FC2ブログ

睡庵翁と風呂屋の話

2010年11月07日 00:02

165 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/05(金) 22:00:48 ID:IvAz7A42
京にあるその風呂屋の横には、汗をかき過ぎた客が使えるように、いつも竿に湯帷子や真新しい下帯がかかっていた。

風呂焚きとして二人、垢掻きとして別に二、三人の下男を雇っており、その他に上がり口に屈強な男を一人置き、
他の下男は脱衣所には入れないようにしていた。そのため客は安心して裸になり、衣服・荷物を預けて風呂を楽しんだ。

この風呂屋の主人・睡庵老人の所には毎日のように訪ねて来る者があったので、老人は毎日決まった時間に、訪問客
のみならず、客の使用人にも食事を振舞った。訪問客は、おかげでゆっくりと心行くまで老人との会話に興じた。

また老人は、自分はコタツが嫌いだったが、「顔を突き合せねば、話も弾まぬ。」として、炭の火をごく弱くして
置ゴタツを作らせ、来客同士が遠慮せず近寄って会話できるようにしたという。


備前老人物語に、「今時かく客あしらいする人まれなるべし」とまで書かれた、睡庵こと渡辺勘兵衛の風呂屋の話。
百戦錬磨のご隠居が一緒のコタツに当たらせてくれて、面白い話してくれる銭湯・・・ちょっと行ってみたいかも。






171 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/11/05(金) 23:43:38 ID:iU7q1OIr
>>165
行ってみてえし、入ってみてえ
昔の生活って、今からやると大変だろうけど、でもなんか憧れちまう
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    いたれりつくせりだね。勘兵衛という人、意外に細やかな心配りができるんだな。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    男塾方向のウホッなサウナというハッテン場、を想像。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    槍働きだけでなく能吏でもあるだけに、周囲への気配りができる人だったんだね
    ……と書こうと思ったが、三斎さまに柿プレゼントした人を思い出したので、能吏と空気を読む力は関係ないな、うんw

  4. 人間七七四年 | URL | -

    これだけ褒められると、藤堂高虎の悪い話になりますね。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも、細やかな配慮も出来ない様な武将なら、戦場で勝利も出来ないし出世も出来ないでしょうね。ホント、こんな施設が有るなら行きたいですね!

  6. 人間七七四年 | URL | -

    これは面白そう。手土産に酒でも提げて行ってみたいな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4840-05ece24f
この記事へのトラックバック