FC2ブログ

津田小平次秀政「『有明の茶入』を」

2010年08月29日 00:01

799 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 15:55:25 ID:HZqAx76W
慶長5年(1600)7月下旬、西軍挙兵の報に接し、いわゆる「小山評定」を切り抜け、大戦の予感に高ぶる徳川家康は、
通りかかった家臣の津田小平次秀政に声をかけた。

「こたびの戦に勝てば、褒美は思いのままじゃ、励めよ!ときに小平次よ、お前は褒美として何が欲しい?
今から、褒美の約束をしてやっても良いぞ。」
「思いのままになるのは殿でしょう?まあ、特に欲しい物は無いので、その時になったら考えます。」

「そうは言っても、侍たる者が「何も望みは無い」などと言うことはあるまい。遠慮せず、何でもいいから言ってみろ。」
「では・・・それがしも近ごろ数寄心とやらに目覚めたので、名物茶器『有明の茶入』を頂戴しとうござる。」
「ほほぅ?」

『有明の茶入』は、別名『安国寺肩衝』。その名の通り、この時点では安国寺恵瓊の所有である。
つまり、手に入れるには西軍に完勝し、総大将・毛利家を屈服させ、その参謀である恵瓊を倒さねばならない。

何のことはない、欲が無いどころか
(勝てば、などとヌルい事を言わず、圧勝して毛利の財産を剥いで、我らに分け与えるくらいの事をして下され。)
という、戦国武士らしい大それた望みであり、激励だった。

「こやつめ、ハハハ!」
「ハハハ」
家康は約束を守り、関が原の戦いの後、没収した恵瓊の私財の中から『有明の茶入』を小平次に与えた。



・・・・・・数年後に小平次を襲う災難↓を、二人はまだ知らない。
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-2694.html




800 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 16:54:36 ID:NyiE0m9z
まとめの後日談見たら笑ってしまった。

801 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 18:23:34 ID:Xk6AOwyW
三歳様が強奪した茶入にそんな由来がw

802 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 18:28:58 ID:OITD+Ttc
安国寺肩衝の、人から人へ渡って行く数奇な運命はすごく面白いな。

秀吉(→幽斎?)→三斎→安国寺恵瓊→徳川家康→津田秀政→三斎→忠利→酒井忠勝→ (まだまだ続く)

ちなみに、三斎が金200枚で押し買いした肩衝は、息子の代に酒井忠勝に金1800枚で譲られた。
インフレもあっただろうから、そう単純計算はできないけど、
9倍の価格で売れたわけで、江戸時代の財テク(゜Д゜)ウマー

803 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 20:48:10 ID:9aKsVI/2
さすがに柿を盗んだ人の息子
盗みにかけては天才
めんどくさい三河武士も三河国主の末裔細川には敵わないな

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 21:32:01 ID:EgLYXh5H
木下さんは、三歳のせいで木下兄弟で唯一明確な東軍につかざるを得なかったと言うし、結果論では
もうけにせよワリを食ってるなあ

806 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/28(土) 22:04:50 ID:OITD+Ttc
>>803
津田は三河武士じゃない。
徳川家臣団では珍しい尾張者、しかも織田一族

808 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/29(日) 19:36:03 ID:ux4fMLPe
徳川家臣団の尾張者か。

奉公するうち三河武士の家風にほぼ染まっていってしまったせいで忘れがちだが、
久松俊勝および久松松平氏も尾張者だな。

809 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/30(月) 00:12:05 ID:bji8juKq
三河武士的めんどくささの伝染率ぱねぇw

810 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/30(月) 06:33:37 ID:sdtzxREY
なんせ、いかにも三河武士っぽい井伊直政が遠江の土豪が出自だからなぁ。

813 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/08/30(月) 10:41:39 ID:2ZXvMO6+
>>810
井伊直政って三河武士っぽいか?
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    織田玄蕃の孫でしたか‥

  2. 人間七七四年 | URL | -


    三河者に交われば三河者になる。


    さぁキミもカモントゥギャザー

  3. 人間七七四年 | URL | -

    三河に引越してきた俺もいつかめんどくさくなるのか…?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「勝ちもせぬうちに云々総大将がそんな事では(以下略」って怒り出すんだろうと思ってたら肩すかしくらった(笑)たしかに尾張者らしい大言壮語の吐き方だな

  5. 人間七七四年 | URL | -

    岡崎南教習所に通いましたが、
    結構な武辺者のメンドクサイドライバーになりました。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >メンドクサイドライバーになりました
    がさつな運転しかしらない「浜松・静岡・沼津」より遙かにマシです。
    負けるな「尾張小牧」

  7. 人間七七四年 | URL | -

    鈍重で粘り強く、世間に流されずに自分の信じる道を突き進むオールドタイプの三河者と
    構想力があって新しいもの好きだけど、軽薄で逃げ足が早いニュータイプの尾張者。

    両者が協力してこそ大きな仕事ができるというものですな。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >「尾張小牧」

