FC2ブログ

これぞまさしくお家安泰の兆し

2010年12月16日 00:01

851 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/14(火) 23:31:30 ID:i4+jp2j9
由比正雪事件の後の事である。
生前の正雪は徳川頼宣のもとに親しく出入りしており
その最期においても捕吏に「紀伊大納言家来」を名乗るなど繋がりを感じさせた。

正雪の遺書には
「紀伊大納言の名を騙ったのは人を集める為であり、扶持を受けたりはしていない」と書かれていたものの
幕閣の疑いは晴れず、頼宣を江戸城に召喚し正雪の遺書を示して釈明を求めた。
すると頼宣はおもむろにこれをみて
「まことにお家のために慶賀にたえぬ。もしこれが外様諸大名の名を騙りたれば安心し難いが
 お家の血脈たる某の名を騙るとは、これぞまさしくお家安泰の兆しである。」と答えたという。




スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    尾張くんにはこの手の逸話がないねぇ。

  2. 人間七七四年 | URL | -

    ???「庶民に肥後に細川入れるよってもらしちゃったけど、天下泰平の兆し云々言ったらあっさり信じてくれました」

  3. 人間七七四年 | URL | -

    2011 明治政治・経済学部の古文にて出題

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4962-34b84fe8
この記事へのトラックバック