FC2ブログ

大友義統の愛妾と臼杵刑部の冒険・悪い話

2008年11月08日 00:02

715 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 22:38:37 ID:MdlAUSIF
天正14年(1586)12月、戸次川の戦いで、大友家が敗れ、ついにその首都府内に
島津が乱入してきた時の事。

主君、大友義統を逃すため、音に聞こえた大友家の勇者達、足立図書、吉良主水、小原平馬丞、
末武武蔵らは、追跡する島津軍に立ちはだかり、ことごとく討ち死にした。
しかしそのおかげで、大友義統たちはどうにか落ち延びる事ができた。

一息つくと、義統がにわかに、こんな事を言い出した。

「府内にわしの寵愛する女を残してきた!」そしてそばに付き従っていた臼杵刑部に、
「そのほう、今から府内に立ち戻り、なんとしても天野又兵衛の娘を連れ出してくるのだ!」

臼杵はすぐに引き返し、敵のあふれる府内に侵入。何度も危ない目に合い、二箇所も深傷を負いながら、
義統のいる高崎城まで、無事、女を連れ帰った。

大喜びの義統は、腰の太刀を抜くと、褒美として臼杵に与えようとした。
臼杵は突然立ち上がり、言った

『阿呆かおのれは!』

「最近の戦いで戦功を立てたものは自分のほかにいくらでもいる!なのに、その方々には
何の恩賞もなく、戦に何の役にも立たない女を連れ帰った私に褒美とは、どういうつもりだ!
そんなことだから、今このような恥辱にあっているのだ!

今日限りおぬしを、もう主君とは思わぬ!」

臼杵はそう言い捨てるなり、唖然とした顔の義統を背にし、堂々と出奔した。



719 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 22:47:51 ID:S9upIefr
義統はホントダメだな、こいつの逸話あったら面白そう

720 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 22:48:32 ID:dyGQ7Xe3
>>715
かっこいいな。
臼杵のその後の活躍が知りたいけど死んじゃったのかな

722 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 22:52:49 ID:FHJFcA8Q
>>715
その期に及んで、女を連れてこさせようとする義統のダメっぷりに萌えた

723 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 23:02:26 ID:MdlAUSIF
>>720
毛利家に仕えたらしい。>その後

724 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 23:09:48 ID:qxFkmVRg
>>715
主命を果たした上で出奔はカクイイな

725 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/07(金) 23:12:21 ID:dyGQ7Xe3
>>723
暗君の次は凡君か・・・。可哀想だけど義統に比べりゃマシか。
サンクス。

755 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 10:32:55 ID:1QHfre9S
>>715
かっこいい、これはかっこいい
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/473-bd893f72
    この記事へのトラックバック