FC2ブログ

『小田城の真の防御力』

2010年10月23日 00:00

942 名前:長永[sage] 投稿日:2010/10/22(金) 13:29:23 ID:GFwi4i0V
さて、先の投下で、なんで氏治様方が小田城に固執したのか、謎が解けたかと思います。
(といっても、やっぱり氏治様自身は『自宅だから』という理由の可能性は濃厚ですが)

次は、小田城の謎についての解明です。
初めに注意ですが、以下の投下については、T氏から聞き出した複数の内容を繋げていて、
かつ、長永&友人が想像した部分が混じっています。
T氏はここの内容については一気に語って下さらず、こちらが『もしかしてこういう事ですか?』
といった事についても、否定はしないが、正しいとも言わずにはぐらかされてた感があります。
(※そもそも、T氏的に小田家を潰した氏治様についてはそう好きでないとの事でしたので)
その辺りは注意して読んで下さい。あと…また長文。相変わらず短くする能力は皆無。


『小田城の真の防御力』

逸話では武将の策略も見えるが、はっきり言ってとにかく脆い小田城。
しかし、いくら脆いはいえ、敵の入った小田城を、あの弱すぎる小田軍が何度となく奪還出来たのはなぜか?
ヘタするとあの軍神様・上杉軍からも奪還しているという。城の防御以前の兵の強さの差を前に、
どうして奪還できたのか?

実は『小田城落城』後、占領軍には思わぬトラップが待ち受けていたのだ。
今まで散々挙げられている小田城の落城は、あくまでも『小田城のみの落城』である。
これに自分らも占領軍も騙されていたフシがある。
以前、小田城の城郭図をスレかまとめサイトで出したことがあったが、小田城自体は方形館に毛が生えた程度。
大して防御力は見込めないもので、後の資正殿の魔改造によって大城郭になった。というはずだったが…。

まず、宝篋山の手前にある前山。ここは後に太田・梶原親子による小田城魔改造により、総構えが作られ、
前山城なる出城が築かれた…という説が通っているが、総構えはともかく、前山城はもっと古い時代から
存在していた。
次に、宝篋山の麓で小田休憩所の裏。大きな堀跡があり、これも総構えとされているが、地元ではこれを
『御隠居堀』と云われ、小田家の隠居者が住む曲輪があったとされている。前山城の付属扱いか?
そして、宝篋山の山頂。宝篋印塔やアンテナの立つ辺り一帯には、南北朝時代といった古い時代に築かれた
山城、宝篋山城または宝峰城がある。ここは削平され、後の時代に追加されたと見られる大堀切などがある。

これらの城は、戦国期まで維持されていたか、放置されていたのを必要性から再び使われる様になった。
規模もそこそこで、特に宝峰城にはまとまった軍勢の収容が可能で、山中まで考えれば限りが無い。
…とはいえ、これらは古い城がベースの為そこまで技巧的では無く、防御面はやはり不安。
ところが、占領軍側にはここを攻められない理由があった。

943 名前:長永[sage] 投稿日:2010/10/22(金) 13:32:17 ID:GFwi4i0V
続き。

先の投下でお分かりの方もいるとは思うが、その理由が極楽寺の大寺院群の存在である。
当時の大きな寺は扱いが厄介で、大名だろうと容易に手を出せなかった。
表向き(占領軍側)には中立を装った上で、ここは聖域だ云々言って侵入を一切許さずにいる。
が、先の投下の通り、小田家とはもう何百年という仲である。
大友好でがっちり繋がっており、有事の出入りは勿論、普段から上の城を維持する為の出入りも普通に
フリーだったはずである。

この為、小田家はここに小田城奪還軍を容易に収集出来て、敵の動向を見下ろせる位置、しかも敵から近いのに
向こうからのみ攻めてこれないという最高条件の場所に陣取れた。
そもそも、ヘタすると小田の兵は小田城が落城した時点で、ここへ逃げ込むことが既に決められていた可能性さえある。
小田城までの距離は、前山城からなら走れば10分掛からず、宝篋山山頂からでも下りなら
1時間掛からない感じだったろう。

そんな面倒なものが至近距離にあっては占領軍はたまったものではない。
それに、これでは小田を占領出来たと言えず、民が新領主と認めないのも無理は無い。
小田城を落としたら落としたで、非常に面倒くさいことになった。
最初に小田城を落とした結城は統治を諦めてすぐに引き上げ、佐竹等は対策を考えてる内に奇襲なりを受けてしまう。

