FC2ブログ

渡辺半蔵、三方原の撤退にて

2010年12月26日 00:00

153 名前:人間七七四年[] 投稿日:2010/12/25(土) 21:36:32 ID:QQvyZKFa
三方ヶ原の戦いの時である。

徳川方の勇士渡辺半蔵守綱が追撃してくる武田勢を追いのけ追いのけ退却してくると、
途中に自分の朋輩が重傷を負って倒れていて、一緒につれていってくれとたのむ。

助けて無事にかえってきた。

家康は、
「自分ひとりの退却さえやっとのことだったろうに、よくぞ助けてかえった」
とほめた。
だが渡辺は、
「いや、そうおほめにあずかっては恥かしい。
実を申しますと、厄介なことと思いましたが、自分がここで助けないで行っても後からくる味方の者が助けるかも知れない。
そしたら自分が助けなかったことが知れて自分の名折れになると思いましたので、やむなく引きうけたわけです。
途中でも何べん刺し殺そうと考えたかわかりません。それをおさえおさえやっとかえってきたのです」
と答えた。

家康はその正直をほめたという。




154 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 21:42:16 ID:OlzKxN+h
ここらあたりが悪い話なのかなあ
>>途中でも何べん刺し殺そうと考えたかわかりません。

155 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 21:43:14 ID:d24pOLv8
正直者のええ話やないかあ~?

156 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2010/12/25(土) 21:54:13 ID:K+GVPaad
こういう馬鹿正直な家臣の方が断然信用できるな
いい話だと思うがね



槍半蔵、同僚を助ける
http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1288.html
スポンサーサイト





コメント

  1. 人間七七四年 | URL | -

    正直といえば正直だが面倒くさいといえば面倒くさい

  2. 人間七七四年 | URL | -

    以前、ここでも紹介されてた話の詳細だな。
    軽く語られてた程度だったから、詳細が書かれてて嬉しい。

  3. 人間七七四年 | URL | -

    褒めてんのにもう

  4. 名無しさん@ニュース2ちゃん | URL | 0Q3WCu86

    やったら八割方死ぬが、やらなかったら首切られる。
    こういう二択がゴロゴロしてるから戦国時代は面白い。

  5. 人間七七四年 | URL | -

    助けた相手もめんどくさいんだぜ…

  6. 人間七七四年 | URL | -

    めんど臭さも積み上げて、発酵させれば意外にイけるようになるのかも知れない。
    …ノルウェーの世界最凶の缶詰みたいに。

  7. 人間七七四年 | URL | IY7bLZJE

    戦国の世でも建前は気にしないといかんかったか
    表立ってないだけで、槍半蔵の思ったこと「実行」したケースも多々あるんだろうけど

  8. 人間七七四年 | URL | -

    さすがめんどくさい三河者ww

  9. 人間七七四年 | URL | -

    三河武士って戦国時代の中でもかなり古風な部類だね。
    平家物語に出てきそうなエピソードが多いと思う。

  10. 人間七七四年 | URL | -

    唯一違うとしたら、殿が横死したところで正室が家臣団に発破かけなかったことかな。

  11. 人間七七四年 | URL | mQop/nM.

     まとめ管理人様、よろしければ権現様カテゴリになってるこの逸話とも関連リンクをお願いいたしたく。
    ttp://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-entry-1288.html

     同じエピソードの紹介かもしれませんが、書いた人の文章それぞれ味があると思います(笑)

  12. まとめ管理人 | URL | wZ.hFnaU

    ※11
    相互リンクしておきました!
    遅くなりまして申し訳ありませんー

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://iiwarui.blog90.fc2.com/tb.php/4991-1701c72a
この記事へのトラックバック