FC2ブログ

備前の了見

2010年10月09日 00:08

552 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 17:01:14 ID:EOwd6o1G
徳川頼房は少年の頃、子の光圀同様に不良として知られ、常に黄金作りの太刀を持ち歩き、
紅色の裏地の衣服をまとい、家老の中山備前守信吉の諌めも聞かず、かぶき者とつるんで
江戸市中を練り歩いていた。

そんなある日、信吉は老中から『明日の朝、江戸城に登城されたし』との書状を受け取った。
何事かと出向いた信吉に、老中は打ち明けた。
「実は本日、貴殿をお呼びしたのは上様(秀忠)の仰せにござる。用向きは、我らも存じかねる。」

ピンと来た信吉も、打ち明けた。
「恐らくは、頼房様のご行状についてでしょう。しかし、正直に上様に申し上げれば、主君の非を言い立てる
不忠となり、だからと言って嘘を申せば、今度は上様をたばかる不忠となります。
私は、これで退出させていただきます。上様には、『備前は来なかった』とお伝え下され。」

「しかし、それでは貴殿が‥」「上様の命に背く私です。ご機嫌を損ね、御仕置を受けるも当然。」「‥良いお覚悟じゃ。」


藩邸に戻った信吉は、さっそく頼房に呼びつけられた。
「おう、備前よ!朝早くから御城に、お前一人が召し出されたと聞いた。いったい何事じゃ?」
信吉は城中での出来事を頼房に語り、言葉を続けた。
「もはや上様より、どのような罰を仰せつかろうと、私は腹を切ると覚悟を決めました。ただ、死ぬ前に三つだけ殿に
わが心残りを申し上げておきます。

一つは、私に成瀬隼人の機知や、安藤帯刀の胆力のような才無く、殿にわが異見をお聞き届けいただけなかったこと。
二つは、「頼房は若いが、備前を付けておけば安心だろう」という、大御所様のご期待に応えられなかったこと。
三つは、早くから気づいていながら、殿に良からぬ行儀をお教えする不届き者を、成敗できなかったこと。

心残りはございますが、私は死んでも魂となり、この藩邸で殿を見守り申す。なにとぞご行状を改められ、
上様の覚えもめでたきようになって下され。‥‥さて、あとは今生の暇乞いに、殿より盃と介錯を賜われば、
幸いにござる。」
「‥‥よし、分かった。誰かある、わしの太刀を持て!」

黄金作りの愛刀を取り寄せた頼房は、小刀でこれを打ち壊し、その脇差の贅沢な細工を削り取った。また他の道具、
かぶき装束も持って来させ、あるいは壊し、あるいは小姓に分け与え、全て手元に残さなかった。
「これで良かろう。以後改めるゆえ、もう一度御城へ行き、報告して参れ。」

老中より全て報告を受けた秀忠は、「備前の了見が無くば、頼房の行儀は直らなかったであろう。」と賞賛した。




555 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 18:22:53 ID:EUiWP4RC
>>552
>「‥‥よし、分かった。誰かある、わしの太刀を持て!」

一瞬、介錯してやるのかと思ってドキっとした。

559 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 22:34:04 ID:ZwNvsvmV
>>552
いや、中山さん、あんたには三河者のめんどくさい理があるじゃないか!
さすが御三家の付家老田地は凄い。
知恵の成瀬に肝っ玉の安藤、そして理屈の中山か

561 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 23:09:32 ID:CWYhNf1S
>>559
朱に交わればなんとやら、
武蔵者も三河者に囲まれればすげえ面倒くさくなるんだなw

563 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 23:34:18 ID:XC/SvdsY
>>555
あれ?俺がいる
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    いやいや、
    江戸初期の幕府話イコール三河者メンドクサイ、って待て待て。


    この中山は理論整然簡潔明瞭。
    三河者のようなメンドクサさはどこにもないでしょ。

    むしろこれは、
    さすがの三河者たちでも、
    小田原北条官僚気質にはグウの音も出なかった、
    という話。
    江戸幕府の統治官僚体制は旧北条遺臣が作った、とも言われるけど、
    この話はまさにそんな話。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    最近「めんどくさい」言いたいだけちゃうんかってレスが結構多いよね

  3. 人間七七四年 | URL | -

    地下鉄いりなかから半僧坊前まで行く南側に隼人池があって、成瀬さんがらみの地名らしいけど、
    備前守殿がらみの地名って、あるかな?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    これはある種鉄板展開とはいえ…カッコいいな。主従とも。

  5. 人間七七四年 | URL | LmMdU2V.

    水戸だと下市に「備前堀」があるけど、中山備前じゃなくて工事指揮した伊奈備前守忠次が名前の由来なんだよな……

    話変わるけど水戸っぽの気質として「怒りっぽい、飽きっぽい、理屈っぽい」の「3ぽい」があるけど、最後のは備前守殿由来なのかもw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    >565
    同意見。
    鬼武蔵の逸話を読みすぎたせいかな……

  7. 774 | URL | afXvPe0k

    まさか介錯?!

    な、なんだ違うのか、良かった、良かった。

    鬼武蔵に毒され過ぎたかな。

    と言う訳で
    >>555、>>563、そして※6。
    ここには俺が3人もいる。

  8. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    >*3
    あの隼人池ってその隼人だったのか
    しかしもう名古屋を離れて幾年
    って、なんで杁中くんだりに成瀬さんが・・・
    犬山城はもっと北ですよっと

  9. 人間七七四年 | URL | -

    ※8殿
     私が五軒家町にいたのだって、20年余の昔、昭和末期だよ。
    いちおう、なごやの地名図鑑だと成瀬隼人正になってた。
     飯田街道を八事線の市電が走っていた頃、1950年半ばまで今の国道じゃなく、
    一本入った聖霊病院に近い側を通っていたんだけど、大久手の方から来た八事行きが
    杁中を発車して半僧坊に向かって下っていったら、隼人池手前のカーブでブレーキの
    タイミングをミスって泳いじゃった事故が何度かあったらしい。
     まあ、平和公園脇の猫が洞池だって、ぬこがらみじゃなく、金子氏または兼子氏
    という豪族がそばにいた、らしいし。 

  10. 人間七七四年 | URL | -

    20余年前の五軒家町ってニアミスしてた人がおるw

    今度名古屋帰ったとき久しぶりに行ってみるかぁ…

  11. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    *8です
    八事まで市電きてたのか・・・
    地元をほんと勉強してなかったなぁ

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ※8殿
     電車に関しては世の中、ネット上も紙の本もごろごろしてますので。暇なときに
    探してみて下さい。…名古屋市交通局と名古屋鉄道はご先祖様が同じ。
     八事の交差点、中京大学の真下あたりに斜めに入って飯田街道と四谷山手通りを
    結ぶ路地が残っているけど、その路地に沿ったビルの敷地がもとの八事電車終点。
    電車が廃止される直前は飯田街道上で折り返してた。
    安田車庫(安田通り沿いの老人福祉施設のあるところ)~八事間の廃止はS46年4月。
     

  13. 人間七七四年 | URL | -

    よい飯能が見られて、武州の地元民には嬉しいな

  14. 御神楽 | URL | dvUYBDnY

    >米6
    同じくw

    しかしアレだな、こういう人たちが江戸繁栄の礎を築いたんだなぁ…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4718-16096932
この記事へのトラックバック