これが、氏治様が何度も小田城を奪還出来た理由である。
そして最後の落城の際、佐竹側はいい加減この無限ループを断ち切る為、寺院群の排除に踏み切ったということ。


…ということですが、
実のところ、この構想自体はあまり珍しくも、当時画期的だったりした訳ではなかったりします。
自分と同じ戦国マニア兼城郭マニアの方は分かると思いますが、要はもっと古い発想である、
『館と詰めの城』そのまんまです。
これにたまたま寺院群という要素が付いただけなのです。

だから、普段居住や政務を行う小田城はあくまで館、戦などの緊急時に篭城する様な詰めの城が
前山城や宝峰城となるのでしょう。
…ただ、やっぱり氏治様には小田城が大事だったので、小田城がきっかり落城してからの移動になったのでしょうし、
氏治様自身は土浦城へ逃げており、詰めの城側に行くのは家臣の武将や足軽レベルの雑兵になるかと思います。



965 名前:長永[sage] 投稿日:2010/10/22(金) 23:08:46 ID:GFwi4i0V
…忘れてました。先に言っていた昔の小田城と寺院群のイメージ図は既にうpしておいてあります。

ttp://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/165479
ttp://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/165480
ttp://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/165501
ついでにこれも↓。現在地というのが小田休憩所の場所(こちらの図は1600年代)
ttp://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/165503

見ての通り、小田城は見事に海に面しています。
戦国期も面するほどかは不明ながら近かった様で、
『お城が落城した時、小田のお殿様は舟で土浦まで逃げ延びたそうな』
といった子供に聞かせる昔話チックな話があるそうです。

あと極楽寺、すごく…大きいです…。
最初見た時「これは城じゃないのか?」とか思いました。
ところが、T氏曰くこの図には描かれてない寺がいくつかある上、
そもそも『180以上の堂塔』という数字は、平成18年頃に資料作成した時点の話で、
今現在も順調に発見されて数を伸ばしているらしい。
あと、発掘範囲は小田側の麓のみで、山の反対側などは手が回っていないのが現状らしいです。





スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    これは凄い。良くここまでお調べになりましね。
    でも、これってぶっちゃけ小田家が別段凄い訳じゃなく立地が・・・。

    ファイルは開いたけど、見れなかった(涙)

  2. 人間七七四年 | URL | -

    T氏って誰だよ

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ここまで調べるとか、半端ない天庵様への愛を感じる。
    400年以上が経っても天庵様の人を引き付けるよくわからない魅力は健在なんだな。

  4. 人間七七四年 | URL | -

    力作感謝。
    加えてあやふやな点はきちんとあやふやである、と沿えてある点もよかった。
    「そうかもしれないし、そうでないかもしれない、が、こういった説がある」
    というまさに逸話で「へー」と楽しく読ませていただきました。

  5. 長永 | URL | VX3per56

    >2
    一番最初の投下で書いたのですが、つくば小田研究の最前線にいる方で、
    一応ネット上にも本名が上がってる方ですが、2chで晒すのはどうかと思ったので
    こう表記しています。
    どうしても知りたい場合、、『宝篋山小田休憩所』(※電話未設置)に
    直接行くか、つくば市役所の観光課を通して休憩所への連絡方法を聞けば道が開けるかと思います。
    『小田城及び小田氏の事に一番詳しい方』
    と言えばほぼ特定される様子です。

  6. 三 | URL | -

    小田氏がこの地を本拠とすると、この近くには多気山城という大掾氏の根拠地(多気大掾氏)があったのですが、ここを小田氏が滅ぼしています。
    この位置関係は失念していますが、話題の山々に関係しているはず。
    それらの施設を改修して使っていたのかもしれません。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    マニアってすごいね

  8. 三 | URL | -

    >>5
    小田氏の研究というと筑波書林からでている
    「常陸小田氏の盛衰」(著者:野村享)という書物を思い出します。
    郷土史家の方は地元愛がつよいので読むときは少し冷静にならないといけませんが、元来注目されずにいた歴史の片鱗を教えてくれるのでありがたいです。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    すごいな…情熱はここまで人を動かすのか…。ひょっとして投下してる人は小田氏の末裔か氏治の霊でもとり憑いてるんじゃないか?

