一休禅師・『比叡の山路を拾ひ往くかな』の上の句は?

2010年10月31日 00:01

18 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/10/30(土) 01:15:18 ID:tvni0t9O
ある時、一休禅師が幕府政所長官伊勢氏の執事である蜷川新右衛門と共に
比叡山に登ったことがあった。

そこで新右衛門、一休に向かいこんな事を言った

「『比叡の山路を拾ひ往くかな』、さて、この上をお付けください。」

これを聞くと一休、直ぐに

『さし解けて 麓に四貫の銭ばらり』

新右衛門、一休の機知に甚だ感服したそうである。
そんな一休頓知話の一つ。




スポンサーサイト


コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    将軍さまはいつ出てくるの?

  2. 人間七七四年 | URL | fnyBonMs

    叡山への皮肉にもなっててうまい狂歌だな。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    流石は禅師w ホント上手いよなw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    戦国なのか?

  5. 人間七七四年 | URL | -

    一方で坊さんの言うことじゃねぇよなぁと思うw

  6. 人間七七四年 | URL | -

    いいんだよ、最期の言葉が「死にとうない」でも「一休さん深えー!」って言われる人だからな

  7. 人間七七四年 | URL | -

    一休さんの生き様はパンクすぎる

  8. 人間七七四年 | URL | -

    クラウザー様で再生楽勝でした

  9. 人間七七四年 | URL | -

    だけど、怪しい後小松天皇御落胤説のお陰でまともに墓参りできない現実に、宗純和尚はなんと言われるだろうか…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4802-c9cc2ea4
この記事へのトラックバック