FC2ブログ

琉球侵攻と謝名親方利山

2010年10月06日 00:00


謝名親方利山


503 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 18:23:28 ID:v3aJbc2V
1609年(慶長14年)、島津氏は琉球へと侵攻した。
この時琉球側の中心となったのが謝名親方利山(じゃな うぇえかた りざん)である。

謝名親方は明よりの帰化人の子孫として那覇近くの久米村に生まれ
官費生として明への留学を果たした後、王の補佐官である三司官の一人となった。

島津氏の琉球侵攻に際し、琉球軍は精一杯の抵抗を示した。
謝名親方も自ら兵を率い、海上より那覇へと迫った島津軍を一度は撃退し
その後故郷久米村の三重城への立てこもり、三日三晩戦い抜いた。

しかし長く平和が続いた琉球の軍は
戦国の世で鍛えられ、最新の鉄砲を装備した島津軍に敵わず
尚寧王が和睦を申し入れて首里城は開城した。

この後王や三司官ら琉球王国の高官たちは薩摩に連行され
琉球統治に関する起請文に署名するように求められた。

他の高官たちが次々と署名していく中
「自由なくして生きるかい無し」とただ一人突っぱねたのが謝名親方であった。

島津氏は謝名親方を釜茹でにして処刑することとした。
処刑のとき謝名親方は脇にいた二人の刑吏の髻を掴むと
自ら煮えたぎる釜に身を投じた。
これに感動した尚寧王は、釜の中でぐるぐると絡まりあった三つの亡骸から
尚氏の家紋を「左三つ巴(ヒジャイグムン)」としたという。




504 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 18:28:55 ID:ARCNXVlR
>>503
撃退したのはあくまでも別働隊で、島津の主力はあっさりと運天港から上陸して、ほとんどなんの抵抗もないまま
首里にまで迫ってしまった。なぜなら、
島津勢の上陸地点は那覇港のみと判断して、琉球軍の全兵力(2000人)を那覇と首里に集結させていたため・・・
というと悪い話になるな

505 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 18:29:00 ID:Y1cMcW/p
いかにも琉球人の願望が作った逸話だな。

506 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 18:29:06 ID:QCqwVLbZ
どの辺がいい話?

507 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 18:45:29 ID:lmyC8c4t
もし悪久がいなかったら、沖縄は完全に中国領だったね。
政宗とか三歳がいなくても現在の日本に大して影響無かったけど
悪久が存在しなかったら歴史は大きく違ってた

508 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 18:53:44 ID:ARCNXVlR
>>507
ただ悪久は「首里で籠城された場合には、速やかに撤退しろ」とも命令を出してたんで、場合によっちゃ悪久が居ても
どうしようもなかった可能性もあったけどね。結果はご存じのとおりですが

509 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 19:01:55 ID:qaIgK9BW
歴史は偶然と必然の積み重ねだけど、
琉球の日本化は必然だと思う
誰が薩摩藩主でも琉球には攻めて行ったのではないか

510 名前:小田氏治[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 19:06:39 ID:pAiJvfLZ
速やかに琉球を併合する!

511 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 19:15:16 ID:ARCNXVlR
でもまあ、沖縄本島は頑張った方なんだよ

奄美大島・・・要塞の門を手筒で破壊されて、ビビッてしまいあっさり降伏
喜界島・・・攻撃ルートにする予定もなかったけど、勝手に降伏
沖永良部島・・・周囲をサンゴ礁に囲まれた天然の要害なため、大型船が接近できないから負けないと思ってたら、
高波に乗ってあっさり上陸
          即座に降伏

それに比べたら、まだ頑張った方かと。徳之島?聞かないで

512 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 19:32:34 ID:MTn8HmrH
亀井さんがアップをはじめました

513 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 20:21:46 ID:LoZun9NJ
>>503
なんとなく眉間尺の焼き直しの気が