  10. 人間七七四年 | URL | -

    >>2
    「寺生まれのTさん」に決まってるだろw

  11. 人間七七四年 | URL | -

    小田・・・城?
    寺の方が、凄くお城らしいです・・・
    これは小田城落としたくらいじゃ・・・ねぇ?w

  12. 人間七七四年 | URL | JalddpaA

    今週、小田さん関係の話がなんかいくつも投下されてるのはチラ見で知ってたから、期待して休日だし見に来てみれば、何?あの本スレ見てる奴らの態度は?
    投稿者の態度がどうこう言ってるのがいたけど、どうみたって逆だろ。投稿者の態度は終始正しのに、見てる奴つってか書き込んでる奴の態度がずっと悪いだけじゃん。イミフ。
    投稿者の人、内容的に見たってすげえ詳しく書いてくれてるし、しっかり説明や補足入れてくれてて情報量半端無えよ。
    しかもわざわざちゃんと注意書き入れたり、ちゃんと見る人の事を考えてくれてるのが分かった。逸話や伝承とかもちゃんと入れてんじゃんか。
    たまに見かける、始まりもオチもちゃんと書いてない、軍記ものだかの切抜きを貼ってそのまま投げっ放しの投稿者の奴に爪の垢でも飲ませてやりたいぜ。

    スレ違いもクソも無く、批判してる奴のが筋違いだべ?
    で、何でおまいらは批判だの自由適当に書き込みしてんのに、投稿者には『逸話だけ書き込め』とか指示してんの?
    何かあんたら偉いのか?俺らはあくまで読ませて貰ってる側なんだから、むしろ礼の一つでも言うべきじゃない?
    空気悪くしてたのは、ずっと見てる側の書き込みだったぞ?

    投稿者さんがまだ見てくれてるか分からんけど、すげえ興味深すぎる内容だったよ。
    俺は休日じゃないとあんまスレ開けないし、2chは基本ほっとんどLOMってるけど、ちゃんと楽しませて貰った。ちゃんと支持するのがいるってのはどうしても書き込んどきたかった。
    まだ何か投稿するっぽい感じだったから期待してるぜ。
    こんな奴らのせいで凹んだとかで、投稿やめられたりしたらマジ有り得んからな。

  13. 人間七七四年 | URL | -

    寺デカス

  14. 人間七七四年 | URL | -

    このイラストの感じだと、小田城は防衛力皆無なんだけど
    優勢な敵が攻め寄せてきたら、防戦せずに土浦まで退くと最初から決まってたんじゃないかという気がしてくる

  15. 人間七七四年 | URL | -

    佐竹から見たら「寺UZEEEEEEE!!!」って感じだな。
    そしてその様子を寺から「城攻め落としても無意味だったね。ねぇ、今どんな気持ち?どんな気持ち?」と見守る小田将兵。
    佐竹がブチ切れて寺を破壊した気もわかる気がする。

  16. 人間七七四年 | URL | cRy4jAvc

    ※12
    なんか文章の頭に (#●д゜) ←これが見えた

  17. 人間七七四年 | URL | -

    つまるところ、小田城を中心に、その地方全体が
    ゆるやかに要塞都市を形成してたわけか。
    小田城落城!って言っても、氷山の一角が占領されたに過ぎなかったんだな。
    なんにしても、小田城奪還は天庵様が軍略発揮した訳じゃないんだなw

  18. 人間七七四年 | URL | -

    どう見ても小田城<寺だろwww素直に小田館とかにしとけよw乙!確かにイメージ掴めたわw

    ※12
    まあ落ち着けw平日の2chに常駐してる奴なんて所詮は暇人ニートだって。
    そんな奴らのレスに本気になってもしゃーないさ。
    ま、スレの方に書かなかったのは正解だろうな。見た感じ話が通じなそうな連中が書き込んでるみたいだったし。
    何なら励ましの部分だけスレに書き込んであげたら?
    え、俺?やだよそんなとこに書き込むとかw

  19. 人間七七四年 | URL | -

    こういう古い勢力って居城はたいてい館みたいな奴だよな

  20. 人間七七四年 | URL | -

    >12さん
    言いたい事は分かる!でもここをいい加減2chと同じ風に扱わないで欲しいのですが?ここは独立しています。ここで貴方の思いをぶつける場所では無いです!
    あなたもその点を理解するべきなのではないですか?

