は存在しなかったと思う。少なくとも大和朝廷とイコールではない(だが騎馬民族侵略説も支持しない)。当時北九州に女王の国があった、程度だろう。)

    ・・・にしても、管理人殿は一体どこから画像を引っ張り出してるんだ?宇喜多のお孫さんはまだわかるけど常敗大名とか西のお兄ちゃんとか今回とかどっから引っ張り出してるのか見当が付かん。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    何か変な人来ちゃった

  10. 人間七七四年 | URL | -

    女が前を歩き、男が後ろをという姿に宣教師が驚いてたな。

  11. 人間六七四年 | URL | -

    >何か変な人来ちゃった

    そうそう、その反応でいいんだ。下手に煽るなんて馬鹿のやることだ。
    変な者を見つけたら無視して関わらないようにどこかへいく。
    「君子危うきに近寄らず」というだろう。痰壺蛆虫どもはそんなこともわからんから困る。

  12. 人間七七四年 | URL | f0nr9fNM

    そういえば。

    名古屋では、
    「花嫁さんの持ち込む家具をトラックの荷台に乗せて、近所にお披露目して回る」
    「新しい家の新しい家具をご近所に見てもらう」という風習があったよね。
    (今は昔ほど盛んではないかもしれないけど)

    あれも…尾張とかあの辺の、
    「力のある家の娘が嫁ぐ場合、これとこれは実家から持って来たものだ」という事を皆に見て貰って、
    確か…後々離縁とか夫と死別とかの時に、元々自分の財産だと主張できるように、
    皆に証人になって貰うのがはじまりだった…と何かで読んだ記憶が。

    違ってたらすまそ。

  13. 人間七七四年 | URL | nkutbCtA

    むしろ少なくとも武家社会において女性の地位が下がったのは、江戸幕府以後って一般常識だと認識してたんだが間違ってるか?(´・ω・)

  14. 人間七七四年 | URL | -

    因みに子供がいた場合は子供にいく
    この吉川氏法度は元和3年で53条。

    妻に子無きの場合で夫にいくのは公家(裁判至要抄)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4416-ced0e054
この記事へのトラックバック