FC2ブログ

『要』『害』

2010年12月20日 00:02

869 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 00:15:19 ID:3D8ctbXA
天正15年(1587)、四国を制圧した羽柴秀吉は、生駒親正に讃岐17万6千石を授けた。
讃岐に入国した親正は、丸亀・引田といった讃岐旧来の城に飽き足らず、高松の地に新城を築くことにした。

しかし、高松での築城に決定的な自信の持てなかった親正は、黒田官兵衛に縄張りについて相談した。
「官兵衛殿、どうでしょうか?」
「・・・問題なし。むしろ、一段と良き城地にござる。」

「そうですか!いや良かった。それ、その地図にもある高松より半里ばかり西南の石清尾山、なかなか大きい山で
高松に近過ぎるので、要害のため如何かと思ったのですが・・・」

「何を言われる。石清尾山あってこそ高松は良き城地なのです。この山、高松のためには味方千騎に値しますぞ。

もし阿波・伊予等から敵が寄せて来れば、海に面した高松は、ひとたまりもありますまい。
しかし、石清尾山で敵の進軍を妨げる事によって、京・大坂から援軍が来るまで、持ちこたえる事が出来ましょう。

軍略上で大事な土地を『要害』というのは、味方には『要(かなめ)』、敵には『害』となるからなのです。」




( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー いや、ホントかどうかは知らんけど。




870 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 01:16:14 ID:uoYQJMH1
官兵衛さんといえば、有岡城幽閉で足が悪くなったというのは
山本勘助と同じで名軍師=河豚というお約束、という説を見たよ。
ベッキー道雪もそうだし、首から下はいらない人たちの系譜は
史記の孫ヒンまでさかのぼりそうだね。

いや、ホントかどうかは知らんけど。



871 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 01:19:03 ID:X+orVbJ1
半兵衛は張良以来の「その容貌、婦人の如し」な優男イメージを引っ張ってるよね。

872 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 06:39:47 ID:cU/EqjfW
半兵衛 主君が「アッー」な趣味な人でなくてよかったでござる

873 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 10:02:12 ID:Y6Kfc226
>>869
要害:地形が険しく重要な場所

官兵衛の思いつきトリビアだそれw

874 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 10:20:44 ID:67CQfCJl
この人が褒めたたえると何か裏がありそうな気がしてならないんだが。

875 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 11:51:32 ID:hWEioXdo
戦時ならともかく、平和な時はよく相談に乗ってくれたり、余計なお節介したりする
気さくなおっさんというイメージがあるんだけど

876 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 13:08:57 ID:THHK4Ctf
要害は漢文直訳的には、
「陥とす(殺す)ことが必要」
或いは
「死が必要」
だな。
害が「死」とか「殺す」とかを意味していて、要が動詞的用法だと「必要である」ということになる。
つまり、割とそのまんま、文字通りの意味だったりする。

880 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/19(日) 20:01:10 ID:yzSaXCRW
>>869
大辞泉から

ぬみ【要=害/▽要】
・攻防上で重要な地点。要衝。ぬま。

よう‐がい〔エウ‐〕【要害】
・地形がけわしく守りに有利なこと。また、その場所。「―の地」「―堅固な城」
・戦略上、重要な場所に築いたとりで。要塞(ようさい)。「天然の―」

大辞林から

ぬま 【▽要・〈要害〉】
・要害。要衝。ぬみ。

ちなみに要衝↑は
・軍事・交通・産業のうえで大切な地点。要所。「交通の―」

やっぱり官兵衛さん凄いや、どうしてこう言う事がスラスラ出てくるのかね。

889 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/20(月) 00:54:39 ID:YeFZGQtA
>>869
「要害」というのはそもそも中国語では
人体において命にかかわる重要な部位の事ですな。
そこから転じて「要害之地」は取られたら終わりの
軍事上最重要地点の事を指すようになったわけです。

昔の日本人は漢籍に出てくる「要害之地」を見て
「要害」が何の事かよくわからなかった。
(書き下してみるぞ!→害を要するってなんじゃらほい??)
でも時々一緒に出てくる「易守難攻」から察するに
攻め難く守り易い、凄い場所なんじゃなかろうかと考えた。

まぁとにかく、こんな風にして日本語における
「要害」の強くて堅いイメージができあがったわけです。
言葉とはかくも難しく、そして面白いというお話。
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    早い話、殺し間=要害でFA?

  2. 人間七七四年 | URL | LmMdU2V.

    『要害』の説は『漢書』顔師古注に出ているもので、
    「要害者、在我為要、於敵為害也」(要害は我に在りては要たり、敵に於いては害たるなり)とあります。
    かんべぇの話はそれを引用してきたわけで。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    ちょい気になったけど、半兵衛の主って信長じゃないの?
    スカウトしてきたのは秀吉だけど

  4. ゆとりある名無し | URL | -

    発想は親父ギャグなのに、題材が変わるだけでこんなに知的に聞こえるふしぎ!

  5. 人間七七四年 | URL | -

    これ、生駒が騙されてる話じゃね?

  6. 人間七七四年 | URL | jpeGMFrg

    辞書ができる以前の話を現代の辞書の意味を引用して否定って…

  7. 人間七七四年 | URL | -

    >黒官さんの要害の意味
    辞書内の意味はともかくも、言ってる事は、強ち間違いでも
    無い様な気がしますけどね?


  8. 人間七七四年 | URL | -

    なんか横山光輝の漫画の
    孔明・張良がいいそうな言い方だ

  9. 人間七七四年 | URL | LkZag.iM

    辞書や漢書はさておき、本質を理解できてるって事だな

  10. 人間七七四年 | URL | -

    伊達氏「身内で城って呼んでることは幕府に言うなよ」

  11. 人間七七四年 | URL | -

    そして恥ずかしいY6Kfc226のちょっと悪い話ってオチかw

  12. 人間七七四年 | URL | -

    >>3
    半兵衛の元々の主君は斎藤龍興。城の乗っ取り事件から少しして浅井(一時身を寄せていた)→織田→秀吉の与力じゃなかったけ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4975-88c0fc59
この記事へのトラックバック