  21. 人間七七四年 | URL | -

    レジェンドオブマナは許されざるよ


    T氏ってまさかTENANSAMA…

  22. 人間七七四年 | URL | -

    なるほど。寺院破壊の理由はそういうことがあったからか。なんて思ってコメント見てたら、いきなり>12よどうしたw
    ・・・って書きつつ、つい本スレ開いちゃったんだけどさ、見なきゃよかったorz
    なんというか>12の言う通りだもんな。納得しちまったよ。なんか書き込みたい気もしたけどさ、変な火種投げ込むのもどうかと思ったし、1000まで見た時点で23を開く気も書き込む気も失せちゃった。
    投稿者の人たちってあんなトコで投稿しなきゃいけないのか・・・。
    前は俺も何か投稿してみたいとか思ったけど、これ見たら今までしなくて良かったって思ったよ。あの住人の御眼鏡に掛かる内容と雛形を要求されるって考えたら萎えた。月曜のアフター5がこれって・・・orz

  23. 人間七七四年 | URL | -

    >20
    え?独立してる・・・って言うのか、多分。
    でも、あくまで本スレがあってこのまとめサイトはあるんだし、そもそも投稿されてる逸話自体が2chのレスであるんだし・・・うーん、こういうの分からないなあ(´・ω・`)

    でもさ、多分問題なのはさ、今さっき上にコメントしちゃったけど、あの住人のフィルターを通らないと、このまとめサイトへ逸話が降りて来なくなるかもしんないって事だと思う。だって、なんか投稿者へあれこれ要求してたし、追い出そうとしてる気もした。
    >12の言うとおり内容も確かに詳しかったし、最初っから見る側への配慮もしてたってのを書き込み読んで知った。で、その配慮を住人が軽々と蹴って文句言ってる。しかも、補足とか(?)の部分は基本ですます調だから、あれで非難されるとか見てて憤りを通り越してやるせなかった。
    いつの頃からか変な荒れ方をする様になってさ、随分長く本スレに行かなくなっちゃったけど、昔は普通に読めるスレだった気がする。

    俺も言っとくよ。十分楽しませて貰ってる。あんな書き込みは無視して、まだ持ってる話があれば投稿しておくれ。

  24. 人間七七四年 | URL | -

    ↑とりあえず、感情書きなぐりは見苦しくなるから程々にな?
    まあ、素直にお礼を言えるってのは良いことと思う。否定する気はないぜ。

  25. 人間七七四年 | URL | -

    >独立している
    この点は管理人さんが認めている事です。あくまでもココは「纏めサイト」であって、2chの延長線や避難所では無い!

    2chが嫌だからここにお邪魔している人だっているのに、どうして2chの現状を持ち出すのです?あと、貴方の感情の発露場所でも無い!他の人の目も気にして頂きたいってだけです。それがネチケットでもあるでしょ?

  26. 人間七七四年 | URL | -

    >25
    この手の話は難しいもんだね。
    あと、そちらのコメントも結構感情に走ってるから、その内容でコメントするなら、もちっと優しく頼む。同じ類の書き込みに見えちゃうからさ。
    コメントの内容は自由だとは思うから、感想を書き込んじゃダメって事は無いと思うんだ(むしろ、感想書いちゃダメって言ったらこのコメント欄の意味が)
    でもそろそろ、どなたもその話題はスルー方向で行きましょうさ。ここで何かをぶつかけ合っても楽しくないよ。

  27. 人間七七四年 | URL | -

    いろいろあるんね(汗
    それにしても佐竹は『館と詰めの城 』ってセットなのに、片方だけ落として占領した気でいたのか。徒歩でその距離ってまた随分近くに建ってるのなあ。
    でも、普通城ってそこまで隣接してるものなのかな?小田城も結局『城』扱いならさ、さずがにその距離で3城ってえらい密集してるよね。

  28. 長永 | URL | VX3per56

    すっかりコメント見落としていました。

    >1
    DLをし直しても開けないようでしたら、拡張子の問題かもしれません。upしてあるのはJPEGですが、
    必要あらばpngやbmpにして別にupします。あれはぜひとも見て頂きたい物ですので。

    >6 と、多分 >27 にも関係。
    多気山城は、ここで挙げた城ではありませんが、非常に近くにあります。
    小田の隣、つくば市北城にある山がそうで、実はupした画像にも描いてあって、
    165480の『城山』という文字のすぐ下の小さめの山がそうです。奇しくもちょうどその手前側が、
    文字が書かれていないですが宝峰城になります。
    小田城を居城として、こうした宝峰城などを支城と言いますが、実は小田家の支城網は何気に
    強固に密集していたりします。
    >27さんが3城でも多いと思われるのは無理も無い話なのですが・・・これ、上記の多気山城のと、さらにその麓近くに北条城と小泉城があり・・・なんて状況です。
    こちらの3城は、特に極楽寺の様な特殊要素はありませんが、攻める側には嫌な密集地帯に見えたかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4765-d5877949
この記事へのトラックバック