てきとうあらすじ
戦国時代、楚王が名刀匠の莫耶に命じて刀を作らせた。
莫耶は一組の刀をつくりあげたが、片方の刀のみを楚王に献上し、もう一振りは妻の干将に
預けた。それを知った楚王は莫耶を殺し、片割れを求めたが、干将は莫耶の子を宿したまま逃亡。
やがて干将莫耶の子供は、眉の間が一尺もあるほどの巨人に成長したため「眉間尺」と呼ばれた。
眉間尺は父の仇、楚王を討とうとしたがこれを知った楚王は眉間尺に懸賞金をかけた。
逃亡している眉間尺のもとに旅人が現れ、言った。
「お前の首を渡せ。そうすれば代わりに私が仇討をする」
眉間尺は快く自刎し、旅人は眉間尺の首を持って王のもとへ出向いた。
喜んだ王は沸騰した鍋の中に眉間尺の首を入れたが、なぜか煮崩れしないままであった。
不審に思った王が鍋を覗いた瞬間、旅人は王の首をはね、首を鍋に落とした。
王の側近も慌てて旅人の首をはねたため、鍋は眉間尺、王、旅人の三つの首が入ることとなった。
結果、鍋からはぼろぼろとなった三つの首が出てきたが、どれが王の首か判断できなかったため、
三つの首を王墓に葬ることとなり、眉間尺の復讐はなった。

いろいろツッコみたいし、この話も荊軻・樊於期・始皇帝の焼き直しの気がするが気にしない。

514 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 23:22:23 ID:CITQ/8+r
悪久本人はそこに弱そうな獲物がいたから本能のままに狩ったまでで
後世に与える影響なんか考えてなかったろ

ヘンリー8世が離婚したいという理由で国教会始めたけど、後世に宗教改革として
扱われてるようなもんだ

515 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 23:30:45 ID:dS6Xp7vh
>>511
>徳之島?聞かないで
どうして肝心のそこを飛ばすw

516 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/05(火) 23:34:32 ID:NiXaZ5ex
琉球の風で奄美だったかの戦闘で、住民が熱湯を島津兵にかけてるシーンを思いだした
この大河で琉球について興味持ったんだよな。今キャスト見直してみたらさりげなく謝名親方いたわ
江守徹が演じてたとは知らなかった
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    >>自ら煮えたぎる釜に身を投じた。
    >>これに感動した尚寧王は、釜の中でぐるぐると絡まりあった三つの亡骸から

    このあたりって、かんしょうばくや(平仮名許せ)の剣の話にそっくりじゃない?
    確か「かんしょうばくや」を殺された息子と、それに感動した役人三人の復讐の話。息子が煮られたところで、役人がソの王に「こいつ英雄だから食えば強くなれるよ」って覗かせて、役人が王とともにドボン。で、三人で煮られちゃうやつ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ※1
    微妙に違うがそれ>>513と同じはなしじゃね?

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ぶっちゃけ琉球王家は三つ巴をもっと前から使っているからねー。
    むしろこの逸話がいつ頃できたのかの方が興味あるな。
    実際の事件から、かなり後なんじゃないかな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    で、徳之島は?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    首里城ってちゃんと篭城できるように出来てたのか…
    単なる宮殿だと思ってた

  6. 12 | URL | -

    >>4
    70の爺が薩摩兵3人と相討ちしたり通常運転ですよl

  7. 人間七七四年 | URL | -

    徳之島ツエー

  8. 人間七七四年 | URL | -

    >>5
    標高120mくらいの小山の上にあって、石垣もちゃんと組んであるから、立派な山城と言えるかもしれない。一応は

  9. 人間七七四年 | URL | -

    >>4,7
    琉球側は徳之島には直営軍も送り込んでますので大激戦です。
    詳しくは、南日本新聞の「さつま人国誌」の記事あたりがお勧め。
    ttp://373news.com/_bunka/jikokushi/108.php
    本だと上里隆史・著「琉日戦争一六〇九―島津氏の琉球侵攻」あたり。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    一応、すでに紹介済みですよ。
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-4054.html

