FC2ブログ

『徳川実記』より信康切腹を巡る諸々

2010年12月15日 00:02

33 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 01:01:00 ID:SqtyEf0o

長篠合戦の大敗後、武田勝頼の打った起死回生の一手は徳川家の取り込みであった。
その成否は判らないが、武田への内通を疑われて家康の正室と嫡子が殺された事だ
けは確かである。

家康に正室の築山殿を斬るよう命令を受け、それを遂行した野中重政は、浜松に帰
還し、主君に報告を挙げた。
しかし家康から帰ってきた言葉は、
「……謀反とは言え、女の事だぞ。どうにでもやりようはあったろうに。馬鹿正直
に命令通り殺してしまったのか?」
その言葉を聞いた野中は、家康の本心を知り、その心を汲めなかった自分を恥じ、
自ら蟄居したと言う。


また、嫡子・信康の身柄が大久保忠世に預けられた時、守役の平岩親吉が家康の元
に出頭し、
「若君の悪評は全て中傷に過ぎません。例え本当の事であったとしても、それは守
役の自分に全ての責任があるのです。私の首を刎ねて織田様に差し出せばそれで良
いではないですか!」
と抗議した。
家康はそれに答えて
「信康の謀反など、私だって本気で信じてはいないさ。でも、徳川家は織田の援助
無しにはやって行けない。お前の首で信長殿が納得するなら、お前の言葉に従うの
も良いだろう。だが、信長殿が納得するには信康の首が必要なのだ。それが判って
いるのに、信康に加えてお前と言う忠臣の首を斬ってしまうのは私に取って何より
の恥なのだよ」
と、涙を流して平岩を説得した。
平岩も言葉もなく、号泣しながら退出せざるを得なかったと言う。

信康の死後、家康主従が幸若舞を見る機会があった。
源満仲が我が子を討つよう家臣に命じた際、その家臣は自らの子を殺し、主君の子
の身代わりとした、という演目であった。
幸若舞を見ながら、家康は大久保忠世に一言だけ声を掛けた。
「……忠世、お前はこの舞を良く見ておくが良い」


『徳川実記』より信康切腹を巡る諸々。
「お前も子供は可愛いか」が有名だけど、忠世も言われてたんだねぇ。




35 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 01:30:19 ID:OdMzCbUJ
>>33
忠輝「なるほど、子を嫌う親はいないということですね」
秀康「生まれた時から手元に置いて大切に養育するよね、普通」

36 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 01:39:29 ID:S1SBfOqb
>>35
ちゃちゃ入れるのもあれだがあんたら相当大事にされてるぞ。
特に秀康は家康が本当に父親かどうか相当怪しいというのに。

37 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 01:46:41 ID:o3i2IefM
ラスボス「茶々に入れただと!鋸挽きの刑に処すべきか、磔刑に処すべきか」

38 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 01:53:58 ID:R/MXzwvL
下ネタ自重w
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    大野治長「私も茶々を入れるのが好きです」
    石田三成「私も何故か茶々を入れた逸話がありましてな」
    京極高次「茶々の姉君の初物は頂きましたぞ」

  2. 人間七七四年 | URL | -

    逸話と分かって居ても、家康の最後の言葉は因縁以外の何物でもないよコレ。

  3.   | URL | mQop/nM.

    >>2
    徳川実記は信憑性はまちまちだけど、律儀にも出典元が書いてある。これは当代記と三河物語が元になった話らしい。
    出典元でも同様の記述は見られる。

    恐らく事実に基づく話なのだと思う。

  4. 人間七七四年 | URL | -

     戦略的判断でも、嫁とお気に入りの息子を殺した事実の重さは、
    誰にも計りようがなかろう、ってコトだけはガチ。

  5. 人間七七四年 | URL | FF3H9HIM

    織田家に首を差し出す云々は嘘だけどな。
    当時の信長が信康の首実検を行った形跡はない。

  6. 人間七七四年 | URL | -

    三河者の大将がめんどくさい。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    信長主導説って、徳川家臣団の一部の願望まじりの憶測が江戸時代になって文章化されただけだと思うけどね。

  8. 人間七七四年 | URL | -

    信長主導説、父子対立説、家中内紛説
    あと、酒井・お大の方VS石川・築山御前説ってのもあったな
    想像を掻き立てるけど、真相は闇の中か




  9. 人間七七四年 | URL | -

    信長主導説ってのは折衷案じゃないかな?
    神君家康公がそんなことするわけないというのは当然として、
    信長の強要にしちゃえば誰もそんなに損はしないからね。

    信長としても敵に囲まれた状況で徳川家の忠誠の証として云々とされれば、
    それほど悪評は立たず家康にとっても仕方が無かったで済まされるからね。

  10. 人間七七四年 | URL | FF3H9HIM

    徳川家と織田家は当時は一応同盟関係な。

  11. 人間七七四年 | URL | -

    そもそも、もし武田内通があるとしても、あの時点で武田と組もうと言う意味が有るのでしょうかね?理由もちょっとこじ付け臭いんですよね。

  12. 人間七七四年 | URL | -

    これって暗に忠隣を差し出せばよかったのに…ってことか?そしてこの後切腹したとかいう説あるよな>忠世

  13. 人間七七四年 | URL | -

    信康事件をずっと恨みに思っていて忠隣失脚…は流石に無いか

  14. 人間七七四年 | URL | -

    最期のラスボスで吹いたw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4958-77a55106
この記事へのトラックバック