FC2ブログ

南部信直の雫石城攻め・悪い話

2008年11月10日 00:04

804 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/09(日) 02:32:01 ID:0sK7yrsn
時は天正年間。
南部信直は領土拡大を狙い、斯波氏が領する雫石城を攻めることにした。

雫石城は天然の要害だが、攻撃前に城の水の手を探り、
それを断っておけば、戦を有利に運ぶことができる。

ということで南部方の間者が城の近くにある茶屋、「五輪茶屋」へやってきた。
どうやらこのあたりに水の手があるらしい…

間者、茶屋の美人の女将をつかまえて、
「えへへ、そのたすき素敵ですね」とお世辞を並べ、水の手を聞き出す魂胆だったが、
女将「演技しょぼすぎwwこれだから南部の田舎者はww自重wwww」

岩手の代表的民謡、「南部よしゃれ」はこの故事に由来する。
間者のちょっと(バツの)悪い話。


ちなみに雫石城はサクっと落ちた。



805 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2008/11/09(日) 02:35:11 ID:fpLUCQGR
(かなりかっこ)悪い話だな。サクっと落ちた雫石城も含めて。

806 名前:人間七七四年[] 投稿日:2008/11/09(日) 06:43:27 ID:9iWj3ZKG
>>804
幕末でも新政府側に着こうとしていたのに奥羽越列藩同盟に
わざわざ加わって、退却の際も無意味に秋田側の村を
やき打ちして後世まで恨まれるアフォ南部w
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/488-3054da83
    この記事へのトラックバック