FC2ブログ

利家夜話より、秀吉公の次の天下

2010年10月18日 00:01

750 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 11:57:05 ID:dOgAmx+B
いい話スレなのに評価の低い話が出ている前田さんの評価のいい話投下してみる。
まとめの方で既出(ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-3872.html)なのだがもう少し詳しい話です。

751 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 12:25:04 ID:dOgAmx+B
[利家夜話]より

ある時蒲生氏郷は、前田利長細川忠興・上田主水正・戸田武蔵守らを招き
雁鍋を振る舞った。
鍋を囲み談笑していたが話が進むうちに「秀吉公の次の天下は誰のものか?」という話題になった。

即座に氏郷が「それならその男の親父殿だろうよ」と利長を指さした。
「皆は合点が行かぬようだが、今上で加賀大納言殿の他にどれほどの人物がいようか。北陸三州を治め、
京までの道筋を阻むものはない。
西国の毛利輝元が上洛を試みようとも、備前に宇喜多秀家が控えているし、関東の徳川家康が
上洛しようとすれば、この飛騨が会津におる。即座に食らいついて、箱根を超えさせぬ」
と言った。
次に主水正が、息子利長がそこにいるにもかかわらず
「では、利家様が亡くなられた時には誰が天下を取るか」と問うと、氏郷は間をいれず
「その時は、この氏郷が取り申そう」と答えた。




752 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 12:31:25 ID:sxb9exRZ
レオンさん、家康さんと政宗さんどうするつもりだったんだろ・・・

753 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 12:56:36 ID:dYWb7bSP
>息子利長がそこにいるにもかかわらず
わかってはいるものの思わず噴いてしまったw

754 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 13:58:15 ID:O4v0a1PA
>>751
上洛すれば天下が取れるかのような物言いにひっかかるな
蒲生にとっての「天下=畿内を制圧」くらいの認識だったのかな。

756 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 14:04:54 ID:X+mL+MdS
>>752
「家康や政宗ごとき物の数ではない」といったところじゃないの?

757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 14:25:59 ID:W9J6r3vl
同じ地理条件で、家康の関ケ原への転進を見過ごした上杉の立場は

759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 16:15:37 ID:ICqXT9yD
>>754
同じく左遷された黒田さんは「九州を平らげて威勢を増してから上洛しよう」と動き始めた
ラスボスに警戒された者同士でも、視野の広さと情報収集能力に差があるなー
前線指揮官と参謀の差なのか、蒲生は機内にこだわりがあったのか

760 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 19:20:02 ID:JPyH3Dws
三成は秀吉の死ぬ直前に九州の転封の話があったけど
都でなにかあったとき間に合わない、と断ったよね

764 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 20:51:13 ID:VoorcZUI
>>760

「九州の惣主にしてやる」だっけか。
断った三成が関ヶ原の合戦直前に軍資金が足りず
「あの話を受けていれば」
と嘆息するという話につながる。

このあたりが本当だとすると、死の直前の秀吉の構想は日本各地に
それぞれをまとめる総括者を決めて、
その上に秀頼がいるという統治形態だったのかと思う。
765 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/17(日) 21:03:48 ID:wjZU/OJl
>>754
このころの「天下」の概念は室町以来の、「畿内近国」をさしたものだと考えたほうがいい。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    茶人仲間かな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    待て待て

    >「皆は合点が行かぬようだが、

    に始まり、理由が「地理的に有利だから」オンリー。
    前田派閥の会合なのに、なんというDisっぷり。
    揚句に二代目を前にして、お前の二代目はねーよ、と。

    もしかして、利家もしくはレオ様の悪い話じゃね?


    それにしても上田、出世しなかったなぁ。

  3. 人間七七四年 | URL | Y99IrIak

    蒲生さんは父祖の地が恋しかったのでは?
    もともと畿内故の田舎嫌い?

  4. 人間七七四年 | URL | -

    「ではそのあとはどなたが…」
    と問うても、諸葛亮はそれ以上誰の名も口にしなかった。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    >このころの「天下」の概念は室町以来の、「畿内近国」をさしたものだと考えたほうがいい。
     
    どうかな?
    天下を取った家康はこの概念にこだわっていなかったようだけど
    まあだからこそ天下を取れたとも言えるが

  6. 人間七七四年 | URL | -

    いつごろの話しなんだか気になる。
    だれも秀吉死後豊臣政権が続くと思ってなかったのか。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    ダービーに勝てるのはダービーに出走した馬だけ、とかって聞いた記憶があるけど、チャンスが来るまで生きていないと参加資格ないんだよな・・・

  8. 人間七七四年 | URL | -

    俺が見た話だと、徳川は?って聞かれて、
    氏郷「あんなケチが天下取るなら俺が取ってる」
    って話だったな。
    じゃあ利家はどうなんだと。

  9.   | URL | -

    >>8
    息子の差じゃね?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    「ではそのあとはどなたが…」
    と問われ、高祖は「お前はいつまで生きてるつもりだ。その先はお前の知ったことではない」と返した。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4748-0fdf0503
この記事へのトラックバック