甲州征伐の情報

2010年10月22日 00:00

894 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 17:02:30 ID:fmG5AzbJ
天正十年(1582)2月3日より始まった、織田信長による甲州征伐
織田家と同盟を結んでいるはずの小田原北条氏には、何の連絡も無い。

北条氏政が最初に異変を感じたのは実は早い。
信長の軍が美濃、信濃境に集結した2月3日、北条氏邦の支配する秩父谷から
注進があった

「武田家に何らかの動揺が見られる」

しかしその内容は不明確であり、氏政は「大したことではないだろう」と判断。
更に確かな「正説」を求めた。
この後も氏政と氏邦は毎日書状を交し合っている。

6日付書状
「このところ西国より人が下ってこず、西方の様子がわからない」
どうも織田徳川も、一種の情報統制をしていた模様である。

16日付の書状
「13.14両日の書状を見たが、事実を確かめないことには粗忽な行動はできない。
武田家の方から当方に駆け込んでくるものがなく、10日以降は武田家の情勢が全く
解らなくなっている。当方も何とかして情報を得る努力をしている。」

そして19日付

「京都からの情報が届いた。織田方の武田攻め、間違いない」

翌20日、直ぐに陣触れを出し軍を招集した。
22日付の氏邦宛の書状にはこうある

「織田軍が信濃の平地に展開したとすれば、武田は全く防戦できないだろう」

氏政の戦況予測は正確であった。


さて、このように織田方は北条氏との連携を全くとっていなかったのだが、あの
『信長公記』にはなぜかこう書いてある

『信長公は甲州攻めにあたり氏政に、関東口より攻めこむよう命じた』

信長公記の、特に信長後半期の描写は、織田家の「公式見解」「公式発表」を書き並べたものと
考えていい。
何故信長は、明らかに事実と異なるこのような見解を表明したのか、
色々と想像の出来る現実と信長公記との間の相違である。





895 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 17:16:03 ID:0uY98ZBK
信長さんの北条家の舐め方半端ねぇwwww

896 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 17:18:29 ID:hJQec6XK
これ逸話っていうより、この前出た
「戦国合戦の舞台裏」森本昌広
をそのまま書き写してるだけじゃん

897 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 17:19:08 ID:BHSCcbN5
武田の領地を北条と分け取りするのが嫌だったとか?
武田潰したら次の敵は北条だろうし。

898 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 17:28:01 ID:w2s6pPET
武田征伐成功おめでとうございます。って氏政が贈り物したら
この程度の物は腐るほどあるからイラネと送り返されたり
信長様の舐めっぷり半端ないでぇ

899 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 17:40:10 ID:Ng2lEcLl
>>896
この逸話結構有名だからそれ以外でも結構見る

まあ織田はすでに北條を仮想敵にしてたってことなんだろうな
のちの豊臣の北條に対する姿勢も、神流川の戦いの顛末もあるが
基本織田政権の方針で展開してるし

901 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 18:00:49 ID:caYaERoE
まあ、放って置く気はさらさらないだろうなぁ>北条
北条に公式通達すればそれによって武田への領土侵攻されれば、
織田からすれば邪魔以外の何者でもないし。

公式発表はするけどあっち側には伝えた
(ように見せかけて実質は情報統制かけて相手に情報を送ってない)
北条が気づいて用意するもその時にはもう織田は武田に相当な距離近づいてる。
結果織田は(信忠の超電撃侵攻もさることながら)北条のエンジンかかる前に武田を撃破し、
北条は「北条って行動遅いよね~」というマイナスイメージを食らうことになる。
機嫌をとろうとするも「そんなのはシラネ」と断られる。

つまり織田の「計画通り(キラッ」

902 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/21(木) 18:06:37 ID:Pu3i7ia+
>>899
北条氏政は天正8年時点で信長に鷹13聯を献上して服属の意思を表明し、10年3月には三嶋社に奉納した願文
で氏直と信長の娘との婚約を発表している。
信長は北条を従属的な同盟者と見て>>898のように見下すことあっても仮想的には考えていないよ。
スポンサーサイト


コメント

  1. 名無し | URL | aIcUnOeo

    朝倉≒武田
    浅井≒北條

    石高とか位置関係とかは全然違うけど、起きてる状況とか見ててそんな印象を持った。

  2. 名無しさん | URL | -

    1582年には滝川一益が関東管領で厩橋城に入ったりしてるし、本当に怒涛の年なんだよな

  3. 人間七七四年 | URL | -

    織田側が養子送り込んで弱体化って未来じゃないのかなー

    北条家は一族多いし、所領もそこそこあるし処理が大変だな

  4. 人間七七四年 | URL | IY7bLZJE

    本能寺がなかったらのぶは北条をどうするつもりだったのか?
    興味深いところではありますね

  5. 人間七七四年 | URL | -

    北条が相模+伊豆+武蔵南半分で満足できれば生き残れるのでは…西側にも50万石程度の従属下に入った大名(宇喜田)はいたわけで.

  6. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | -

    武田征伐で手こずる予想はなかったのかなぁ
    佐久平方面まで逃げられたら
    だいぶかかりそうだけど

  7. 人間七七四年 | URL | -

    上野も関東管領の肩書までも譲って織田に従属していた北条が、何で豊臣には従わなかったんだろ?

    やっぱり嵌められて潰されたのかな?

  8. 人間七七四年 | URL | -

    自分も901さんとほぼ同じ意見ですね。

    でも、一応信長さんは自分の「同盟国や言う事を聞いている相手」には、それなりの評価や敬意はしている人ですし、突然に戦って事だけは無いと思います。
    (まぁ北条家への態度は微妙ですがねw)
    何かしたらの動きは、上杉を片付けてからだったと思います。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    とっくに従属してるつもりで当主の上洛がそんなに重要だと思ってなかったかも知れんなあ

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >米9

    氏政は上洛するつもりだったらしく上野の豪族に、
    「来春上洛するから留守番よろしくネ☆」
    って手紙が残っている。

    秀吉からしたら島津や徳川なんかとは比較にならない巨大帝国の北条を残すのは不可能だったんじゃ?

  11. 人間七七四年 | URL | -

    同盟国から情報が漏れるのを嫌ったんじゃないかな
    電撃侵攻するためで、金ヶ崎の時の浅井と一緒。
    同盟国を軽視してるわけでは、ないと思う

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4762-7b5e6f9e
この記事へのトラックバック