FC2ブログ

赤星統家と龍造寺隆信、意地の張り合い

2010年08月17日 00:00

483 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 18:36:32 ID:eM53ERyo

九州のマイナー武将というリクエストなので、赤星さんのお話でも。

耳川の戦いの後、それまで大友に従っていた筑後の諸将は今後、龍造寺、島津、大友
のどこに従うべきか、二股、三股をかけて様子を見守っていた。
それが気に入らなかったのか、龍造寺隆信、蒲池鎮漣を誅し、田尻氏を攻撃した。

肥後の国人達も筑後同様、九州三強の間で揺れ動いていたのだが、この田尻攻めの際
には龍造寺軍として参加した国人が多かったようだ。

しかし、そんな中で一人、赤星統家のみが参陣しない。
一応、赤星家と龍造寺家は同盟関係(実質主従関係)にあり、息子が隆信の許へ人質
に出されている。
それにも係わらず、出陣命令を無視しているのだ。

隆信はしきりに参陣するよう、統家に催促するのだが、何度使者が訪れても、
「今出かけてま~す!」
という返事だけで、面会すら出来ない。

頭に来た隆信、もう一度だけ使者を出した。
が、やっぱり返ってくる返事は
「統家様は今、留守中でして。また今度ね!」
という人を馬鹿にしたようなモノ。

「ふむ、統家殿の都合が悪くて来られないというのであれば、代理の者でも構わない
ぞ。おぉ、そういえば赤星家には御息女がおられたな。それでは御息女に代理として
隆信公にお目通りいただこう!」
使者は隆信の命令通り、屋敷に踏み込んで八歳になる統家の娘を召し取って、佐賀に
連行した。

こうなればもう意地の張り合い。
統家は息子や娘の身を案じて隆信に従うどころか、積極的に島津に通じ、反龍造寺の
姿勢を鮮明にした。

激怒した隆信は人質の息子と連行した娘を肥後に連れ帰り、赤星領の目の前で磔にし
たという。


普通同盟結んだ時に子供を二人、人質として差し出した。と言われてるようですが、
この話に従うと、娘の方は後から拉致した、というコトのようです。

鬼武蔵と言い、軍神様と言い、クマーと言い、子供を拉致って人質にするの、皆好き
だねぇ。
でも、結局殺しちゃったの、クマーだけか?

ふむ、赤星さんの話と言いながらクマーの話になってしまった気がしないでもない。




484 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/16(月) 19:00:15 ID:b9cNFHD6
殺一警百だったか、蒲池氏に対する非道は衰退を早めただけのものとばかり思っていたけど、
実際肥後国人に影響あったのね、マイナスだけではなかったのか
ただの凄烈な熊じゃなかったんだ
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    是レハ偖置キ、是ニ亦肥前ニ於テモ連ナキ士隈部左馬頭親與卜申セシ人ハ赤星殿卜界ノ論ヲ召サレシカ、
    イタハシヤ赤星方ヨリ三百余町ハ踏ミ取ラレ、無念至極ハ無リケリ。
    如何ニモシテ赤星殿ニ腹切ラセン」
    ト思フ其折節ナレバ、隆信公ニ作文ヲ上ケ玉フ。
    隆信殿、彼ノ文ヲ披見アレバ、
    「赤星、兄弟ノ子ヲ質ニ渡シテモ、薩摩ニ味方肥前ニ二張ノ弓ヲ引ク」
    トノ文ナレバ、
    隆信大ニ腹ヲ立テ、
    「其儀ナレバ彼ノ兄弟ヲ肥前ニ置テモ如何セン。国ニ返シテモ如何セン。
    唯法度ノ仕置ニ任セ生張付」
    ト御意下ル。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    一応クマーも周りから有る一定の評価を得られるだけの当主でもあるしね。
    それなりの手腕が有ったと見るべきでしょう。
    そうでなければ、沖田畷で重臣連中が後追い的な討ち死にしないでしょうし。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    前に鎮並(ごめん、ここに記されている名前の字の出し方が分からない)の謀殺の話でクマーに、他人任せにしなかったことは評価!とフォローした者です。
    別に彼のファンというわけでもないけど、このケースでも、統家の方だって少なくとも息子の方は見殺しにしていると取られても仕方ない態度では。さすがに娘の方はやりすぎだけど。
    それと、鎮並謀殺が竜造寺家の衰退を招いたというのは根拠なし。事件後確かに筑後の国人の多くが離反したけど、天正十~十一年にかけて各個撃破し、敗死あるいは降伏に追い込んでいる。

  4. 投稿した人 | URL | -

    鎮漣の字については色々な説があるようですね。
    『漣』は『さざなみ』で変換出来ますよ。

    耳川の合戦が天正六年。鎮漣の暗殺が天正九年ですからね。
    大友の没落から数年、どのように身の振り方を考えるのか、土豪達に考えさせたにも係わらず、どうにも煮え切らないので蒲池家の討伐を持って踏絵とした、という感じでしょうかね。

    統家に関して言えば、人質にしていた男子は完璧に見捨てていたと言って良いと思います。

    龍造寺側に立って見れば、大友が潰れ、毛利は手を引き、空白地帯になってしまった肥後&筑後を島津と取り合うという状況に追い込まれたのだと思います。

    クマー様としてみれば、仕方のない選択も多かったように思えますね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    当然のようにクマーで通っている隆信にチトワロタw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ↑だってクマ以外で表す物って他に無いじゃないですか!www

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >4さん
    米3です。教えてもらった通りやってみたら「漣」が出せました。ありがとう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4540-2f8b2e74
この記事へのトラックバック