FC2ブログ

田中吉政雑感・悪い話

2008年11月09日 00:05

737 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 01:56:29 ID:sA4+v3z1
関が原の合戦に勝利した東軍の次の標的は、
三成の佐和山城であった。東軍は井伊直政、田中吉政、
小早川秀秋らを先鋒に家康自ら出馬し、その数は一万五千に達した。
対する佐和山城に篭る石田軍は三成の父、正継、兄の正澄ら2800人、
しかもその多くが老兵、若兵であった。

この戦いでもっとも華々しい活躍をみせたのは、
老兵福島次郎作である。次郎作は弓の名手であり、
雲霞のように寄せてくる東軍を次々と矢で射ち落とし、
自分の矢が尽きると山田嘉十郎の名が刻印された矢を用いた。
次々と放たれてくる矢を見た東軍では、
それを嘉十郎のなせる技と勘違いし嘉十郎を大いに賞賛したという
(当の嘉十郎は関が原の敗戦を聞き、既に逃亡していた)
大坂からの援軍の将、長谷川宇兵衛が東軍の小早川家に内通すると
本丸以外の他の丸はすべて陥ち、落城は時間の問題となり日没となる
家康は降伏勧告の使者を正継に送り、ここで関が原の捕虜として
東軍に捕らえられた青木某を引き渡され、正継は西軍の壊滅を知った
正継は一族の自刃と引き替えに城に篭ったもの達の助命条件に開城を願い
家康もこれを認めていた。
そして翌日に城の引き渡しというときに突如として、
田中吉政軍が城内に乱入してきた。
開城と聞いていた城兵にもはや戦意は無かった。
約束違反を詰る城兵に対し、正継は

「内府も念のこもったことよ。」

とだけ感想を漏らし、天守で静かに一族と共に自害した。
家臣の土田東雲斎が、宝蔵から宝物を敵兵の中に投下して
自害の刻を稼いだといわれる。落城の炎に逃げ惑っていた
多くの子女たちも、敵の辱めをうけてはと谷に次々と身を投じた
(この谷は「女郎谷」とよばれている)

命令違反の田中吉政に、家康から罰や叱責が与えられたとの記録は
今のところ見つかっていない

田中さんは宮部さんを嵌めたという話があったりで
DQNではないけど陰湿な悪い人なイメージがあるよね



738 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 01:59:15 ID:sA4+v3z1
でも内政面では凄く評判がいい不思議な人でもある

739 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 02:04:14 ID:w+XFgYBi
前段と後半で、いい話と悪い話の二つに分けたほうがいい気がする。

742 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 02:43:51 ID:CLB8JfSy
田中吉政はもとは百姓だしな
農業に関しては詳しくて内政は良かったらしいけど・・・
友人の三成突き出してまで出世するし

743 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 02:55:50 ID:1vGaEcWq
西軍の三成見つけたらそりゃ差し出すでしょ

744 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 03:11:19 ID:CLB8JfSy
いやいやいやいや
家康の命令とはいえ友人を平気で突き出して恩賞たんまりもらってんだぜ
普通ならせめて多少の恩賞辞退してまで助命嘆願するとかするだろ
・・・まぁいいや、とりあえず俺はこいつは好かん

745 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 03:18:23 ID:w+XFgYBi
まず友人なのか、という問題と、

当時三成は国事犯であり、吉政を非難する人は、犯罪者でも友人なら
警察に通報しないのか、と言う疑問がわく。

「過去の忠義の士とは、今で言えば汚職や犯罪で批判された政治家や社長を、最後まで弁護している
秘書や社員の事である。」って話はある程度的を射ていると思うよ。

746 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 03:40:27 ID:CLB8JfSy
そのとおりだね
別にこいつが三成をかくまうとか逃がすとかは最初から期待してない
が、友人としてあまりにも淡白過ぎるから違和感を感じるのかもな
戦国ちょっといい話スレではただの百姓がかくまったというのに・・・