  11. 人間七七四年 | URL | -

    左三つ巴は三山時代を表してるんじゃなかったっけ・・・
    まぁ沖縄の歴史は正史からしてあれなんで、まだまだ研究の余地ありなんだけど
    血が流れるのは必然。俺は沖縄が日本に組み込まれて良かったと心底思うよ
    薩摩云々とか昔の話を出来るのは平時の日本だから出来るわけで
    これが中国とかだったら絶対無理w

    って頭でっかちのおじーおばーに言ってやりたい
    薩摩侵攻で日本全体を叩く年寄りたまにいるんだよなー

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >官費生として明への留学を果たした後、王の補佐官である三司官の一人となった。
    法司官の城間親方を讒訴して追い落として、自分が成り代わった話が抜けてるね。

    >島津氏の琉球侵攻に際し、琉球軍は精一杯の抵抗を示した。
    琉球軍なんていないし、とりあえず「宗徒の侍」100人を太平橋に送ったけど一人死んだだけですぐ逃げてるよ。徳之島では百姓ですら20~30人戦死してるのにね。どこが精一杯?

    >謝名親方も自ら兵を率い、海上より那覇へと迫った島津軍を一度は撃退し
    喜安も市来孫兵衛も肝付兼篤も誰一人報告してない琉球軍の大活躍ですね。そして陸の薩摩軍とはカスリもせずにどこかに消えたと。
    実際には、「海上から那覇へ迫った島津軍」は今帰仁で琉球側と合意した通りにやってきた薩摩側の和睦の使者だよ。和睦調印は無事に行われている。

    >「自由なくして生きるかい無し」とただ一人突っぱねたのが謝名親方であった。
    そんなセリフはどこにも出てこないよ。謝名親方は「琉球は明に属し、日本とは格別なり」と言うような人なので自由には1ミリも興味がないと思うよ。実際には往生際が悪くあれこれ抗弁に及び反省の色が見られなかったので川上泰助という人を遣わして首を討ったそうだよ。

    >奄美大島・・・要塞の門を手筒で破壊されて、ビビッてしまいあっさり降伏
    それは創作色の強い琉球入ノ記にしかない話だね。「琉球渡海日々記」「肝付兼篤書状」および大嶋の諸家の家譜が一致しているところによれば、大嶋は速攻降伏してむしろ薩摩側に物資を補給してるよ。王府より薩摩の方が偉いんだから薩摩に従うのは当たり前だと思うな。

    >琉球側は徳之島には直営軍も送り込んでますので大激戦です。
    徳之島にそんなもの送り込むわけないじゃん。兵力の無駄遣い。与那原親雲上ってのは送り込んだけど、例によって恥知らずの臆病者で、島民を見捨てて一戦も交えずに山に逃げ隠れ、後でおめおめ生け捕りになってるよ。全部本人の家譜に書いている話。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    >撃退したのはあくまでも別働隊で、島津の主力はあっさりと運天港から上陸して、ほとんどなんの抵抗もないまま首里にまで迫ってしまった。

    ちなみに運天から上陸すると、首里に着くのに最低4日かかるけどその辺分かってる?4日もウロウロされたらメクラやツンボでも気付いて抵抗すると思うよ(抵抗する気があるなら)。あなたの言ってる話は「琉球入ノ記」によるけど、あの本は9割デタラメだから。

    >なぜなら、島津勢の上陸地点は那覇港のみと判断して、琉球軍の全兵力(2000人)を那覇と首里に集結させていたため・・・というと悪い話になるな

    薩摩軍が運天に到着した翌日には、早くも和睦の使節が運天に向けて出発してるんだけど、王府はダブルシンクでもやってたのかな?実際にはこれは我が国の歴史学者がモノホンのドアホでキチガイってだけの話だよ。運天に到着したのも大湾で上陸してるのも王府は把握してるよ。大湾で一緒に上陸した琉球人が、休まず歩いてその日の深夜には首里に着いて報告してるからね。戦いが起こらなかったのは王府がビビリで降伏する気満々だったからだよ。

  14. 人間七七四年 | URL | -

    上里さんにビビって降伏したneoairwolfさん!?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4707-4050fcc9
この記事へのトラックバック