FC2ブログ

文禄4年のスキャンダル

2010年12月23日 00:00

119 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/22(水) 00:44:16 ID:t113YYki
某事件で降板した歌舞伎役者さんが本来やるはずだった人物のスキャンダル

文禄4年(1595年)頃にあるスキャンダルが大坂中の民に知れ渡った。

ある一行が道中、秀吉側室が疲れたので茶屋にて休憩するに至ったが、無論中にはお付の侍女らしか
居らず、周りには太閤から信頼のおける者が数名警護にあたっており出入り口を通れた者は
門番の厳しいチェックを受けた者で、実際に通る事が許されたのも身分ある女性だけだったが
名古屋山三郎が女装してあっさり入って暫くのち出てきたが為に不義密通疑惑の大騒ぎになる。

この出来事に関わったと言われている者たちは誰も死罪等を言い渡されておらず
大抵の者が処分がない事から、山三郎が行き付けの茶屋で先客として既に居た所を偶然居合わせ
太閤殿下の側室だからと云って"すぐ出て行けとは横暴である"と断り、のんびりして出てきた場を
たまたま野次馬に目撃され民草たちが大げさに話を広げたと云う話であるが山三郎はこの直後、
帝の直轄地として太閤と云えども手出しのし辛い四条に隠れた事や、この時の門番を任されて
いたいう太閤秀吉から信頼の厚い馬廻衆、小沢彦八郎と云う若衆が職を奪われている。

この事件の翌年、慶長元年(1596年)から約三年もの間、舞太夫として太閤に招かれたのは
村山又八ら狂言師が伏見に招かれ太閤の前に狂言尽を為す”と"事始"などに記録されてる通り
山三郎本人ではなく、山三郎の直弟子達が代わりに太閤に贔屓されるに至っている事も
噂話に変に尾ひれがついてしまったと云われる。(村山又八は京芝居の祖と云われる人物)

更に翌年、慶長元年(1597年)には浪人の身で各地放浪をしていた小沢彦八郎が三十人程いた
森忠政側近衆の一員として仕官するに至り、後に山三郎が森家中に加わった際に
山三郎の末妹を娶る事を森忠政から許され、森家中でそれなりの地位となった事や
山三郎が出家した事がこの噂話に変な真実味を加えたのではないかと言われている。

実際には、このスキャンダルが流れた時期に太閤秀吉は山三郎の妹が森家へ輿入れする際
自身の結婚を山三郎と新婦の父に祝ってもらった事を諸将によく自慢しており亡き弟
秀長に代わり豊臣、名古屋の両家を代表して嫁ぎ先の森家へ名刀"鎌倉一文字"と
祝いの書状を送っている事から両者の仲はむしろ親密で山三郎が一時的に大阪から
遠ざかったという事実だけで噂が独り歩きしていって収拾がつかなくなっていった次第である。

この大坂スキャンダルは民草に目撃された雑説として知れ渡っていた事から江戸期に
なっても調べ上げる者が多く、この謎の側室が誰であったかを淀君と主張する
"近世奇跡考""嬉遊笑覧""塩尻"を始め、松の丸殿と主張する"泰平漫録""梅屋日記"など
側室が誰であったのか以外はどの書物からも時期、時間、場所等が一致しており
"異本大阪物語"に至っては、御丁寧にこと細やかに逢引方法が書かれている。

が、こんな下地のあるネタが淀殿バッシングの激しい徳川天下の時代で利用されないはずが無く
戦国期にはこの側室が誰か判らない事が民草の想像を駆り立て噂が広がったが、
江戸期にはこの女性を完全に淀殿と断定し、山三郎は弟子の村山又八の息子らが江戸に
歌舞伎座を起した為に現代でも歌舞伎直系の祖とされているが、恰も"歌舞伎役者"名古屋山三郎
戦国の時代に存在したかのように脚色され、歌舞伎発祥以前に淀殿が若い歌舞伎役者連れ込んで
浮気をしていたと云うあべこべ話が成立してしまい、この偶然が重なっただけかも知れない
大阪での出来事は真偽はともかく、最終的に淀殿の不義密通説の土台として定着し、
時期を変え、相手を変え、秀頼の出生まで疑われることに大いに貢献する事になった・・・。

