「猫橋」

2010年09月25日 00:00

201 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 04:09:05 ID:OlY3ybj0
関ヶ原の直後のことである。
西軍方についた筑後柳川の立花宗茂は何とか領国に帰還したものの、
いつの間にか西軍方から東軍方になっていた隣国、鍋島直茂・勝茂に三万五千もの軍勢で攻め寄せられた。
一説によれば宗茂を討つことが徳川家康からの赦免条件だったという。
立花方も一万二千の軍勢を集めたものの、すでに天下の大勢は決している。
「領内に攻め込んできた敵と戦わなければ武門の恥辱。
しかし、家康殿には恭順を示さねばならぬので、殿は出陣しないで下さい」
宗茂は家臣たちの意見を受け入れ、次席家老の小野和泉守を大将に命じた。
一方、進撃する鍋島軍は成富兵庫を使者として決戦を提案。宗茂もこれを受け入れた。
かくして慶長五年十月二十日、江上・八院合戦が開始された。
小野和泉守率いる三千と鍋島軍三万五千は凄まじい激戦を繰り広げたが、やはり立花軍の被害は大きく、
歴戦の将が次々に討死した。
その中に、侍大将十時摂津守の一門で、十時新五郎惟久という少年がいた。
彼は黒猫を飼っていて、とても可愛がっていた。が、この度の合戦で討死間違い無しと考え、猫に別れを告げて
出陣していた。
そして乱戦の中、鉄砲に撃たれて落馬したところを討ち取られ、鍋島兵に首を挙げられてしまった。
が、その兵が惟久の首を持って引き上げようとして橋を通りかかった時、突然、黒猫がうなり声を上げて
襲いかかってきた。
猫はひと噛みで兵の喉を喰いちぎり、惟久の首をとって口にくわえ、逃げ出す。
鍋島軍は慌てて鉄砲玉を浴びせ、橋の真ん中で被弾した猫は首とともに水中へ没し、そのまま首も猫も
見つからなかった。
やがて合戦は黒田如水・加藤清正の仲介で終結。
戦の終わった後、村人たちが死体を片付けていると、
惟久の遺体のすぐ側に全身穴だらけになった黒猫が惟久の首をくわえたまま倒れていた。
黒猫は命と引き換えに大好きなご主人様の首を守りぬいたのである。
以後、この地域は「猫橋」と呼ばれ、現在も佐賀県三養基(みやき)郡みやき町にその名が残っている。




202 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 05:04:21 ID:AIwLrTUu
勝茂「また猫か!!」

203 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 06:41:05 ID:7YUO2HGu
にゃー

204 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 09:29:57 ID:4BLwI/fB
鍋島さんの家はよほど猫に嫌われているのだな。

205 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 11:09:38 ID:EfgujQbk
鍋島さんきらいー!
柳川の近くにもなんか勝手に住み着いてさ、
こう寄って来て首元にガブガブするとばたっとひっくりかえって
おなかをぽんぽん鉄砲で撃って葉隠葉隠葉隠てー!

206 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 11:17:14 ID:Rpx+V54Z
忠猫

チューネコってどっちやねんw
っあ、やめ・・・


209 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 13:27:07 ID:OeF6qM8e
天庵様「よし、南総里見八犬伝に対抗して、
北総小田八猫伝を・・・」

210 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 17:29:53 ID:Z3SXyFtc
菅えもん「いい加減にしてください」

211 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 17:50:53 ID:04jLyqvG
>>209
ちょっと読んでみたいなww

212 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 18:18:21 ID:zIShLSgh
小田「うわぁぁああーーっ」
太田「菅谷のいない貴様などひとひねりよ」
小田「くっ、強い・・このままでは」
太田「ふはは、死ねー・・ぬぅ?!なんだ、この攻撃的な気配は?!」
菅谷「俺は菅谷。俺は小田の当主が呼べば何度でも蘇える。たとえ冥府魔道に堕ちようともな!」
小田「菅谷!来てくれたんだね!!」


