FC2ブログ

細川忠利と『南蛮起請』

2010年09月09日 00:01

837 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/07(火) 23:33:06 ID:sYHBuVTN
細川忠興の三男で、忠興の後を継いだ細川忠利。
このスレの人たちには、伊達政宗の江戸での行状などを赤裸々に記録した『細川忠興・忠利往復書簡』などで
その名を知られているだろう。

ところでこの忠利、キリシタンである細川ガラシアを母としているにもかかわらず、いや、むしろ
母としているためと言うべきか、大のキリシタン嫌いであった。

彼は自分の領内のみらなず、幕府にも積極的に対キリシタン対策の必要を訴えていた。
そして寛永12年(1653)、忠利は幕府老中に

「日本国きりしたん改一同につかまつるべし(日本国中のキリシタンの改宗を、一斉に行ないましょう)」

との提言をした。この忠利の提言により『南蛮起請』という、非常にえぐい政策が生まれる。

さて、南蛮起請とは何か。
これはキリシタンからの改宗を宣言し、二度とキリシタンに立ち返ることはないと約束する起請文である。

が、この南蛮起請のえぐさは、ここから先である。この起請文を破ると罰がある。
その罰がどんなものか、原文から見てみよう


『上には天公・デウス・サンタマリアをはじめたてまつり、諸々のアンジョ(エンジェル・天使)の御罰を蒙り、
死にてはインフェルノ(地獄)と言う獄所において諸天狗の手に渡り、永々五衰三熱の苦しみを請け、
重ねてまた現世にては、おっつけラザル(らい病者)になり、人に白らい黒らいと呼ばれるべきもの也。
よって恐ろしきシュラメント(誓詞)、件の如し。』

そう、キリシタンに立ち返れば、キリシタンの神の罰を受ける、と言う内容を、キリシタンの言葉で記した
恐るべき誓約書であったのだ。
これは当時「きりしたんのいやがり候文言の書き物」と表現された。


細川忠利の提言によって生まれた「南蛮起請」についてのお話。




844 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 11:04:32 ID:c+/CnA4y
忠利は、ガラシャの子供じゃなくて、
ガラシャが細川家に嫁いできたときに一緒にきた、
小侍従を三歳が孕ませて、ガラシャと自分の子だとした、
という話を熊本の本妙寺の一族から聞いたんだが、
アレどうなんだろうなあ。
小侍従の方は家臣に下げ渡されたんだが。


851 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 13:20:19 ID:ZWK6xvSz
>>844
山田風太郎の小説でも、ガラシャの子じゃないってなってたな。
忠興が謀反人の子供に細川家の家督を継がす事はできないからって。

862 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 22:29:43 ID:WMwx+cv6
>>844
ときたま聞く話だけど、どうなんだろうなあ。
有名な「霜女覚書」によると、当時ガラシャのそばで仕えていた忠利の乳母に、
内記様(忠利)への形見をを託した、という話が出てくるし、まあおそらく忠興の男子の
上三人はガラシャの子とみるのが自然だろうな。
小侍従というと、ガラシャの代わりに秀吉のところへ行ったという話が出てくる侍女だよね確か。

865 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 23:11:55 ID:GCvOMTff
どうでもいいけど「ガラシャ」と「乳」が同じ行に出てくると「ブラジャ」みたいに見えてくるな…

865 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/08(水) 23:11:55 ID:GCvOMTff
どうでもいいけど「ガラシャ」と「乳」が同じ行に出てくると「ブラジャ」みたいに見えてくるな…

875 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 02:27:03 ID:LGA3Mvz0
>>865

三斎さんが「三十六歌仙」を「百人一首」にすべく
アップをはじめました

876 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/09(木) 03:02:06 ID:rEIW7TRq
まとめブログなんで>>865まで含んだw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    どうしてこういう人が
    「tadatoxi」のローマ字印を使ったんだろう?

  2. 人間七七四年 | URL | -

    本妙寺と言えばらい病。
    忠利、嫌われてたんじゃない?

    キリシタンだって言いたいだろ。
    「あんなの、ガラシヤの息子じゃねー!」って。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    自分のかーちゃんがあんなに敬虔な信者だったのに、当の宣教師たちがあの体たらくだから、反動でブチ切れちゃったんじゃないの?
    忠利は苦労人だし。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    確か戦国細川一族にも忠利は三斎と小侍従の子だって書いてた気がする

  5. 人間七七四年 | URL | -

    以前神父が嫁の顔見たことがあるのを深く恨んだ三斎様の入れ知恵に一票。

  6.      | URL | -

    大事なことなので2回(ry

  7.    | URL | yqw0daAI

    普通に家を守るために苛烈な所業を行っただけじゃないだろうか?
    母が熱心なキリシタンだったガラシャのせいで幕府に目をつけられていたりとかはしないか?
    そもそも、父親の三斎様が家のためなら何でも容赦しない人物だったから、教育されていた可能性もある。
    ……まさか父親似かw

  8. 人間七七四年 | URL | boQ1k0ls

    本妙寺と言えば、らい病と、日蓮の清正。

    加藤改易後に、臨済の忠利が入府した事で、

    寺の檀家がどうの運営がどうのって、生臭い事情が絡んでんじゃないの?

  9. 人間七七四年 | URL | boQ1k0ls

    臨済の忠利ってのも語弊があるが、とにかく熊本の忠利公墓所の元の寺は臨済宗だ。
    それと本妙寺の隣の地区で、細川に縁のある地域にはカトリック系の教会も病院もある。
    なんだかんだ言ってもガラシアの息子だと思う。 あと、評判悪いのは、森鴎外のせい。これは間違いないw。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    起請文がいい加減すぎるw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4616-dbaab27b
この記事へのトラックバック