ただの噂が原型を留めずに変わっていく悪い話




120 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/22(水) 01:07:56 ID:w0lRq0It
ab蔵もこの時代のかぶき者と比べれば可愛い方だなw

121 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/22(水) 01:14:21 ID:kxcv72cu
山三郎はハッタリじゃなくて喧嘩がマジ強いAB蔵ってイメージ

125 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/22(水) 23:39:35 ID:7IbjQlmt
歌舞伎役者と~~~ってな話しは、江島生島事件とかそんなネタがあったような気がしたけど板違いかw
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    文を区切る事の大切さに気付かせてくれる良い話

  2. 人間七七四年 | URL | -

    頭の中で推敲してから頼む

  3. 人間七七四年 | URL | -

    息継ぎって大事ね

  4. 人間七七四年 | URL | -

    人の噂も~って話が有りますが、45日所の騒ぎでは無い話になりましたね。
    しかし、ちょっと目がチカチカする位細かいな、この文章はw

  5. 人間七七四年 | URL | -

    物凄く、文意が汲み取りにくいです……
    これ以上の悪文ってなかなか見ないわ……

  6. 人間七七四年 | URL | -

    ちょいと間が欲しいw
    淀殿が歌舞伎誕生前に狂言師でもなく時代的に不可能な歌舞伎役者を…
    ってミラクルは有名だが経緯はなるほど単純な話。

  7. 人間七七四年 | URL | -

    淀殿バッシングというか、歌舞伎やら狂言やらに限らず創作物ってのは話を面白くしてナンボだからなぁ
    つか他人の、あるかないかわからん不倫だの人の種だの何だのってスキャンダルのネタをキャーキャー騒いで尾鰭背鰭胸鰭つけて楽しむのは昔からみんな大好きだったって証左だと思ったわw

  8. 人間七七四年 | URL | -

    引用元が多すぎるw


    この逸話を否定する内容もある。
    両者の関係が、すっぽり抜け落ちている事が指摘されている。

    ・山三の父、名護屋因幡守は山三と同じく旧那古屋城・三の丸産まれで
    信長と非常に近しい人物だった事から、織田信秀の時代から
    織田一門として扱われた。
    ※織田系図 「織田九右衛門=名古屋山三郎」

    ・「名護屋因幡守」は信長の主命で織田信包の補佐を任され清州~伊勢上野とその生涯を過ごした。

    ・因幡守屋敷は信包屋敷に『隣接』していた。

    ・因幡守に第二子・山三郎が生まれて間も無く、お市の方と娘3人が織田信包に保護され信包屋敷で『9年間平穏に暮らした』。

    ・山三郎が建仁寺・西来院に修行に出たのが9歳頃で
    「本能寺の変」に遭遇している事から少なくとも10歳までには京都に移った。

    ・浅井姉妹は本能寺の変後に越前国「北の庄城」に移った。

    ・山三郎の父、因幡守は織田信包・お市兄妹と従兄弟関係にあたると言われる人物。

    ・山三郎の母は織田刑部大輔の長女なので信包・お市兄妹から見れば
    姪にあたり 浅井姉妹の従姉妹関係にあたる人物。



    ここまでを前提にして-

    『浅井姉妹と因幡守家は9年近く隣家の親戚同士だった』
    「茶々姫(5~16歳)」「名古屋山三郎(0~9歳)」
    『茶々姫は浪人していた織田の親族を大阪城に招いた』

    『山三郎は元服して「九右衛門」と名を変えた』
    『浪人していた一門の代表格が織田信雄と織田「九右衛門」であった』
    『山三の実姉妹は太閤側室の助力で、婚姻が上手く纏まった』