213 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 19:25:21 ID:Ft2qCJbO
>>209
それを言うなら「常南小田八猫伝」だろw

214 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 20:04:54 ID:cvQ5KMEH
江戸屋猫八って・・・
いや何でもない。

219 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/24(金) 23:14:56 ID:q6MTdSqd
>>201
いつも思うんだが、戦国時代の生き物全般に強すぎるだろw
猫や蛸どんだけ強いんだよw

222 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/25(土) 00:20:25 ID:aOZsd9ej
人間が強すぎる時代なんだ
ネコやタコだって強いさ

223 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/09/25(土) 00:39:56 ID:aFkIeFf+
タコは海女さんだけを襲っていればいいと思います。
スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>219
    蛇とか亀とか酷い目に遭ってるけどね、武蔵さん限定で…

  2. 人間七七四年 | URL | dA/sCchU

    人間を酷い目に合わせた大猫を更に酷い目に合わせた怪力お姫様もいたっけね…。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    鬼小島呼んで来い

  4. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    その武蔵さんにはバケモノみたいな馬がいるじゃないか

  5. 人間七七四年 | URL | -

    鬼武蔵はラオウみたいなものですから

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ぬこ…(;_;)

  7. 人間七七四年 | URL | -

    (ノ△T)ぬこ…
    と、なるのも良いが
    ちょっと待とうか。
    ・猫はひと噛みで兵の喉を喰いちぎり
    ・首をとって口にくわえ
    ・全身穴だらけになった黒猫

    戦国時代の猫=虎or豹
    と考えたほうが良いか?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    実は剣虎兵だった…

  9. 人間七七四年 | URL | X.Av9vec

    バンプのKを思い出したのは俺だけじゃないはず。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >それを言うなら「常南小田八猫伝」だろw

    常敗小田八猫伝に見えた

  11. 人間七七四年 | URL | -

    ようつべで妹の飼い猫に本気で襲われる人を見たけど、喉を喰い千切る勢いはなんかわかる。
    しかし、首をくわえて逃げるのはちょっとわからん…

    まぁなんだ。
    猫よ……

  12. 人間七七四年 | URL | -

    にゃあ~に
    きにするにゃ
    戦国にゃよくあることだにゃ~

  13. 御神楽 | URL | dvUYBDnY

    >>219
     確かに。
     色々な逸話読んでると、どんな天外魔境だよって感じw

  14. 人間七七四年 | URL | -

    蛸「ルルイエから来ました」
    猫「ウルタールから来ました」

  15. 花春 | URL | -

            l^丶
            |  '゙''"'''゙ y-―, あ ふんぐるい むぐるうなふ すとらま
            ミ ´ ∀ `  ,:'       
          (丶    (丶 ミ   いあ    いあ
       ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ   ハ,_,ハ
           ;:        ミ  ';´∀`';  ';´∀`';, ,
           `:;       ,:'  c  c.ミ' c  c.ミ  
            U"゙'''~"^'丶)   u''゙"J   u''゙"J

  16. 人間七七四年 | URL | -

    これは本当にいい話
    凄い創作だなと思いつつも泣きそうになった

  17. 人間七七四年 | URL | -

    猫とは言っても化け猫だったのかもしれない。
    しかし忠猫だなあ。どっちも死んじゃって可哀想だが。

  18. 人間七七四年 | URL | -

    こんだけ強かったら戦場で猫無双してご主人助けれそうな気も…

  19. 人間七七四年 | URL | -

    このぬこ絶対火車だろ

  20. 人間七七四年 | URL | -

    鍋島はよく猫が祟るな

  21. 人間七七四年 | URL | -

    邪神の眷属か!

  22. 人間七七四年 | URL | -

    >>18
    それが出来ないから ぬこさま なんだよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4670-e629169b
この記事へのトラックバック