747 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 03:45:01 ID:w+XFgYBi
それもあくまで逸話だと言う事を考えた方が…>百姓
無粋だけど特にああいうのは、明治後に出来た伝承であることが多い。

748 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 03:58:55 ID:1vGaEcWq
百姓と東軍所属の大名を比べてもなぁ

下手すると家康から睨まれるわけで・・

749 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 04:28:09 ID:sA4+v3z1
田中さんはバルトロメオとして娘婿の明石の逃亡助けたり
(本当は田中さんの息子の話らしい)
特に内政面東海道を岡崎に引っ張ってきて城下町の活性化を図ったり
柳川の水路を整備して水の都にしたり久留米にいたる田中街道作ったり
近江八幡を安土のように町割りしたり・・・
三成も「どうせ捕まるならお前がいい」と言ったそうだし脇差も上げたぐらいだから
待遇もよかったんだろうし
秀次切腹の時に「他の山内とかの与力大名はともかく筆頭家老の田中は切腹させるべき」となったときも
三成が「いやあいつは諌言とかしまくってたからちゃんと仕事してた」って弁護して
秀吉の直参になったから(それまでは宮部家→秀次の家来で直参じゃない)
仲良かったのはたぶん本当だろうし
いい話もあるんです
ただここは悪い話メインなので
若いころ奥さんと食事としてた時に急に「俺は大物になる!!!」って叫んで
離縁を申し出て家を飛び出した若気のいたりとか
長久手の時にヤバくなって「ちょっと後詰めに連絡してくるわ」ってドッカ行こうとして
堀に「あ?てめぇ家老のくせになに主人おいてトンズラしようとしてんだよ
とっとと取って返して討ち死にしてこや」って怒られたり
岡崎で家康臭を徹底消去するために家康の安堵状全廃して
寺領没収しまくってたらどこからともなく常に念仏が聞こえるようになって
最終的に耳に激痛が襲うようになってあわてて辞めたとか
関ヶ原で旧主の子である宮部長房をはめたり
ちょっと領内インフラ整備しまくったおかげで財政難になって
息子は大阪に参陣できなかったりしたことが大きく取り上げられてるだけで

750 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 05:29:40 ID:JVghmrsL
>>745
そんでもってそういう連中を面白おかしく脚色して物語にする人間がいるから後世まで有名になる。
忠臣蔵なんかは典型だ罠。
もっともそれは社会秩序が整った時期だからこそ単なる犯罪者の擁護者だが、
勝ったものが正義の乱世だと普通に忠義の士だったりする。

751 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 07:54:10 ID:Ou+8X72K
>>737の田中さんの行動は家康の命令でやらされたものじゃないか?
……と考えるおれは間違いなく司馬史観信者

田中さんはなんか小物臭がして好き
根は悪い人間じゃないんだけどうっかりさんで小市民なイメージ

757 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 10:41:39 ID:1pEXHRp7
>>751
家康の命令なら津田清幽(元家康家臣で七将襲撃後に家康から石田家に
送り込まれた人)はもっと違う立ち回りをすると思うから、普通に
田中の勝手な行動だと思う。

というのは自分の田中のイメージがドス黒だからかも知れんが。
なんかの本で秀次事件のときに自分の保身のために
秀次の悪事あること無いことでっちあげた上で
「俺は注意したんですけど~」とか言って秀吉にへつらった
ってのを読んでから好きじゃないよ田中。

758 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 10:47:55 ID:nabS2T92
実際に秀次事件の後加増転封を受けてるし>田中吉政
とばっちりを食って首が飛びそうだったのを危うく三成に助けてもらった、
というのもそれはそれで悪い話(後年の佐和山城虐殺を考えると)だけど、
お咎めなしどころか恩賞まで普通に秀次に讒言かましてたんだろうな、と思う


759 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/08(土) 11:01:28 ID:LntwGFmz
三成の墓でも建てたら印象も変わっただろうに
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/481-0d4d7d7e
    この記事へのトラックバック