    だけを見ると
    そんな大したことない話が……


    ・この関係を知らない庶民が目を通すと
    「上臈女房」という身分の高い女性(淀の方)と身分の低い歌舞伎役者(の祖名古屋山三)
    という「江島生島事件」を思わせる狙ったような図式が出来あがる。



    時系列を辿れば、「7,8年前まで両者は大っぴらに近い縁者で有る」にも拘らず、そのことに一切触れられていない。

    この話は、「山三が淀の方に実姉妹の嫁ぎ先について相談した」
    と言う大前提をすっ飛ばして話が進んでいる。

    (またはその話が大元になっている)と作為的に「情報が抜け落ちている」と批判する資料も存在した。

  9. 人間七七四年 | URL | -

    21世紀になって、ようやく?、淀君より淀殿が一般化してきた。
    淀君じゃ意味が違うが、彼女を貶めたいヤシが居たと言うことか。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    ・狂言師 村山又八
    太閤の狂言師として村山又八が選ばれた。又八は山三郎を師と仰いだ。

    山三は離縁した実姉の世話をする為に、この狂言には不在だった。

    ・村山左近
    左近は京芝居で高名な「村山又八の五男」で女形の祖と呼ばれた。
    山三郎が歌舞伎(特に女形)の祖と呼ばれるのは村山父子の影響が強い。

    ・金森可重室
    山三の2つ離れた実姉。伊勢や京都で弟(山三郎)と共に過ごし、金森可重の元へ嫁いだ。

    ・出雲阿国
    村山流と別の一座で村山流とは逆に男装興行で非常に有名な一座だった。(男性も所属していた。)

    出雲阿国は「山三の愛人」を興行で自称したので傾城(遊女)歌舞伎が取り締まられた時代でも
    「出雲阿国は男装の麗人、名古屋山三は女形の祖」として絵になった。

    ※「懐橘談」「事始」「可笑記」他


    -山三は京都で女(実姉)と二人で暮らしていた、2人は(実姉弟なので)とても仲が良かった。
    この頃、弟子(村山又八)がいた。-

    ここから山三の実姉と村山又八の存在を消すと

    -阿国は山三の弟子で京都で一緒に暮らしていた
    この夫婦はとても仲睦まじかった。-  という逸話が誕生する。 


    「下手に付け加えるより事実(の一部)を消すと不思議な話が成立つ」
    と言う小ネタ

    「名古屋山三」は主君「蒲生氏郷」の急死や姉妹の結婚で
    大阪城登城を命じられていた。

    -山三は茶屋の噂話で大阪に近寄れなかった この女が誰であったか誰も判らない。-

    と言う本人すら証言の仕様が無い講談(笑い話)が有った。
    転じて「淀の方」の不倫話にすり替わった。

    「大野治長」や「石田三成」など計算の合わない人物と異なり
    秀頼出生までが逆算しても不自然じゃない人物として例に出し易かった。  ※「嬉遊笑覧」 他


    ある一定の共通項を残して独自に(他の話を削って)
    綴ってあるネタに引用元がこれだけあると……大変な事になる。

  11. 人間七七四年 | URL | /.Lwufz2

    ab蔵は「わしは日本一の傾奇者じゃ~」と調子に乗ってたところを花の慶次にポーンポーンビターンされたんだよね

  12. 人間七七四年 | URL | -

    ていうか淀君って別に悪い呼び方でもなかったんじゃないか?
    ほかにも朝日君とか~君って呼び名あったらしいじゃん

  13. 人間七七四年 | URL | -

    ○○君って意味から考えれば悪い事でもないんだけど
    江戸時代の遊女花魁のトップクラスが○○君って呼ばれていたから
    淀君だと遊女のような呼称になる~って考えられてたって事じゃないっけ?

  14. 人間七七四年 | URL | -

    京都では夜鷹のことを辻君っていうのを聞いたことがある

  15. 人間七七四年 | URL | -

    なるほど興味深いコメでした。ありがとう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4981-9dbb5090
この記事へのトラックバック