FC2ブログ

週刊ブログ拍手ランキング12/16~/23

2010年12月24日 00:05

昨日はちょっとバタバタしててランキングやれなくてすいませんでしたー!
1日遅れで、12/16~/23のブログ拍手ランキングです!


阿部忠秋の茶壷 171

『 難波の霞 』 134

佐瀬源兵衛と太田三楽斎の会合 121
『要』『害』 56

黒田官兵衛さんは 39
「ソギ」由来 37
戦国時代の二つの南部 36

加藤清正、明の勅使に 33
鈴木正三の話2 33
三好長慶の作法 30

南部さんの憂鬱な8月 28
「王というものは」 22
これぞまさしくお家安泰の兆し 20

金子美濃守、戦続きで乱れた世の中を憂い、 19
荘内神社と徳川信康 18
『今川仮名目録』第二十条より 17

ゑんたん城攻め、森本儀太夫・貴田孫兵衛の一番乗り争い 16
今日は細川政元の誕生日 16
若き日の前田利家 14
合計 1141


1位は阿部忠秋の茶壷
文字通り良いお話!江戸幕府初期の閣僚の中で、後世の歴史家からも高く評価される阿部忠秋らしいお話です。
武士の美徳というものに、物に恬淡とする、というものがありますが、そうは言っても人間、
なかなか物への執着は抜けられませんw
だからこそ忠秋さんのような態度に、今の私たちもはっとさせられるのでしょうね。

2位は『 難波の霞 』
武勇だけでなく学識も深かった新納忠元さんが、文化的に大活躍というお話。
島津家において新納忠元さんのポジションというのは非常に特別ですね。これは後世においてもそうで、
島津家中における君主の理想像が島津義弘なら、家臣の理想像は新納忠元さんとされていた節があります。
そんな新納さんの面目躍如というべき逸話ですね。

今週管理人が気になった逸話は佐瀬源兵衛と太田三楽斎の会合です!
非常に爽やかです。爽快なワンシーンです。宮城谷小説の主人公のようですw
また相手が謀略と恩讐の塊のような、太田三楽斎三というのも良いですね。
北関東から東北にかけての戦国史は非常にえぐいものがありますが、そんな黒々とした世界を
吹き抜ける爽やかな風のようなお話です。

今週もたくさんの拍手を、各逸話にいただきました。いつも本当にありがとうございます。
また気に入った逸話を見つけられましたらどうぞ、そこの拍手ボタンを押してやってください。
( ´ω` )


さて、今回紹介するのは雑誌です!

歴史REAL vol.1 (洋泉社MOOK)歴史REAL vol.1 (洋泉社MOOK)
(2010/12/03)
不明

商品詳細を見る


洋泉社MOOK、歴史REAL vol.1
最近歴史系の新書に力を入れられている洋泉社から出された、歴史雑誌です。

勧めておいてちょっと否定的な面から語りますが、正直なところこの雑誌の目玉企画の一つである
「歴史の通説を斬る」という企画は我田引水感が強すぎて個人的には馴染めませんでした。
というか、この雑誌に置いて「通説」とぶった切っているもののほぼ全部が「これって通説かぁ?」と
首をひねるものばかりでw
先にあからさまに穴のある前提を提示してそれを否定するというやり方は、解りやすいのでしょうが
正直フェアじゃ無いな、と。

ただ付録に付いたDVDで、映像としても記録された火縄銃の検証は非常に素晴らしく、史料的価値も
大変高いと思います。ボクはこれと、後半にあった「東京戦国史散歩」のコーナーで充分元が取れましたw

全体的には初級~中級者向けの雑誌だと思いますが、買って損はないと思います!
ご興味のある人は、是非!



それでは皆様、良いクリスマス、そして良いお年をー!
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4986-cea37f53
    この記事へのトラックバック