FC2ブログ

巡り巡って母国で

2010年07月18日 00:00

928 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/07/17(土) 14:23:27 ID:EzEnIzKW
1599年4月20日、北京の西市で61人の日本人捕虜が処刑された。
彼らは1599年11月の露梁海戦とその前後の戦いにおける捕虜だったそうなのだが…

この処刑を目撃した明朝の文人張大復は「観東征獻俘」にこんな話を記している。
「見物人の話によると、捕虜に明人がいたらしい。
 紹興の某という奴で、兄を殺して日本に逃げたとか。
 罪から逃れようとしても、今西市で首を切られようとしている。これが天道でないだろうか。」

日本への逃亡後巡り巡って母国で死んだ男の話





スポンサーサイト


コメント

  1. 御神楽 | URL | dvUYBDnY

    不思議な話もあるものだ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    日本で一体何をやってたんだろう…
    普通は中国からきたらその知識を活かすポジションになりそうなんだが、
    捕虜になるって事は最前線で戦ってたんだよね?

    どうでもいいが露梁海戦は1598年11月な。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    九州沿岸部だと明人はそう珍しくなかったらしいから
    普通に市井で暮らしてたんじゃないかな。

  4.      | URL | -

    露梁海戦の年月の書き間違いか。
    未来のことで斬首されたのかとオモタよ。

    >1599年4月20日、北京の西市で61人の日本人捕虜が処刑された。
    >彼らは1599年11月の露梁海戦とその前後の戦い

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4420-0218e11e
この記事へのトラックバック