FC2ブログ

実弘寺来歴

2010年11月05日 00:00

336 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/04(木) 01:37:53 ID:xPjEUdgK

天正十年、本能寺の変を受けて滝川一益と北条氏直の間で行われた神流川合戦。
周辺一帯にも被害は及び、現在の埼玉県上里町にあった実弘寺という寺院も本堂以
下、殆ど全てが火災により焼失してしまった。

その後、実弘寺は江戸初期の元和年間に奥喜兵衛尉安盛という人物によって再興さ
れ、喜兵衛尉の名前を取って安盛寺と改称された。

宝暦年間にも再び火災に遭い、焼失&再興を繰り返すコトになるのだが、不思議な
コトに境内にあるカヤの巨木のみはいつの時代も焼け残っていたと言う。
このカヤの巨木、根元に大きな洞があり、中には石作りの祠が祀られている。

洞の中には白蛇が住み着いており、祠はそれを祀った物だと伝えられる。
近隣の住人は何か願い事があると、このカヤの木に鶏卵を供え、白蛇に祈ったのだ
と言う。


安盛寺の案内板にはカヤの木は現存しているようなニュアンスで紹介されていまし
たが、境内をザッと歩いてみても、そんな木は見つけられませんでした。
見落としているのか、伝説のみで現存はしていないのか、詳細は不明です。
つか、村人が祈る対象って白蛇かい。本尊の立場ってドコ?www

本尊を差し置いて、実質信仰を乗っ取ってしまった白蛇さん。というコトで、どっ
ちかと言うと悪い話か?




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    白蛇は昔から超レア物だから見かけた場合は大抵は水神として崇められてるよ。
    岩国みたいに1000頭近くうじゃうじゃいた地域では岩国藩の米倉で鼠退治用に飼われて(縁起もいいし単に黙認?)たりもしてる。

  2. 化け猫 | URL | -

    鬼武蔵「白蛇うめぇ」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    米2
    やはり出たかw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4829-d32e64b4
この記事へのトラックバック