    「なにわ」と並ぶ天下二大忌み嫌われるナンバー、

    「三河」

    を知らんのか?
    尾張小牧とか沼津とか、比べる対象にもならぬ。
    他の地方ナンバーは話にもならん。

    三河ナンバー車を見たら、逃げろ。
    理由?三河者だからさ、でわかってくれ。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ふーん、何かと大変だなと思う俺は筑豊ナンバー。戦国時代は秋月領。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    寄るな触れるな筑豊ナンバー

    大学で福岡に居たとき、どんなに酔っていても
    西通り近辺にたむろしている筑豊ナンバーには
    近づくなと最初のコンパで注意うけたな。

  11. 今日も名無しさん | URL | -

    車のナンバーに拘るのは大抵おっさん

  12. 人間七七四年 | URL | -

    筑豊だけじゃなく福岡県のナンバーはあb(ry 拙者?福岡ナンバーでござるがなにか問題がござりますか。
    まぁ江戸初期はNGMSと三歳様が領主だからしかtあ、ガラシャ様はお美しいなーもうちょっと近くで見よう

  13. 人間七七四年 | URL | -

    関東の人間がぬるく感じるのは、三河者に揉まれてたせいなのかw 結局、年末には三河の本場にもどるけどね
    (つω`)゜。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    静岡人は名古屋あたりの運転を怖い、というけど、KYな運転する静岡ナンバーの方がずっと怖い。三河ナンバーは猪武者だから、見切って逃げればいいけど、静岡は見切れないから、手前で減速、最徐行するに限る。

  15. 人間七七四年 | URL | -

    静岡ナンバー見たってノーイメージだけど、
    三河ナンバー見たら、
    恐怖と同時に笑っちまうな。
    「彦三乗ってます」って。

    憧れる。

  16. 人間七七四年 | URL | -

    ※15
    「何某が載っています」「何某が手綱を持っています」注…何某は武将名
    なんてステッカーも作りゃ売れるかも。

    尾張小牧ナンバーで、「武蔵守が載っています」ステッカー貼っていたら、絶対、
    近づきたくない。

  17. 人間七七四年 | URL | -

    米16
    検問に引っ掛かるとこ想像してふいたwww

  18. 人間七七四年 | URL | -

    岡崎ナンバーで「お玉ちゃんが乗っています」も、ヤダ。

  19. 人間七七四年 | URL | -

    今は三河ナンバーよりも生粋の岡崎ナンバーが生まれたんだぜ。

    ちなみに「岡崎」のイントネーションは名前の岡崎さんじゃなくて
    「お→か→ざ→き↑」で「川崎」と同じなんだといつも憤る俺は
    めんどくさい三河者なんだろうなorz

  20. 人間七七四年 | URL | -

    うちは東海地方の田舎なんだが、このまえ島根に行ったら
    とにかく運転しやすかった。車少ないし、スピード出さんし。
    うちらはしょっちゅうやってくる三河ナンバーに鍛えられてっから。

  21. 人間七七四年 | URL | -

    松平定知アナウンサーは
    「ま→つ→だ→い→ら→」
    のイントネーションで呼ぶと、
    『「ま↑つ→だ→い→ら→」です』
    って、訂正してくるぞ…

    この人、伊予松山藩久松松平家の分家の子孫だからな…

    ガチでめんどくさいDNAは健在

  22. 人間七七四年 | URL | -

    江戸っ子って言ったところで、祖先をたどると三河に行き着くとか。
    権現様が引き連れていった者の子孫とか言うんだけど。江戸弁の元は
    三河弁+浜松弁だという牽強付会な説も、あながち嘘じゃないかも。
    宵越しの銭は持たねぇだのって格好つけるところとか、痕跡を感じる。

  23. 人間七七四年 | URL | -

    ※16
    仙台に「伊達政宗公が乗ってます」っての売ってたよ。
    思わず買いそうになったが貼る勇気はないのでやめといたw

  24. 人間七七四年 | URL | -

    飲酒運転を疑われかねないからな

  25. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士は自分の手柄を人に譲ってケンカになる。
    ひこにゃんは自分の手柄をはっきり主張して、周りの三河武士と険悪になる。
    タイプが違うね。

  26. 人間七七四年 | URL | -

    小早川隆景公が乗っています、だったら何の心配もないのだが…
    秀秋公が乗っています立ったらふらふらしそうで寄りたくない

  27. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    >>22 「宵越しの金は~」 そりゃ三河の気質とはまったく違うね。質実剛健な生き方尊ぶよ、今でも。他地域と変わんない。
    そういうパンクなのは江戸という近代都市の次男三男坊カルチャーじゃないかな?

  28. 人間七七四年 | URL | -

    米欄がクルマのナンバーと各地の運転の特色で埋まっていて驚いたw
    ここで名前が挙がっていた土地に行くコトがあったら気をつけよう…

    お話の方は、なんかとてもいい話に思えたな。
    尾張者らしい大言壮語、って評だったけど、でもこういうコトなかなか言えないんじゃない?
    言われた家康も、その言葉の真意に気付いた時、ちょっと嬉しかったんじゃないかなぁ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4577-039fbbbc
この記事へのトラックバック